TOP > 留学情報・留学体験談 > JSAF派遣生留学体験談 > 年度別留学体験談 > ’14春派遣学生 モンタナ大学No.1

’14春派遣学生 モンタナ大学No.1

最終留学レポート

 

○留学生活を振り返って

1. 留学の目的は何でしたか。

アメリカの学部授業で知識を深める
 
2. 上記の目的は達成されましたか。

達成できた
 

○今学期履修した科目について
 

科目1 JRNL105 Global Current Events/Honors
1,これまでの成績: : B
2,授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど): レクチャー
3. 評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど): 

出席、毎週の小テスト、Midterm, Final、グループプレゼンテーション
 

4. 授業を通して学んだこと(授業内容):
 

毎週小テストの後にディスカッションがあり、質の高い講義を受けることが出来た。また、グループプレゼンテーションを通してチームワークも学べた。
 

5. 全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:
 

毎週経済紙を読んで小テストを受けるのが大変でしたが、その作業を通して日本では知れなかった世界の情勢や動きについて詳しく知ることが出来た。
 
 科目2 PSCI230 Intro to International Relations
1.これまでの成績: 65%
2.授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど): レクチャー
3.評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど): 

小テスト計8回と、3回のExam
 
4.授業を通して学んだこと(授業内容):

近代以降のグローバリゼーションの動きと、冷戦や9・11を原因とした国際社会の在り方の変化について学ぶことができた。
 
5.全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

この授業が一番きつかったです。この授業はTAがおり、毎回授業のあとにTAのオフィスに質問をすることで大事なところや分からなかったところを教えてもらいました。
 
 科目3 SOCI212 Social Issues Southeast Asia
1. これまでの成績: B
2. 授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど): レクチャー
3. 評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど): 

3回のEXAMとポスタープロジェクト、出席、数回の課題
 
4. 授業を通して学んだこと(授業内容):

東南アジアの政治経済・社会について学ぶことが出来た。日本の戦時中における東南アジアでの動きもよく出てくるので、おすすめです。
 
5. 全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

ポスター作りが大変でした。一人ひとりポスターを作って展示・発表会を行うのですが、私はASEANをテーマにポスターを作成し、知識を深めることが出来ました。
 
 科目4 COMX202 Nonverbal Communication
1. これまでの成績: B
2. 授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど): レクチャー
3. 評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど): 

8回のQuiz(Web)と出席、2回のプレゼンテーション、毎授業ごとのエッセイ
 
4. 授業を通して学んだこと(授業内容):

非言語領域における人々のコミュニケーションの特徴について学ぶ。この授業が個人的には一番のおススメです。テキストには西洋との比較対象として日本もよく挙げられ、授業でも日本人を代表して意見を言うことが多く、ディスカッションでも活躍できました。
 
5. 全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

プレゼンが2回あり、どちらも一人ではなく複数人で行うものです。チームメイトとの意思疎通に苦労し、大部分の作業を任せてしまうことになることが多かったと後悔しています。しかし、この経験は必ず将来役に立つと確信しています。
 

 

○履修した授業の課題の中で、特にがんばったもの、自信作について

 
エッセイ・ペーパー

科目名: International Relations

題材:グローバリゼーションによるメリットとデメリット

内容:日本におけるグローバリゼーション

大変だったこと、やり遂げての感想:グローバリゼーションに対する知識は上っ面だけでしたが、違った視点で分析することで学ぶことは大きかった。
 
プレゼンテーション

科目名: Nonverbal Communication

題材: 嘘

内容: 人が嘘をついた時の体の反応

大変だったこと、やり遂げての感想:

チームを代表して文化における違いについて説明し、良い評価を得られた。
 

 

○学部授業を総括して、日本の授業と違う点、留学先国の授業の特色、自分が感じたことなどを自由にお書き下さい。
 

 

学生の意欲が違う。教授のやる気が違う。何もかも違う。
 

 

○英語力について
 

 

1. 留学開始当初と比べ英語力はどのくらいついたと感じますか?
 

