TOP > 留学情報・留学体験談 > JSAF派遣生留学体験談 > 年度別留学体験談 >  カリフォルニア州立大学サンバナディーノ ’14春派遣生No.1

’14春派遣学生 カリフォルニア州立大学サンバナディーノNo.1

最終留学レポート 

 

○ 留学生活を振り返って

  • 留学の目的は何でしたか。
    英語の上達・コミュニケーションスキルの上達・自分の世界観を広げること
  • 上記の目的は達成されましたか。
    英語に関しては、完璧ではないものの、英語で会話することを楽しむことができるようになりました。自分のおしゃべりな性格を活かして、多くの人とコミュニケーションをとり、言語の壁を越えて、アメリカにおいても自分らしさ全開で日々を過ごす事ができました。従って沢山の友達を作る事ができました。様々な背景をもつ人々、多様な人種の人々との関わりを通して相互に理解し合うコミュニケーションの取り方を習得することができました。
     

○ 今学期履修した科目について

【科目1】 MKTG305 Marketing Principle

  • 授業形式:レクチャー 
  • 評価のつけ方:クイズ2回(100点)・ファイナルレポート(グループワーク/200点)・中間テスト(300点)・期末テスト(400点)
  • 授業を通して学んだこと(授業内容):
    会社として事業を展開していく上で必要となる様々な意思決定の仕方や、その意思決定に影響を与える様々な要因について学びました。一つの商品を発売するためには、商品やサービスのコンセプト作りから始まり、様々な機能を利用した高度で膨大な市場調査やポジショニング、価格設定など様々なステップが必要であるということを学びました。一つの商品やサービスを提供するために、沢山の企業や人々、様々な機能が複雑に絡み合っているという現状を知る事で、実際に社会全体を動かしている一つ一つの会社という組織の存在を自分なりに理解することができました。就職活動を目の前にして企業の働きというものにとても関心を持っていたこともあり、とても学びの多い授業となりました。
  • 全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:
    韓国人の教授であったこともあり、英語がとても聞き取りやすく、比較的理解し易かったです。最初は三年生以上のみが履修を許されている授業である為、皆がビジネスメジャーであり、熱意も感じられ、授業についていけるかと少し不安でした。しかし毎回ちゃんと授業に出席することで必要なポイントをおさえることができました。グループワークのチームメンバーを最初の授業で決めた事もあり、授業についての質問や、クイズの勉強を一緒に行うなど助け合うことができ、楽しかったです。学期間を通して築き上げた関係のおかげで最後のファイナルレポートは皆で話し合いを行いつつ、役割分担をして効率良く書き上げることができました。
     

【科目2】 MGMT100 Introduction to Management

  • 授業形式: レクチャー
  • 評価のつけ方: 中間テスト30点・期末テスト30点・レポート5回25点・グループワーク15点(発言数)
  • 授業を通して学んだこと(授業内容):
    組織や企業のあり方や、構成について学びました。様々な立場が存在し、立場ごとに行う仕事があるという基本的なことから、人事に関する法律を考慮した雇用のあり方、守らなければいけない法律、必要書類についてなど企業内で行われている仕事や作業の細部まで詳しく理解することができました。就職活動を前にして、自分が何をしたいのか、一体会社に入って人々はどんな仕事をしているのか知りたかったため、とてもこの授業に満足することができました。それぞれの企業、行っている仕事量は膨大であり、それぞれの部署間の連結の大切さ、社員1人が行う仕事の責任の重さを知る事ができました。
  • 全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:
    様々な観点からのSWOT分析では、opportunityとthreadを探す事が難しかったですが、企業研究や先生への質問を行うことで、段々と理解することができました。PowerPointを使った授業だったため、授業内容を理解することは大変ではありませんでした。しかし育った環境が違うこともあり、企業例を使った説明などは、有名な企業であっても知らないことが多かったため、理解するのに苦労しました。最初の授業で自己紹介を行い、グループを作り、毎回そのグループごとに着席して授業を受けたことで、助け合うことができ、仲を深める事もできました。
     

