TOP > 留学情報・留学体験談 > JSAF派遣生留学体験談 > 年度別留学体験談 > ’14春派遣学生 コロラド大学ボルダーNo.1

’14春派遣学生 コロラド大学ボルダー

 

第1回留学レポート 

○ 到着後から現在までのことについて教えてください。 

  • 渡航前に日本で準備しておけば良かった点 

TOEFLのスコアを満たさずにこちらへ来たことは後悔しています。心配事はできる限りつくらずに来るべきだったと感じています。
 

  • 日本から持ってくれば良かった物 

特になし。到着後すぐに買い揃えられるので、移動時の負担を考えると物は少なくてよかったと思います。

 

  • 到着後すぐに購入が必要だったものは何ですか 

寝具、日用品。

 

○ 大学について

  • 大学キャンパスの設備、雰囲気

大学は広大で自然いっぱいの落ち着いたキャンパスです。リスや野うさぎを見かけない日はありません。大学自体はヨーロッパ風のおしゃれなキャンパスで、学校は広いですがBuffBusというバスが数分おきに学内を走っているので困ることはありません。また、自転車も学生証を見せることで無料で借りられるのでちょっとした移動に使っています。Wi-Fiも通っているのでどこででもパソコンで課題ができます。カフェテリアやレクリエーションセンターも想像以上に充実していて驚きました。 

 

  • 学生同士の交流・友人関係について教えてください

現地の学生:語学学校に通っているのでコーヒーアワーなどのイベントの場以外で現地の学生と交流する機会はなかなかありません。日本語専攻の現地の学生を紹介していただいたので会話パートナーとして日本語と英語やそれぞれの文化を教えあったりしています。また、到着後語学学校の先生の家に10日間ほど泊めていただいていた時に仲良くなった子供さんとご飯を食べたり彼らの所属している劇団のミュージカルを見に行ったりしています。

他の国からの留学生:IECはブラジリアンが多いので友達はブラジル人が多いです。彼らはパーティーをよく開いてくれるので交流の機会は多いです。そのような場では緊張することもなくいつも以上に饒舌になるので会話の練習になります。また、やはりアジア人どうしは共通の話題が多く、食べ物の趣味もあうのでご飯を食べに行ったり作りあったりするので仲良くなりやすいです。
日本人:困ったときに一番頼りになるのは日本人だと思います。わたしよりも先に来ていた日本人が到着後すぐ学校のことやボルダ―での生活について教えてくれました。私が住んでいる寮の中に日本人会があるので月に一回のペースで日本の文化を伝えるためのイベントを開催したりしています。

 

  • 大学のある街について

どんなところですか:ロッキー山脈のふもとにある大学の街です。オーガニックスーパーが多く、アウトドアが盛んなため健康的な街だと思います。州都のデンバーまでも車で40分ほどで行けます。

ダウンタウンまでのアクセス:学校からは歩いて10分、寮からだとバスで10分ほどのところにあります。

お薦めスポット:パールストリート、ボルダ―川沿いの遊歩道、ボルダ―レザボアーパーク
その他:
 

  • キャンパス内外の治安はいかがですか

キャンパス内:危険を感じたことはありません。
キャンパス外:他の都市や州と比べるととても安全な街だと思います。

 

○ 語学研修について

  • 初日のオリエンテーションは分かりやすかったですか?

はい。クイズやゲーム形式でオリエンテーションが行われたため楽しみながら説明を聞くことができました。
 

  • クラスについて教えてください(各セッションごとにお教えください)

<1セッション目>

 予想外におとなしいクラスでした。控えめなクラスメイトが多かったためこちらに来る前に想像していたような活発な授業に圧倒されるということがなかったです。ただ、気になることがあればその場ですぐに質問するということを学びました。日本の学校では先生が説明している間に口をはさむと質問は後でと言われることが多いのですが、こちらの先生方はすぐに答えてもらえるので質問もしやすく感じました。また。まじめに学ぶよりも楽しみながら学ぶという姿勢が強いので話も興味深く、退屈することはあまりありません。

 

<2セッション目>

 クラスのレベルが上がったことでクラスメイトも変わったので雰囲気が前回のセッションとかなり違いました。積極的に発言する生徒が多く、それぞれのトピックに対する背景知識を深く知っている人が多かったのでディスカッションなどになかなか参加できないこともありました。ただ、精神的に成長でき、スピーキングのレベルも上げることができたと思います。 
 

  • 人数/国籍の割合:

<1セッション目>

ブラジリアン4人アラブ系4人日本人3人(自分含む)

 

<2セッション目>
ブラジリアン7人アラブ系2人アンゴラ1人日本人1人

 

  • 1日の勉強時間と勉強場所(宿題など)

4-5時間
自分の部屋で勉強した方が集中できるのでクラスメイトと準備をする必要があるときのみ図書館やスタディールームを利用していました。

 

  • 勉強するのに役立つ教材や方法など

リスニングとスピーキングが弱いと感じていたので映画サイトに登録し暇があれば見ていました。日常会話で使える単語やネイティブの言い回しを学べるのでそこで聞こえた単語を使ってみるようにしていました。また、ルームメイトがおしゃべり大好きなこなので勉強するとき以外はひたすら話していました。

 

○ 英語力についてお書きください。

  • 英語力は伸びていると感じますか?(その理由)