大幅に伸びたと感じます。当初は英語の文章を少し見ただけでうんざりしてしまうほど理解が出来ませんでしたが、今では少し難しいものでも読み進めることが出来ます。
 
2. 語学力上達のために、工夫したこと、努力したことを教えて下さい。

とにかく勉強。やる気が無くてもまずはテキストを開いて、ひたすら読みまくりました。

 

○学生生活についてお書きください。

1. 1週間のおおまかなスケジュールを教えて下さい。

月から木曜は授業があり、金土日で課題や日本での就職活動の準備。
 
2. 友達、クラスメイトとの交友関係、付き合い方を教えて下さい。

授業で良い友人が出来ました。
 
3. 留学生活の中で、最も良い思い出、大変だった思い出

夏のPantzer Hallでの生活が楽しかったです。
 
4. 一番の息抜きの方法は何ですか

ジムで筋トレ、サウナ
 
5. 日本から持っていったパソコンの使用頻度や必要性について教えて下さい。

ほぼ毎日。授業によってはPCでノートを取った方が良いものもあり。
 
6. 日本の家族、友達とはどのくらいの頻度で、どのように連絡をとっていましたか。

家族、友人ともにメールのみ。まちまちだが、毎日ということはない。
 

7. 大学のサポートセンター(ライティングセンター、チューターなど)は利用しましたか。
利用した場合、勉強を進める上で役に立ちましたか。

チューターに毎回授業のあと行き、要点を教えてもらいました。
 
8. JSAF留学プログラム費以外でかかった費用の目安をそれぞれ教えてください。(後輩のための参考情報になります)

①行に関する費用

・国際航空券代(往復):20万

・現地での旅行費用:30万くらい

②個人的な諸費用(こづかい、買物代など)合計:9か月で3万くらい?

③携帯電話料金:月6000

④ミールプラン以外の食事代:0

⑤教材費(語学研修:       30ドル    学部:   200ドル      )

⑥ヘルスセンター使用料:0
⑦その他かかったもの(具体的に): •
 

○留学全体を総括してお書き下さい

1. 留学を通して身に付いた、成長したと感じる点はどんなところですか。

他人に寛容に、自分に厳しくなった。
 
2. 留学先の国、大学について、出発前と考え方やイメージが変わった点はありますか。

日本と変わらないくらい安全(モンタナ)
 

○これからの目標、進路についてはどのように考えていますか。

 

日本で就職活動をし、世界を相手に働ける企業に勤めたい。
 

○同じ大学へ留学する後輩へのメッセージ、知っておいたほうが良いことを教えて下さい。

 

とにかく人が温かいから、心配無用。冬はめっちゃくちゃ寒いです。
 

○その他留学に関する感想をお書きください。

 

人生で一番短く感じた9か月間でした。ですがこの9か月を決して忘れることはないと思います。

 

第1回留学レポート 

○到着後から現在までのことについて教えてください。

 
1.渡航前に日本で準備しておけば良かった点 

おそらく誰もが思っているとは思いますが、TOEFLの勉強をもっとしておけばよかったなと思いました。来てからいくらでも対策する時間はあるだろうと甘く見ていましたが、いざ授業が始まってみると毎日の課題に追われてTOEFLに時間を費やす余裕もなく、3月末の試験では全然いい結果が出なくてものすごく焦った覚えがあります。TOEFLに費やす時間を別のことに使えるので、日本にいるうちに点数を取っておけばよかったとものすごく後悔しています。
 
2. 日本から持ってくれば良かった物 
もっと日本のものを持ってきていればよかったなと思います。日本の服や小物など
3. 到着後すぐに購入が必要だったものは何ですか 
勉強机に置く用の電気スタンド、洗剤
4. 生活費(月のお小遣い)はどのくらいですか。 

1か月に100ドルあれば足りたと思います。周りに特にお金を使うようなところもないので。
 

○大学について

1. 大学キャンパスの設備、雰囲気

かなり自然に囲まれています。その分勉強にも集中できますし、人もとても親切で親しみやすいです。また、休みのときにほかの大都市に行って改めて気づきましたが、モンタナはかなり治安がいいです。とても住みやすいと思います。学校内にあるジムを使う頻度がとても高く、それなりに楽しい生活を送ってます。
 
2. 学生同士の交流・友人関係について教えてください

現地の学生:ルームメイトや授業で知り合った人と関わることが多く、少しずつですが現地の友達も増えてきました。特に英語について分からないことがあったりしたときに、質問を聞いてもらったりしています。

他の国からの留学生:春セメのクラスは、半分がブラジル人でした。とても頭がよくて、授業中もよく発言したりしているのでとても刺激を受けています。他にも韓国人、アラブ人、中国人の留学生と仲良くしています。

日本人:同時期に来たみんなとは仲良く互いに励ましあっています。話すときは英語で話しています。
 
3. 大学のある街について

どんなところですか:大学生にとても優しい街だという印象を受けました。

ダウンタウンまでのアクセス:バスで10分ほど

お薦めスポット:Mt. Mのマークを超えてさらに2,3山を越えたところからの景色が最高です。
 
4. キャンパス内外の治安はいかがですか

キャンパス内:おそらく日本と大差ない。
キャンパス外:ホームレスの人がちらほらいます。

○英語力についてお書きください。

1. 英語力は伸びていると感じますか?(その理由)