【科目3】 SPAN103-01 Spanish 

  • 授業形式: レクチャー
  • 評価のつけ方: 言語ラボに行く事10点・オンラインの宿題400点・宿題400点・小テスト4回400点・中間テスト・期末テスト
  • 授業を通して学んだこと(授業内容):現在完了・線過去・点過去・接続法・単語
  • 全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:
    カリフォルニアということもあり、履修者の多くがメキシカンであり、スペイン語話者であったため、みんながサポートしてくれたため、毎回の授業を楽しむ事ができました。勉強をすることで書きや読みは比較的できたものの、リスニング課題がとても難しかったです。毎度のリスニング課題は一個の問題につき5回以上再生し、理解しようと挑む事ができました。友達の多くもメキシカンであることもあり、授業で学んだことを日常会話にとりいれることができました。従って話題作りに繋がる事もでき、とても充実した授業であったと思います。

 

○ 履修した授業の課題の中で、特にがんばったもの、自信作について 

<エッセイ・ペーパー>

  • 科目名:MKTG305
  • 題材:Smart Watch
  • 内容:Apple社
  • 大変だったこと、やり遂げての感想:
    グループワークでのファイナルペーパーであったため、責任は重要だったものの、役割分担を行う事で、比較的楽しく取り組むことができました。お互いに調べた情報を共有することで助け合いつつ、合計30枚のレポートを仕上げることができました。マネージメントの授業においてSWOT分析を何度も行っていたため、他社との比較や弱点や長所を上手く見つける事ができました。他の授業で学びを活かしつつ、学びを深めることができたことはとても嬉しく思います。

 

○ 学部授業を総括して、日本の授業と違う点、留学先国の授業の特色、自分が感じたことなどを自由にお書き下さい。 

・先生と生徒の距離/教授の生徒に対するサポート

・生徒の成績に関する関心

・生徒の積極的な発言力
・具体例を使用した説明の量

 

○ 英語力について

  • 留学開始当初と比べ英語力はどのくらいついたと感じますか? 

日常会話を話せるようになった以上に、英語での日常会話を楽しむことができるようになりました。
同じような生活リズムを持っていて、かつ寮に住んでいる友達をつくることで、友達との時間を自分の生活リズムに組み入れることができたことが一番の要因だと思います。

 

  • 語学力上達のために、工夫したこと、努力したことを教えて下さい。

・分からないときに、素直に分からない事を伝えること。

・新しく出会った単語や伝えたかったけど分からなかった単語のすぐに調べること
・ネイティブの友達をふやすこと
・自分らしさを隠さないこと

 

○ 学生生活についてお書きください。

  • 1週間のおおまかなスケジュールを教えて下さい。

平日:午前8時起床。授業後に一度帰宅をしお昼ご飯作り。その後やることを済ませて、夜22時まで図書館。図書館から帰宅後、寮に住む友達とお部屋に集まり映画鑑賞。
 土日:一日は友達と遊びに出かけ、どちらか一日は課題を行う。
 

  • 友達、クラスメイトとの交友関係、付き合い方を教えて下さい。

留学当初は、気の合わなさそうな子であっても、とにかく友達をつくろうと必死であったのに対し、途中からは自分が一緒にいて楽しい子をみつけようと気持ちを切り替えることで、無駄なプレッシャーが抜け、友達といる時間を本当に楽しむ事ができました。
 

