’13秋派遣学生 ユタ大学No.2

最終留学レポート

○ 留学生活を振り返って

1. 留学の目的は何でしたか。

英語をとにかく話すこと。
 
2. 上記の目的は達成されましたか。

はい。
 
○ 今学期履修した科目について

【科目1】 : Introduction to Interpersonal Communication
授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど): レクチャー、ラボ

評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど): 
中間、期末テスト、ペーパー、プレゼンテーションなどを総合したもの。
授業を通して学んだこと(授業内容):
Interpersonal Communication についての基礎的なことを学びました。週1回のラボでは、何度かアクティビティをしたり、グループでプレゼンテーションをしたりしました。
全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など: 
アメリカに来てから初めてのプレゼンテーションだったので、とても緊張しました。友達とのテキスト(携帯メール)のやり取りの中での顔文字の使用や省略についてプレゼンしたのですが、ネイティブの人たちの顔文字や省略の使い方はよく知らなかったので、グループの中でも同じ内容について一緒に調べたアメリカ人がサポートしてくれてとても助かりました。
 
【科目2】 : Intercultural Communication
授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど): レクチャー
評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど): 
クイズ、Cultural Portfolio Assignment、ペーパー
授業を通して学んだこと(授業内容):

異文化コミュニケーションについてのテキストを毎回の授業までに読み、授業のだいたいがそれについてクラス全体でのディスカッションでした。2週間に1回くらいのペースでPortfolio Assignmentがあり、自分のcultural identityについて約1枚分のペーパーの提出がありました。 
全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

先生がとても優しくしてくださり、授業もわかりやすく楽しかったです。時々小さいグループでのアクティビティやディスカッションがあったのですが、同じグループの人もわかりやすく私に説明してくれてディスカッションにしっかり参加することができました。
 

【科目3】 : Introduction to Study Literature and Culture
授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど): レクチャー
評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど): 

クイズ、レスポンス、中間、期末テスト、プレゼンテーション、ファイナルペーパー 
授業を通して学んだこと(授業内容):

たくさんの小説を読んだ後、それについてクラス全体でディスカッションを行い、それについてのクイズとレスポンスがありました。
全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

小説を読むのがとても大変でした。1週間で読む本が変わった時もあったので、クイズまでに間に合わずオンラインの要約を読んだりしてどうにか間に合わせるのが本当に大変でした。プレゼンテーションではグループのみんながサポートしてくれたり、とても優しくしてくれたり、とても楽しく授業に参加することが出来ました。
 
【科目4】 : Diversity in American Literature
授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど): レクチャー
評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど): 

ペーパー、中間、期末テスト
授業を通して学んだこと(授業内容):

人種がテーマの小説を読み、主にクラス全体でのディスカッションをしました。
全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

この授業でも小説をたくさん読んだので、授業のペースについていくのがとても大変でした。また、このクラスではほとんどの授業が全体でのディスカッションだったのですが、みんなの手が上がるのが止まらないくらいディスカッションがどんどん進むので、先生の話だけでなくクラスのみんなの話を聞き取るのにとても苦労しました。日本ではこのようなディスカッションのクラスを見たことがなかったので、大変でしたがとても良い経験になったと思います。
 

○ 履修した授業の課題の中で、特にがんばったもの、自信作について
 
エッセイ・ペーパー

科目名:Diversity in American Literature

題材:Caucasia

内容:Caucasiaという小説の中の登場人物のアイデンティティについて書きました。

大変だったこと、やり遂げての感想:
課されたテーマはすべてクラス内でのディスカッションで取り扱ったものだったので、授業の録音をひたすら聞いてペーパーを書くのに苦労しました。書く内容に関係する場面を何度も読んでできるだけ理解するよう取り組みました。

 

○ 学部授業を総括して、日本の授業と違う点、留学先国の授業の特色、自分が感じたことなどを自由にお書き下さい。
 

今学期履修した授業は、日本で受けていた授業とは全く異なりほとんどがディスカッションで進められたので、とても大変でしたが良い経験になりました。日本では先生が言うことが全て、という感じで生徒はみんな受け身の状態ですが、アメリカではディスカッションの中で先生の意見に反対する人もいて、大きな違いを感じました。
 

○ 英語力について
 

1. 留学開始当初と比べ英語力はどのくらいついたと感じますか?
 