春はどうなんだろうと思っていましたが、夏に学部授業を取ったことでかなり伸びた気がします。確実に自分の限界を超えた量の文献を読まされてきたので。
 
英語力向上させる上で苦労した点はどのような点ですか?また、ご自身で工夫された点はどのようなところですか?(各スキルごとにご記入ください)
1. リスニング

●苦労した点

初対面の人の英語が全然聞き取れない

●工夫した点
TEDなどの映像をみて勉強する
2. スピーキング

●苦労した点

文法を気にしすぎてたどたどしくなってしまう

●工夫した点
見た映像や授業で聞いた言葉を別の機会で使ってみる
3. リーディング

●苦労した点

専門的な知識が入った文献は、難しい単語の応酬で泣きたくなりました。

●工夫した点
最初から全部読み取ることは諦め、ここは大事だなというところを厳選してよい取るようにしたらスピードが上がったと思います。
4. ライティング

●苦労した点

決まった文法を使った文や単純な分しか作ることができなかった

●工夫した点
何度も何度も書く

 

○夏・秋期履修した全ての科目について

 

【科目1】 コース番号 PSCI 220S-01 51071 
 授業タイトル:Intro to Comparative Government
授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど): レクチャー

評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど):
2回の小テスト(10%x2)、中間Essay(40%)、Final Exam(40%)

授業を通して学んだこと(授業内容):

毎日20から30ページの政治に関する文献を読み、次の日の抗議。具体的には国の成り立ち、普通選挙権、ロシア、フランス、中国での市民革命、民族闘争、インドの植民地時代、自由市場経済、アフリカの

民主化についてなど。授業で日本とドイツの産業についてとても出てきたのが印象的です。
 

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

毎日の課題が大変でした。授業が無いときはずっと自分の部屋に引きこもってひたすらテキストや文献を読んで要約を書くのが大変でした。ですがそのぶん自分の専門分野に対する知識が深まりましたし、英語に対する慣れも高まったと思います。
 

【科目2】 コース番号 COMX 111A-83 51137
 授業タイトル:Intro to Public Speaking
最終成績又はこれまでの成績:まだ出ていません
授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど): レクチャー

評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど):
4回のスピーチ

授業を通して学んだこと(授業内容):
公衆の場でスピーチを行う際の技術や注意の引き方について学びました。日本でこういう授業はないのでとても役に立ったと思います。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

スピーチの準備、そして本番のスピーチがとても大変でした。英語でスピーチすることの大変さを、身をもって知ったし、自分が話している時に、他のクラスメイトの反応もとても気になってしまいナーバスになることもありました。ですが先生やクラスメイトもとても親切に接してくれたし、スピーチを重ねていくうちに徐々に感覚が分かってきて楽しかったです。
 

 

○寮生活/ルームメイトについてお書きください。
 

 

1. ホストファミリー/ルームメイトとの関係(どのくらい接点がありますか)
【寮・ホームステイ両方に滞在した場合は、各滞在先について書いてください。】

春のルームメイトとは仲良くなれました。あまり部屋にいない人だったので最初はぎこちない感じでしたが、次第に打ち解けられました。
夏は二人アメリカ人と同じ部屋でしたが、どっちも自分の部屋にずっとこもっている人だったので全然話す機会はありませんでした。

2. 食事(カフェテリア、自炊の方法やバランスなど)
【寮・ホームステイ両方に滞在した場合は、各滞在先について書いてください。】

春は食堂でたべていました、とてもボリュームがあり制限が大変でした。
夏は自分でスーパーで買い物をして、ハンバーガーやポテトを食べています。

○課外活動についてお書きください。

1. スポーツはしていますか?具体的に教えてください。

暇なときにみんなでサッカーをしたり、ジムにはよく行きます。
 
2, 休み中の過ごし方について教えてください。

ジムに行くか、本当にリフレッシュという意味で休んでいることが多いです。
 

○来学期履修予定の授業科目について教えてください。(コース番号・タイトル含む)

 

Argumentation

Nonverbal Communication

Intro to International Rel

American Foreign Policy

Social Issues Southeast Asia

 

 ○来学期に向けての目標や、準備しておきたいことを詳しくお書きください。

 

夏休み中に英語が衰えないように、旅行中も勉強できるときにするようにする。
秋学期はこれまで以上に本気で勉強と向き合い、日本人だからと言って甘えないようにする。

 https://scontent-b-sea.xx.fbcdn.net/hphotos-xpa1/t1.0-9/10457886_615220815251696_3455470233651800654_n.jpg

 

▸モンタナ大学詳細はこちら

年度別留学体験談に戻る

トップページに戻る

お問合せ