  • 留学生活の中で、最も良い思い出、大変だった思い出

最も良い思い出は、親友を見つけられたことです。
 

  • 一番の息抜きの方法は何ですか

友達と映画をみること
 

  • 日本から持っていったパソコンの使用頻度や必要性について教えて下さい。

毎日3時間は使用していました。授業の課題・調べごと・家族との連絡・映画鑑賞
 

  • 日本の家族、友達とはどのくらいの頻度で、どのように連絡をとっていましたか。

家族:一週間に一度
友達:連絡が来たら返信をする
 

  • 大学のサポートセンター(ライティングセンター、チューターなど)は利用しましたか。 利用した場合、勉強を進める上で役に立ちましたか。

ペーパーの課題がでた場合は、友達に添削してもらう、もしくはライティングセンターにいってから提出するように心がけていました。一対一で、しっかりと30分間かけて自分が伝えたいことをより正確に伝えられるよう配慮してくれるため、とても役に立ちました。

 

  • JSAF留学プログラム費以外でかかった費用の目安をそれぞれ教えてください。(後輩のための参考情報になります)

①旅行に関する費用

・国際航空券代(往復):マイルを使用しました。

・現地での旅行費用:15万円

②個人的な諸費用(こづかい、買物代など)合計:月2万円

③携帯電話料金:4万円

④ミールプラン以外の食事代:月5万円

⑤教材費 (学部:1万5千円)

⑥ヘルスセンター使用料:300円
⑦その他かかったもの(具体的に):掃除道具具/寝具/文房具 1万円
 

○ 留学全体を総括してお書き下さい

  • 留学を通して身に付いた、成長したと感じる点はどんなところですか。

・英語力
・コミュニケーション能力
・様々な情報や経験値
・異文化理解力
 

  • 留学先の国、大学について、出発前と考え方やイメージが変わった点はありますか。

カリフォルニアと聞いて暖かいところだと想像していましたが、意外と3月や夜は寒いということに驚きました。
また友達は作るものではなくてできるものだと実感しました。

 

○ これからの目標、進路についてはどのように考えていますか。 

日本の大学を卒業後、就職もしくは海外の大学院に進学。

 

 
○ 同じ大学へ留学する後輩へのメッセージ、知っておいたほうが良いことを教えて下さい。

三月は意外と寒いです。また学期前に様々なイベントがあるのでStudent Unionという建物でイベントスケジュールをチェックするようにしてください!友達作りに必死になりすぎないことが、留学生活のこつだと思うので自由に自分らしく楽しんでください!良い留学生活を送ってください!
 

○ その他留学に関する感想をお書きください。

本当に留学をしてよかったです。サンバナディーノを選んで大正解でした。ありがとうございます。

 

 

 

 

第1回留学レポート

 

○ 到着後から現在までのことについて教えてください。 

  • 渡航前に日本で準備しておけば良かった点 

英会話をもう少し覚えるべきだった/趣味をもっておくべきだった
 

  • 日本から持ってくれば良かった物 

浴衣・箸・温かい服・何気ない掃除道具・服

 

  • 到着後すぐに購入が必要だったものは何ですか 

寝具・調味料・キッチン用品

 

  • 生活費(月のお小遣い)はどのくらいですか。 

10万

 

 
○ 大学について

  • 大学キャンパスの設備、雰囲気

校内が広い

メキシカンが多い

図書館が22時にしまる

校内のフードコートも比較的閉店時間が早い
ジムが新しい
 

  • 学生同士の交流・友人関係について教えてください

現地の学生:授業内で話す事が多い。

他の国からの留学生:寮で知り合いになり、仲良くなる。
日本人:親近感がわく。時にはお互い共に助け合っている。

 

  • 大学のある街について

どんなところですか:田舎。遠出には車が必要

ダウンタウンまでのアクセス:バスで30分

お薦めスポット:cheese factory
その他:metro linkに乗るとLAまでいくことができる。

 

  • キャンパス内外の治安はいかがですか

キャンパス内:安全です。
キャンパス外:日が暮れた後は悪いです。

 

○ 英語力について

  • 英語力は伸びていると感じますか?(その理由)

リスニング力、スピーキング力は少し上達しているように思います。 授業に出席し、内容を理解し、先生や友達と会話をすることで力がついてきたと思います。

 

