’14春派遣学生 ゴンザガ大学No.1

 

最終留学レポート

○ 留学生活を振り返って

  • 留学の目的は何でしたか。

英語力の上達とともにアメリカからの視点で国際関係を学ぶこと。

 

  • 上記の目的は達成されましたか。

英語力は十分に上達したと思いますが、アメリカ人学生と対等に意見を出し合ったりして授業に参加するのはまだまだだと思います。レベルの高い学生ばかりで刺激になりました。

 

○ 今学期履修した科目について

【科目1】POLS376 International Organization

  • 授業形式:レクチャー
  • 評価のつけ方:試験はエッセイ形式です。過去2回ありその結果は上記の通りです。ファイナルとしてグループプレゼンテーションがあります。それと別に15枚のリサーチペーパーに今取り組んでいます。
  • 授業を通して学んだこと(授業内容):
    様々なIGOsを学期を通して学習しました。IGOsには君主や中心権力がなくどう協力していくのか。それが常に議題におかれていました。それに対するリアリスト、リベラリストやコンストラクティブの意見をカバーし、例としてNATO、EU、WTOなど様々な組織についても学ぶことができました。
  • 全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など
    この授業が一番難しかったです。おそらく日本語で受けても難しいと思います。専門用語ばかりでてき、授業中は何が起こってるのかわからない事ばかりでした。何度もオフィスアワーを訪れ、エキストラクレジットも頑張りました。アメリカ人学生とのディスカッションにもなかなか加われず悩むこともたくさんありました。ファイナルのプレゼンテーションもとても難しく、くじけそうになりますが最後の力を振り絞り精一杯頑張ります。

 

【科目2】INST373 Modern Asia Civilization

  • 授業形式: レクチャー
  • 評価のつけ方:Midterm 2回、どちらもB⁺でした。 Final 試験、10枚リサーチペーパー
  • 授業を通して学んだこと(授業内容):
    日本、韓国、中国の現代史を勉強しました。経済を中心に見ることも多々ありました。
  • 全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:
    アメリカでアジアについて学ぶのはとても興味深かったです。教授は日本や韓国に長い滞在歴があり、細かい文化までよく知ってありました。私は今まで経済を勉強したことがなかったので、これを機に知ることができ良かったです。他クラスでもそうですが、ペーパーが多いのには本当に苦労しました。

 

【科目3】FRENCH101 

  • 授業形式: レクチャー、 ラボ
  • 評価のつけ方: 試験三回、エッセイ三回、試験、エッセイどちらも二回終えB-です。
  • 授業を通して学んだこと(授業内容):
    基本からフランス語を勉強しはじめました。
  • 全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:
    英語でフランス語を学ぶというのはとてもチャレンジングなことでした。Speakingは特に難しかったです。何度もチューターに会い、少しでもついていけるように頑張りました。

 

○ 履修した授業の課題の中で、特にがんばったもの、自信作について 

<エッセイ・ペーパー>

  • 科目名:INST373
  • 題材:Japan Seen from Religious Perspective
  • 内容:日本では重要視されない宗教を視点として、日本の歴史的背景を書き上げました。なぜ日本人は宗教心が強くないのか。本当に日本人は無宗教なのか。を論点としました。
  • 大変だったこと、やり遂げての感想:
    歴史的流れを大事にしなくてはならなかったので、構成が難しかったです。また、ただ一人のアジア人学生として私しかわからないような細かい点もふれるよう努力しました。
     

○ 学部授業を総括して、日本の授業と違う点、留学先国の授業の特色、自分が感じたことなどを自由にお書き下さい。

 アメリカ人学生は積極的に授業中に発言します。教授と違う意見を持ったのであれば平気で議論もします。それと、課題に対する意欲も日本人より大きい気がしました。

 

○ 英語力について

  • 留学開始当初と比べ英語力はどのくらいついたと感じますか?