アメリカに来たばかりの頃は、ネイティブの人たちの言っていることが全くわからないくらいでした。今も英語が聞き取れない時はたくさんありますが、だいたいの人とは普通に話すことができるので、留学開始当初よりは上達したと思います。
 
2. 語学力上達のために、工夫したこと、努力したことを教えて下さい。

 

授業内でのディスカッションを聞き取るために、授業の録音を何度も聞きました。
 
○ 学生生活についてお書きください。

1. 1週間のおおまかなスケジュールを教えて下さい。

月曜日から金曜日まで授業があり、金曜日の午後や土日のどちらかに友達と遊んでいました。春学期は週に1回ホームレスシェルターでボランティアをしました。
 
2. 友達、クラスメイトとの交友関係、付き合い方を教えて下さい。

秋学期の頃は、クラス内で友達を作るのはとても難しいと感じていたのですが、今学期はなんとか話しかけることができ、クラス内でも友達をつくることができました。
 
3. 留学生活の中で、最も良い思い出、大変だった思い出

良い思い出は大学でできた友達と学内のイベントなどに行ったことです。大変だったことは、春学期の授業が秋学期にくらべて読む量やペーパーが多かったことです。
 
4. 一番の息抜きの方法は何ですか

寝ることです。
 
5. 日本から持っていったパソコンの使用頻度や必要性について教えて下さい。

ノートパソコンは課題をやるのに毎日使っていました。
 
6. 日本の家族、友達とはどのくらいの頻度で、どのように連絡をとっていましたか。

LINEでたまに連絡をとっていました。
 

7. 大学のサポートセンター(ライティングセンター、チューターなど)は利用しましたか。
利用した場合、勉強を進める上で役に立ちましたか。

ライティングセンターに1度行ってペーパーを見てもらったのですが、私が行った時の人はとても適当でした。しかしほとんどの人はしっかり質問などに答えてくれると思います。
 
8. JSAF留学プログラム費以外でかかった費用の目安をそれぞれ教えてください。(後輩のための参考情報になります)
①旅行に関する費用

・国際航空券代(往復):約7万円

・現地での旅行費用:宿泊代と合わせて約8万円
②個人的な諸費用(こづかい、買物代など)合計:約40万円
③帯電話料金:月約7000円
④ミールプラン以外の食事代:あまりかかりませんでした。
⑤教材費(学部:1番高かった教科書が約1万円   ) 

 

○ 留学全体を総括してお書き下さい

 

留学を通して身に付いた、成長したと感じる点はどんなところですか。

以前は人に頼りがちでしたが、少し成長したと思います。
 
留学先の国、大学について、出発前と考え方やイメージが変わった点はありますか。

アジア人の多さには驚きました。
 
○ これからの目標、進路についてはどのように考えていますか。

 

まだ就活まで時間もあるので、今までの留学生活をどのように活かしていくかをしっかり考えたいと思います。
 
○ 同じ大学へ留学する後輩へのメッセージ、知っておいたほうが良いことを教えて下さい。

 

留学前はとても不安だと思いますが、楽しいこともたくさんあるので頑張ってください。

 

第1回留学レポート

 

○ 到着後から現在までのことについて教えてください。
 
1.渡航前に日本で準備しておけば良かった点 

英語力
 
2. 日本から持ってくれば良かった物 
特にないです。

 

3. 到着後すぐに購入が必要だったものは何ですか 
電気スタンド

 

4. 生活費(月のお小遣い)はどのくらいですか。 

1万円弱くらい。
 
○ 大学について

1. 大学キャンパスの設備、雰囲気

とにかく大きくて、最初は教室がある建物を探すのも大変でした。アメリカ人はほとんどの人が、目が合うだけで笑いかけてくれるのでとても雰囲気が良いです。
 
2. 学生同士の交流・友人関係について教えてください

現地の学生:クラスで知り合った人には、授業のわからなかったことを聞いたり、たまにノートを見せてもらったりしました。また、日本語の授業でTAをやらせてもらったのですが、そこで知り合った友達と遊びに行くこともありました。

他の国からの留学生:アジア人との交流が多かったと思います。来学期はもっとほかの国の留学生とも交流を深められたらいいなと思います。
日本人:もともとこっちに来ている人にアドバイスをもらったり助けてもらったりしました。

3. 大学のある街について

どんなところですか:山に囲まれていて、とても自然がいっぱいあるところだと思います。

ダウンタウンまでのアクセス:大学のあるところは田舎でしたが、路面電車で30分くらいで行けるので、ダウンタウンまでのアクセスはとても良いと思います。

お薦めスポット:先日テンプルスクエアという教会に行ったのですが、ライトアップがとてもきれいでした。
 
4. キャンパス内外の治安はいかがですか

キャンパス内:治安はとても良いと思います。
キャンパス外:問題ないと思いますが、夜はあまり出歩かないように気を付けています。

○ 英語力についてお書きください。

1. 英語力は伸びていると感じますか?(その理由)

来てすぐの頃は全く話せなかったので、最初の頃よりはコミュニケーションをとれるようになったかなと思います。アメリカ人の友達にも最初よりは上達したと言ってもらえて嬉しかったです。
 