  • 英語力を向上させる上で苦労した点、またご自身で工夫された点はどのようなところですか?(スキルごとにご記入ください)

<リスニング>

苦労した点

最初は何を言っているか全く理解できませんでした。何度も聞き返し、わからない事をわからないと伝えることに申し訳なさを感じつつも、わからないため、質問を繰り返していました。

 

工夫した点
相手がいっていることを自分の頭の中でディクテーションするようにすることで成長したように思います。

 

<スピーキング>

苦労した点

発音が悪いため、言いたい事が相手に伝わらなかった。

 

工夫した点
ネイティブの友達ができるたびに、発音を教えてもらうよう工夫した。

 

<リーディング>

苦労した点

読む量が膨大であったため、授業課題をこなすことが大変だった。

 

工夫した点
一つ一つのわからない単語に固執しないよう気をつけた。ざっくり読む癖をつけた。

 

<ライティング>

苦労した点

文法に気をつけて書いているつもりでも、やはり時制を間違えた。言い回しに関して、アイデアが浮かばなかったため、自分のパターンができてしまった。

 

工夫した点
ネイティブの友達に毎回必ず添削してもらうよう心がけた。

 

○ 春期履修したすべての科目について
 

【科目1】COM 120-04 Oral Communication

  • 授業形式: seminar
  • 評価のつけ方: 中間試験 10%・期末試験 15%・スピーチ5回 65%・出席 10%
  • 授業を通して学んだこと(授業内容): 人の注意をひくスピーチ/プレゼンテーションの仕方 、状況に応じたスピーチ/プレゼンテーションの仕方、人を説得させる、魅了させるスピーチ/プレゼンテーションの仕方
  • 全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など: 
    初めは皆の前でスピーチをすることに慣れず、緊張し、原稿を暗記するのにとても時間がかかりましたが、5回のスピーチを通して、人前で英語を話す事や原稿にとらわれる事無くリズム良く英語を話すことができるようになりました。またクラスメイトが興味をもてるようなトピックを選ぶと、そのあとに沢山質問をしてくれ、クラスメイトとの会話を生み出すきっかけ作りができ、授業に行く事自体を楽しむ事ができました。私のスピーチトピックを日本に関連させることで日本自体に興味を持ってもらいたい思い、スピーチの中でカリフォルニアロールを作ったり、成人式の写真をみせたり、浴衣を披露しました。皆が興味を持ってくれた時、美味しいと喜んでくれた時はとても嬉しかったです。
     

【科目2】GSS103 Introduction to gay, lesbian, bisexual and transgender studies

  • 授業形式: seminar
  • 評価のつけ方: クイズ3回 15%・レポート3回 45%・グループプレゼンテーション 15%・最終レポート20%・最終レポート原稿 5%
  • 授業を通して学んだこと(授業内容): 
    性についての価値観・考え方の歴史、性の自由を唱え始めた人々の活動、ホモセクシュアルの人々が体験する葛藤/苦境/差別、ホモセクシュアル/ヘテロセクシャルの人々の使命 、メディアの役割/力
  • 全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など: 
    一回の授業範囲が多く、予習をして望むには膨大の量だったため、初めは予習が間に合わず授業についていくことが大変でしたが、先生がとても親切な方だったため、毎回のPowerPointを授業前にアップロードして頂けるように頼むことで予習も復習もとても行いやすくなりました。授業内で課されるリーディングは量が多いだけでなく、単語が専門的すぎるために読み終えるのに相当な時間がかかり、大変でした。しかしわからないところは日本の現状を連想し、比較することで補足できたように思います。グループプレゼンテーションでは、授業外で集まり、アイデアを出し合いました。英語を使いつつの共同作業を通して、仲も深まり、授業に対する意欲も向上できたため、とても楽しかったです。また授業中に先生の質問に対してほとんどの生徒が積極的に答え、議論し合っていました。その姿にはアメリカらしさを感じ、見習いたいと強く思いました。