留学前に立てていた目標にはほど遠いですが伸びているとは思います。来たばかりのころはほぼ話の内容を理解することができず聞こえてきた単語から文章を推測していたのですが、今はほぼ言っていることは分かるようになりました。ただ早口でしゃべられると全く理解できないこともあるのでまだまだ耳を鍛える必要があると思います。また、単語で話をすることが多かったので会話を広げることができなかったのですが今は文法は間違っていても文章で話せるようになったことで会話を楽しめるようになりました。ただ、まだすらすらとは出てこないので練習が必要だと思います。
 

  • 英語力向上させる上で苦労した点はどのような点ですか?また、ご自身で工夫された点はどのようなところですか?(各スキルごとにご記入ください)

<リスニング>

苦労した点

前述した通りゆっくり話してもらわないと会話がほぼできなかったこと。また留学生はそれぞれの国のアクセントのある英語を話すので全く何を言っているかわからず授業中にかなり苦労した。

 

工夫した点
映画を見てネイティブスピードの会話に耳を慣らしました。かなり早口なものを聞きなれていると日常会話で余裕をもって聞けるようになりました。また語彙力がないことも聞き取れないことの理由の一つだと思ったので日本から持ってきていた単語帳を寝る前に暗記するようにしていました。留学生のアクセントは聞きなれるしか解決法がないように思ったので聞き取れなかったことは聞き返してたくさん話すように心がけました。

 

<スピーキング>

苦労した点

話す前に頭の中で言いたいことを整理することに時間がかかってしまうこと。

 

工夫した点
文法など気にせずとにかく口に出すように心がけました。この方法が最善かどうかはわかりませんが言いたいことは伝わります。もう少し言葉がすらすら出てくるようになったら細かいところを直していきたいと思っています。また些細なことでも会話のネタにならないかなと普段から考えるようにしています。

 

<リーディング>

苦労した点

読むスピード、語彙力。これはリーディングに含まれるかわかりませんが、アルファベットを母国語で使う人は特徴的な筆記体を書く人が多いので読むことに苦労しました。

 

工夫した点
宿題で何か読む必要があるときはできるだけ早く読むようにしました。その後、理解できていないところをじっくり読むようにしました。辞書でしらべた単語を付箋に書いてふと顔を上げたときに目に入る位置に貼っていました。

 

<ライティング>

苦労した点

語彙力

 

工夫した点
前述した通りです。日本で文法やエッセイの書き方は教わっていたので授業中に困ることはほとんどなかったです。

 

 

○ 寮生活/ルームメイトについてお書きください。

  • ホストファミリー/ルームメイトとの関係(どのくらい接点がありますか)

ルームメイトはメキシコからの留学生です。彼女はベジタリアンでユダヤ教なのですが今まで接したことがなかった宗教感と生活スタイルなので、英語以外にも学べることがたくさんあります。ユダヤ教のペサハに参加したり、魚や肉と同じ栄養を持つそのほかの食べ物についての知識などを学んだりできます。ただ専攻や好みは同じなので、話しすぎて気づいたら夜中だったということが多々あり、とても楽しい生活ができています。休日は二人でボルダ―内を散策をしたりサイクリングをしたり近くの公園でピクニックをしたりしています。3つ上でアクティブな人なのでいろいろな経験をしていて一緒にいて楽しいだけでなく学べることがたくさんあります。
 

  • 食事(カフェテリア、自炊の方法やバランスなど)

部屋にキッチンがついているので基本的に節約と健康のために自炊をしています。炊飯器や調理器具などは前いた日本人の方に譲ってもらったので足りない分だけルームメイトと一緒に買ってシェアしています。また、親に2か月に一回日本食や調味料を送ってもらっているのでそれを使っています。
 

○ 課外活動についてお書きください。

  • 大学内の活動に参加していますか。

コーヒーアワーなどの留学生のためのイベントにはほぼ参加しています。また、日本語を教えている先生と知り合う機会があったのでその授業に週に一回参加させてもらい、手伝わせてもらっています。
 

  • スポーツはしていますか?具体的に教えてください。

レクリエーションセンターでヨガやティラピス、ズンバのクラスを受けに行ったりしています。またアイススケートリンクがあるのでスケートもよくしています。
 

  • 休み中の過ごし方について教えてください。

ルームメイトと出かけることが多いです。デンバーへスポーツ観戦に行ったり、買い物をしたり、あと絵をみることが好きなので美術館に行ったりしています。最近は天気が気持ち良いので、自転車で湖に行ってカヤックに乗ったり泳いだりしています。

 

○ 来学期履修予定の授業科目について教えてください。(コース番号・タイトル含む) 

TOUR 1102 Interpretative Tour Guiding

INST   1002 Introduction to International Studies

ENVS  1702 Environment, Economy, and Culture

 
 ○ 来学期に向けての目標や、準備しておきたいことを詳しくお書きください。

留学生活も夏休みが終われば折り返し地点に入ります。留学前の目標であったすらすらと話せるようになること、シャイな性格を克服して友達をたくさん作ること、勉強する癖をつけることの三点を確実に達成できるようにしたいです。
 

 

▸コロラド大学ボルダー詳細はこちら

年度別留学体験談に戻る

トップページに戻る

お問合せ