2. 英語力向上させる上で苦労した点はどのような点ですか?また、ご自身で工夫された点はどのようなところですか?(各スキルごとにご記入ください)
1. リスニング

●苦労した点

最初の頃はまわりの人が何を話しているか全くわからず、一緒にいる日本人に助けてもらったりしていました。

●工夫した点
授業を毎回録音していました。授業の復習も兼ねてそれをよく聞いていました。

2. スピーキング

●苦労した点

リスニング力もとても低いので、何を話せばいいかもわからないことが最初の頃はたくさんありました。

●工夫した点

とりあえず自分が話したいことを話すようにしていました。後で話したいと思ったことはその場で英語での言い方を考えていました。
 
3. リーディング

●苦労した点

教科書を読むのがとても大変でした。
 
4. ライティング

●苦労した点

今学期は短いエッセイを書く課題しか無かったので、苦労した点はあまり無かったです。

●工夫した点

たまにアメリカ人の友達に添削してもらったりしました。
 

○ 今学期受講した科目について
 

【科目1】:Introduction to communication science disorder
授業形式:レクチャー

評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど): 
三回のテストに加えて、実際に5回も診療所に足を運んだフィールドワーク。

授業を通して学んだこと(授業内容): 
コミュニケーション障害の種類、理由、評価の仕方、治療方法などを学びました。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など: 
思っていたよりも理系のクラスで、慣れない単語などがたくさんでてきて覚えるのが大変でした。近くの病院へ行って、コミュニケーション障害を持った人たちのセラピーを観察してくるという宿題が5回あったのですが、こういった機会はあまりなかったので、良い経験になったと思います。

 

【科目2】:Introductoin to study language
授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど): レクチャー

評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど):
期末テストと中間テストに加えて、それらの間にも小クイズがあります。また毎回の授業で宿題が出されます。

授業を通して学んだこと(授業内容): 
言語学の基礎のようなことを学びました。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など: 
日本で勉強したことも含まれていたので、授業は理解しやすかったです。日本の先生よりもわかりやすいなと思いました。毎回出される宿題ではわからないこともありましたが、先生に質問すると丁寧に説明してくれたのでとても良かったです。

 

【科目3】:Composition for Non-native Speaker
授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど): レクチャー

評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど): 
エッセイが三つ、毎回の授業で宿題がありました。

授業を通して学んだこと(授業内容): 
エッセイの書き方。
全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など: 
1学期の間でエッセイを3つ書きました。先生がとてもフレンドリーで優しかったので質問もしやすかったです。クラス内で中国人の友達とも仲良くなれて楽しかったです。

 

【科目4】:Yoga Elementary
授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど): activity

評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど): 
アクティビティの授業だったので、出席することが前提でした。

授業を通して学んだこと(授業内容):

ヨガの基本 

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など: 
朝がとても早くてつらかったですが、リフレッシュできたので楽しかったです。

 

【科目5】:Tennis Elementary
授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど): activity

授業を通して学んだこと(授業内容):

テニスの基本 

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など: 
息抜きや友達作りを目的にこのクラスを取りました。 みんなで試合をするだけでなく、体を動かすので友達との仲が深まり、とても楽しかったです。

 

○ 寮生活/ルームメイトについてお書きください。

 

1. ホストファミリー/ルームメイトとの関係(どのくらい接点がありますか)

バスルームだけをシェアしている韓国人のルームメイトが1人だけいるのですが、話すのはシャワーに問題があった時などくらいで、あまり会いませんでした。
 

2. 食事(カフェテリア、自炊の方法やバランスなど)

週12食のミールプランで毎週足りていました。
 
○ 課外活動についてお書きください。

大学内の活動に参加していますか。

ボランティア活動に参加したいと思い、ボランティアのプログラムを扱っているセンターに何度も言ったりメールを送ったりしたのですが、メールがなかなか返ってこなかったり、やっと返ってきたと思ったら留学生は出来ないと言われたりして、今学期中は結局何もできませんでした。来学期はもっと頑張って探したいと思います。
 
休み中の過ごし方について教えてください。

ユタでできた友達とたまに遊んだり、どこかにつれて行ってもらったりしました。
 
○ 来学期履修予定の授業科目について教えてください。(コース番号・タイトル含む)

 

COMM 2110 Introduction to interpersonal communication

COMM 3190 Intercultural communication

ENGL 2700 Diversity in American literature
LANG 2010 Introduction to study literature and culture

 ○ 来学期に向けての目標や、準備しておきたいことを詳しくお書きください。

 

今学期はペーパーを書く課題が出される授業が1つも無かったので、来学期は今よりとても大変になると思いますが、助けてもらう友達を増やしたりして頑張りたいと思います。また、ディスカッションのクラスをとりたいとも思っています。ついていけるかとても不安ですが、なんとかついていけるように頑張りたいです。それから、来学期こそは何かボランティアなどの活動に参加したいと思います。  

 

▸ユタ大学詳細はこちら

年度別留学体験談に戻る

トップページに戻る

お問合せ