 

【科目3】HSCL271 Introduction to Public Health

  • 授業形式: seminar
  • 評価のつけ方:  中間テスト 60p・期末テスト 90p・プレセンテーション 100p・レポート2回 40p
  • 授業を通して学んだこと(授業内容): 
    Public Health について考えることの重要性、人を取り囲む環境と人間との関係性、健康意識向上の重要性、健康に生きるとは何か、注意力は死亡率を下げる、現在の死因のほとんどが予防可能であること、最近のPublic Healthに関する問題
  • 全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:  
    先生がとても魅力的な方だったこともあり、クラスの雰囲気がとても良く、単に学ぶだけではなく、みんなで意見交換をし、全員で授業を作り上げた感じがしました。毎回のアイスブレイクを通してクラスメイトと関わる事ができたため、授業内で孤独を感じることもなく楽しかったです。最初の授業の日に、最終発表に向けてのグループを作ったため、そのグループの子との仲がとても良い状態で最終発表にむけて頑張ることができました。最終発表はなかなか緊張しましたが、グループの子がついていたこともあり、失敗なく終えることができました。

 

【科目4】SPAN102-01 College Spanish Ⅱ

  • 授業形式: seminar
  • 評価のつけ方:  Homework 5%/ Online Exercise 10%/ Chapter Exam 50%/ Midterm Exam 15%/ Final Exam 15% / Laboratory Hours 5%
  • 授業を通して学んだこと(授業内容):点過去、現在完了、助動詞、リスニング、スピーキング、 
  • 全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など
    最初は英語の勉強に集中すべきなのではないかと思い、悩みましたが、スペイン語を英語で勉強することは非常に充実したものであると感じました。独学や日本でスペイン語を勉強していたときには全然理解できなかったものも、日本語→英語→スペイン語といった順で理解することでとても理解が深まり、勉強を楽しむ事ができました。少人数だったこともあり、クラスメイトとは本当に仲良くなることができました。日本にとても興味を抱いてくれて、授業内では日本について私に話をさせてくれる機会を非常に沢山与えて頂けたことはとても貴重な体験だったと思います。オンラインでの宿題はリスニングやライティングが沢山あったため、徐々に自分のリスニング力があがっている事が実感できました。またカリフォルニアだからこそ、スーパーや公共共通機関でもスペイン語を耳にすることが多く、日常生活の中でスペイン語のリスニングを行うことができました。また友達も大抵がメキシカンだったため、自分から積極的に学んだことを活かして会話をすることで、友達との会話作りにもなりました。

 

【科目5】HSCL273-01  Software Application in HSCL 

  • 授業形式: seminar
  • 評価のつけ方: 課題10回 合計280点/ 出席 100点
  • 授業を通して学んだこと(授業内容):
    パソコンに関する多くのスキルを身につけました。プログラミングなどとは違いますが、現代の技術を如何に駆使してプレゼンを行うかを最終目標として頑張りました。基本的なMicrosoft Office Programの使い方から初め、wordleやGIS、Pod cast、SPSSやPreziが使えるようになりました。後半の授業では色々なサイトや色々なアプリケーションを利用することで得た様々な観点からの情報を、メールやプレゼンテーション、インターネットサイト作成を通して、情報を上手く組み合わせ、第三者に伝えるということを学習しました。今まで、既に使いこなせていると思っていたPowerPointやexcelなどにも知らなかった技術が沢山あり、とても勉強になりました。
  • 全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:  
    前学期に同じ授業をとっていた子とたまたま隣りの席になったこともあり、お互いに助け合いながら毎授業課題をこなせたので、特別に辛かったことはありませんでした。強いて言うとするならば、今まで日本語版のWordやExcelを使用していたため、最初は学校のパソコンの操作になれず大変でしたが、自分のパソコンを持ち込み、わからないことがある度に、日本語版と見比べながら行うことで解決しました。
    私は夏休みが始まってから実際に現地の企業でインターンに挑戦しています。そこで実際にパソコンのスキルテストを受けましたが、この授業のおかげで合格することができたと思っています。とてもためになる授業に出会えてよかったです。