留学当初は私を留学生と知らない人に英語で話しかけるのにはとても勇気がいりました。でも今は平気で声をかけることができ、話すことを恐れません。とくに毎日常に英語をきいているのでリスニング力はすごくあがったと思います。映画を観るのに字幕を必要としないときにそう実感しました。もちろん授業を普通にうけれていて、なんとかついていけるのが語学力が上がったあかしだと思います。

 

  • 語学力上達のために、工夫したこと、努力したことを教えて下さい。

日本人以外の友達とできるだけ一緒にいるようにしました。アメリカ人の友達を作るのは難しかったですが、ブラジル人などの留学生とは本当に仲良くなることができました。また、極力外出もするようにして部屋に引き込まらず英語に触れました。ホストファミリーと半年過ごした時間も英語上達に大きくかかわりました。

 
○ 学生生活についてお書きください。

  •  1週間のおおまかなスケジュールを教えて下さい。

平日はクラスが終われば課題をしています。月曜日は日本語クラブに毎週参加しました。

 

  • 友達、クラスメイトとの交友関係、付き合い方を教えて下さい。

学部ではクラスメイトとはあまり友達になれませんでした。しかし、親切な人ばかりです。

 

  • 留学生活の中で、最も良い思い出、大変だった思い出

最も良い思い出は、たくさんの国際色豊かな友達と楽しい時間が過ごせたことです。大変だったことは学部での勉強です。何度も自己嫌悪に陥りました。

 

  • 一番の息抜きの方法は何ですか

私は近くの公園まで一人で歩いて行くのが好きでした。景色がとてもいいので落ち着くことが出来ました。

 

  • 日本から持っていったパソコンの使用頻度や必要性について教えて下さい。

パソコンは毎日使っていました。レポート、課題、息抜き、すべての要素に役立ちました。一度ウイルスにかかったときは本当に大変でした。

 

  • 日本の家族、友達とはどのくらいの頻度で、どのように連絡をとっていましたか。

母や友達とはよくメッセージを送りあっていました。母とは数日おき、友達とは数週間おきくらいだったと思います。

 

  • 大学のサポートセンター(ライティングセンター、チューターなど)は利用しましたか。利用した場合、勉強を進める上で役に立ちましたか。

学部に入ってレポートを提出する前に文法を訂正してもらうのに利用しました。文法があってるといのは最低限のことなので、アメリカ人学生と対等になるためにも役立ちました。

 

  • JSAF留学プログラム費以外でかかった費用の目安をそれぞれ教えてください。(後輩のための参考情報になります)

①個人的な諸費用(こづかい、買物代など)合計:月3万②ミールプラン以外の食事代:月1万
③教材費(語学研修:  約3万         学部:  約3万       )

 

○ 留学全体を総括してお書き下さい

  • 留学を通して身に付いた、成長したと感じる点はどんなところですか。

もう何事にも恐れないようになったと思います。何でも一人ででき、自己をしっかりもち本当にたくましくなったと思います。

 

  • 留学先の国、大学について、出発前と考え方やイメージが変わった点はありますか。

当たり前ですが日本の文化とは何もかもが違っており、もちろん良い面もたくさんあるのですが理不尽に感じることもたくさんありました。

 

○ これからの目標、進路についてはどのように考えていますか。

日本の大学に帰って日本語教師過程を習得したいです。将来は世界で日本語教師として活躍したいという思いもありますが、ゴンザガので難民問題に取り組んだことがり、難民問題解決に関われる職業にもつきたいと考えています。

 

○ 同じ大学へ留学する後輩へのメッセージ、知っておいたほうが良いことを教えて下さい。

留学中は何度も心が折れることばかりかもしれません。でもそれはいかに自分が頑張っているかの証拠だと思います。中にはただ楽だけをして楽しんでいる留学生もいます。一瞬一瞬を大切に頑張ってください。

 

○ その他留学に関する感想をお書きください。

やはり一番に出てくるこの一年に対する思いはつらかった、大変だったという気持ちです。まだファイナルがあるので気は抜けませんが、この留学をやり抜いたことを誇りに思いたいです。 ただ、もちろん楽しかったこともたくさんありましたので、一緒に支えあって頑張ってきた友達に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

image19 image18

 

 

 

第1回留学レポート 

 