 

【科目6】PSYC105  Critical thinking

  • 授業形式: seminar
  • 評価のつけ方:  試験3回 15%×3回/ 期末試験 25%/ 出席や授業への貢献度(グループワーク)30%
  • 授業を通して学んだこと(授業内容): 議論の要素/各要素の意味、議論の手法/種類、誤った議論、因果関係と相関関係、人々の推測の仕方/ 手法、意思決定の仕方/状況に応じた意思決定、可能性と統計の関係、統計の落とし穴、意思決定の際、人々がはまりやすい落とし穴
  • 全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:
    心理学を英語で勉強することは比較的難しいと感じました。人々の意思の小さな違いや、同じ考えに至る際の思考経路の違いなどというのは日本語で学んだとしても少し複雑であるため、それを英語で理解するというのはなかなか難しかったです。しかし授業自体はグループワークが多いため、クラスメイトと話す機会もあり、充実していたように思います。少しでも仲が深まる事で、わからない事を先生だけでなく友達にも聞く事ができました。授業が進んで行くにつれて段々と自分の意見が言えるようになったのではないかと実感しています。

 

○ 寮生活/ルームメイトについてお書きください。

  • ホストファミリー/ルームメイトとの関係(どのくらい接点がありますか)

<ルームメイト>
特別仲良しになるということはありませんでしたが、キッチンなどの共有場所で偶然会った場合は挨拶をし、ちょっとした会話を楽しみました。掃除に関してや、部屋の使い方について、初めは我慢をしてしまい、なかなか意見を言う事ができませんでした。そのため最終的に小さな喧嘩に繋がってしまったという経験から、思ったことはしっかりとその場で言うことが大切だと実感しました。

 

  • 食事(カフェテリア、自炊の方法やバランスなど)

基本的には朝昼晩と自炊をしました。友達に頼んで日本食スーパーに連れて行ってもらうことが良くあったため、自分の慣れた味付けで食べたいものを食べて生活できたのでストレスはありませんでした。友達に外食を誘われたときや、どこかに行く用事がある祭は外食をして楽しみました。
 

○ 課外活動についてお書きください。

  • 大学内の活動に参加していますか。

日本語クラスのチューターをやらせて頂き、日本語クラスの生徒たちと仲を深めつつ、日本語クラスのサポートもできたため、とても良い経験でした。Japan Dayというイベントを率先して計画し、大成功に納めることができました。 
 

  • スポーツはしていますか?具体的に教えてください。

ほぼ毎日ジムに通っていました。都合が合う時は、ジムで行われているダンスクラスに参加しました。 
 

  • 休み中の過ごし方について教えてください。

土日は家に籠りすぎないよう、土日のどちらかは友達と出かけるように心がけました。家に籠る日はしっかりと課題をこなし、土日が両方とも遊びで埋まってしまっている場合は、平日のうちに課題をおわらせられるように心がけました。
 

○ 来学期履修予定の授業科目について教えてください。(コース番号・タイトル含む)

HSCL 301 Foundation Public Health Education

SPAN 103 College Spanish Ⅲ
MKTG 305 Marketing Principle

 

 ○来学期に向けての目標や、準備しておきたいことを詳しくお書きください。

夏休みに時間があるため、英語自体の勉強にもっと積極的に取り組みたいと思います。また来期もスペイン語を継続するため、スペイン語の復習予習にじっくり時間をかけたいと思いました。そして最後に、来期は私にとって最後の学期となるので、初心を取り戻して、心から満足のいく留学生活にできるよう、自分自身を見直したいと思います。

 

 

▸カリフォルニア州立大学サンバナディーノ詳細はこちら

年度別留学体験談に戻る

トップページに戻る

お問合せ