○ 到着後から現在までのことについて教えてください。

  • 渡航前に日本で準備しておけば良かった点

英語の成績が足りてない状態で不安をかかえて行ったので、もっと英語力をそなえて出発できたら良かったなあと思います。

 

  • 日本から持ってくれば良かった物

荷物を少なめにと思い、洋服をあまり持っていかなかったのですが、足りなかったりして、たまに困るのでもっと持って来ればよかったなと思います。もちろん留学先で買うこともできますが、最初から持っていた方が楽だったと思います。

 

  • 到着後すぐに購入が必要だったものは何ですか

私はホームステイなので、お昼ごはんに必要なお弁当箱や水筒を買いにいきました。また、ある程度は日本から持ってきていましたが足りない入浴品などをそろえました。

 

  • 生活費(月のお小遣い)はどのくらいですか。

毎月、父が生活費として5万円入金してくれます。特に大きい買い物をしなければ、十分なおこずかいです。基本的にはデザートを食べたり、友達と遊びに出かけたりするのに使っています。

 

○ 大学について

  • 大学キャンパスの設備、雰囲気

図書館、インターネット、ジム、カフェテリア、野球場、体育館など、施設はとても充実しています。学校のあちこちにセキュリティ用の電話なども設置してあります。建物はどれもきれいで、また校内に川もあり自然も豊かです。また、教会や美術館もあります。

 

  • 学生同士の交流・友人関係について教えてください

現地の学生:今はまだ語学研修でなかなかアメリカ人学生と出会う機会はありませんが、教会を通して知り合ったゴンザガの友達や他校の友達が数人います。よく一緒にでかけたりして、最近はとても仲良くなってきました。他の国からの留学生:ブラジル人、サウジアラビア人、韓国人、エクアドル人、など多国籍菜友達ができました。そのうちブラジル人2人、サウジアラビア人1人とは親友と呼べるほど仲良くなりました。語学研修中は、みな帰国時期が違い、出会っては別れの日々が多々あり悲しいですが、それが友達との時間を大切にするきっかけにもなります。

日本人:ゴンザガには日本人が数人いますが、私はそのうちの1人の女の子と親しくなりました。クラスが違うのであまり一緒にいる時間はありませんが、困ったときに相談できたり、同じ国籍だからこそよく分かり合えたりするので、とても大切な友達です。
 

  • 大学のある街について

どんなところですか:大都会というわけではありませんが、モールやレストランなどそろっており、生活に困ることはありません。街と一緒に公園などもあり、とても素敵なところです。ダウンタウンまでのアクセス:バスが発達しているので、あらゆるところからバスでダウンタウンへ行けます。大学からだと歩いて2~30分程度で、また川沿いの道でとてもきれいなので徒歩もアクセスの1つです。

お薦めスポット:ダウンタウンや、少し街のはずれにある公園がとてもきれです。川の迫力に圧倒されます。

その他:比較的落ち着いていて安全なところがすきです。
 

  • キャンパス内外の治安はいかがですか

キャンパス内:治安はいいと思います。セキュリティー用の電話なども校内に数カ所備え付けてあり安心です。キャンパス外:アメリカでみると比較的治安がいいところだと思います。それでも日本とは違うので、暗 くなったら出歩かないようには心がけています。

 

○ 語学研修について

  • 初日のオリエンテーションは分かりやすかったですか?

特に困ったことはなかったと思います。アドバイザーの方や先生の対応がとても親切で、分からないこと があれば気軽に質問できる雰囲気でした。

 

  • クラスについて教えてください(各セッションごとにお教えください)

最初のセッション106では、クラスメートのほとんどが新しくきた学生でみんなまわりと何と かコミュニケーションを上手くとろうとしながら勉強していたのを覚えています。次のセッションではク ラスメートもほぼ変わらず、クラスに一体感があった気がします。ただ授業が難しくなりみんな疲れ気味 でした。そして今のラストセッション108ではハードな課題にもみんな前向きに取り組んでいます。

 

  • 人数/国籍の割合:

私のクラスは13人で、そのうちの7人がブラジル人、3人がサウジアラビア人、2人日本人、 1人が韓国人です。

  • 1日の勉強時間と勉強場所(宿題など)

放課後、1日3〜4時間基本的に勉強します。宿題がとても多く毎日追われています。私は授業終了後に 図書館へ行って勉強します。また、登校のためにバスに片道30分くらい乗っているので、その間に単語 を覚えたり、英語の本を読んだりしています。

 

  • 勉強するのに役立つ教材や方法など

とにかく英語をたくさん話すことだと思います。107から新しいホストファミリーと住み始めたり、アメリカ人やブラジル人の親しい友達ができ英語を話す機会が増え、それが何よりの勉強だなあと思います。

 

○ 英語力についてお書きください。

  • 英語力は伸びていると感じますか?(その理由)

伸びてきていると思います。始めの方は、一般のアメリカ人と会話をするとき、なかなか私の言っている ことを一度で理解してもらえなかったり、私も彼らの話していることがわからなかったりしました。でも 最近では聞き直されることも少なくなり、私自身も聞き直すことはすくなくなりました。リーディングも、 前までは英語がずらりと並んでる文には抵抗がありましたが、今はありません。

 

  • 英語力向上させる上で苦労した点はどのような点ですか?また、ご自身で工夫された点はどのようなところですか?(各スキルごとにご記入ください)

<リスニング>
苦労した点

ホストファミリーが言っていることがわからず、コミュニケーションをとるのが大変でした。また、店員さんなど、留学生に関係のない一般のアメリカ人の英語はとても速く、理解するのがとても難しか ったです。

 

工夫した点

街を歩いているとき、バスに乗っているときなどに通り行く人々の会話によく耳を澄ませました。また映画を字幕なしでみたりしていました。
 
<スピーキング>
苦労した点

リスニングと一緒ですが、なかなか自分の言っていることが伝わらないときはめげそうになりました。コ ーヒー一つ注文するのも一苦労でした。

 

工夫した点

友達、ホストファミリーと出来るだけたくさん話すように心がけました。もとから日本人の友達はあまり いませんでしたが、日本人以外と時間を過ごすようにもしました。
 
<リーディング>
苦労した点

街でみかけるもの、学校の書類、当たり前ですがすべて英語でたまに疲れました。

 

工夫した点

英語の本を読んだり、一つのものを何度も読み直したりしてきたえました。
 
<ライティング>
苦労した点

長文のエッセイを書くのにはとても苦労しました。文法の間違いや、構成など、書き上げるのに時間がかかりました。

 

工夫した点

教科書の例文を読んだり、また友達ともチャットのやりとりもライティング力につながったと思います。
 

○ 寮生活/ルームメイトについてお書きください。

  • ホストファミリー/ルームメイトとの関係

新しいホストファミリーとは基本的に毎晩一緒に夕食をとり、夕食後には20分ほどみんなで犬の散歩に 出かけます。また休みの日には湖や公園、また買い物にも一緒に出かけたりして楽しく過ごせています。

 

  • 食事(カフェテリア、自炊の方法やバランスなど)

ホストマザーが毎晩美味しい夕食を作ってくれます。基本的に肉中心の料理です。サラダも毎日あるので野菜もとれてます。また現在のホストファミリーはよくレストランにも行き、いろいろな種類の食事を楽 しんでいます。

 

○ 課外活動についてお書きください。

  • 大学内の活動に参加していますか。

ESL が毎週末に何かしらのイベントを企画してくれるので積極的に参加しています。

 

  • スポーツはしていますか?具体的に教えてください。

スポーツは特にしていませんが、登下校のために一日計40分は自転車をこいでいます。

 

  • 休み中の過ごし方について教えてください。

土日はホストファミリーや友達と出かけたり、宿題をしてすごしています。長期休暇では旅行も楽しんで います。

 

○ 来学期に向けての目標や、準備しておきたいことを詳しくお書きください。

学部生になるにはまだまだ英語力が必要だと思います。今のセッションもとても難しいので、日々の課題 を怠らずに英語力向上にむけて頑張ります。

 

  image17 image16

 

▸ゴンザガ大学詳細はこちら

年度別留学体験談に戻る

トップページに戻る

お問合せ