TOP > 留学情報・留学体験談 > JSAF派遣生留学体験談 > 年度別留学体験談 > カリフォルニア州立大学ノースリッジ ’14年秋派遣生

カリフォルニア州立大学ノースリッジ/ California State University, Northridge ’14年秋派遣生

成蹊大学/出願時3年/女性

最終留学レポート


○ 留学生活を振り返って

留学の目的は何でしたか。

英語力向上、自分の興味のある分野の勉強

上記の目的は達成されましたか。

どちらも達成されたが、これからも取り組んでいかなくてはならない。


○ 今学期履修した全ての科目について、振り返ってお書きください。

科目名: ANTH152 Human Behavior + Culture 
授業を通して学んだこと(授業内容):
一口に文化と言っても文化とは様々な要素で構成されているものであり、一言で説明できるようなものではない。そこで様々な視点から文化というものを学んでいった。家族、人種、ジェンダー、宗教や経済といった幅広い分野を文化を軸として検証する。

 

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:
文化を学びたくて留学したのでこの授業は本当に興味深いものであった。一見すると関係のない分野ばかりだが、全て文化が関わっているとは今まで考えたこともなかった。授業の雰囲気もとても良く生徒がよく発言し、たまに面白い発言があるとクラス全員で笑っていた。先生がパナマ出身で私にとって唯一のネイティブ以外の先生だったのだが、アクセントも聞き取りにくい訳ではなく、逆にネイティブ以外のアクセントで授業を受けるのが新鮮で楽しかった。

 

科目名:RS150 World Religion
授業を通して学んだこと(授業内容):
世界の宗教の概要について学ぶ。どのような神を信仰しているのか、どのような教義でどのような事をしているのか、
どのような歴史があるのかなど。3大宗教などのメジャーな宗教はもちろんのこと、アフリカ固有の宗教や、道教など様々な宗教に触れる。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:
キリスト教やイスラム教など名前やどのようなものか若干知っている宗教をきちんと勉強することで今まで自分がその宗教について何も分かっていなかったことが明らかになった。また、どのようなものか全く知らない宗教について学ぶのも興味深かった。ただ、授業中に専門用語が頻繁に出てきたため、理解するのが大変であったし、宗教の概念について英語の教材を読むのも苦労した。

 

科目名: MUS108 Music in Film

授業を通して学んだこと(授業内容):
映画の中で音楽がどのように使用されているのか、また時代によって映画の音楽がどのように変化していったのかを学ぶ。たくさんの映画を見て、その時代の共通性や流行を見つける。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:
映画の音楽をそこまで意識して聞いたことがなかったので、人物ごとに音楽のテーマがあるとか、主題歌は色々な場面でアレンジされて使用されているとか知ったときは面白いと思った。これから映画を違う楽しみ方で見ることが出来る。様々な映画を知ることができて楽しかった。

 

科目名:COMS356 Intercultural Communication
授業を通して学んだこと(授業内容):
グローバル化が進む現代において、文化とコミュニケーションがどのように関わりあっているかを理解する。歴史、人種、メディア、紛争など、文化交流は様々な要素を含んでいるため、複雑で誤解を招く。しかし、現在文化交流は私たちの生活の中心でもあるため、それに対応するための知識や能力を学ぶ。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:
この授業は私の一番好きな授業で、内容がすごく興味深いし、色々と考えさせられることが多かった。例えば、今まで日本に住んでいて、人種や白人至上主義というものを深く考えてこなかったけど、改めて何て理不尽なシステムなのであろうかと思った。差別はなくなったと言われている現在でも待遇が違ったりする。そんな世の中を何とも思わずに過ごしていた今までの自分もどうなのか、など本当にこの授業でたくさんのことを学んだ。


○ 履修した授業の課題の中で、特にがんばったもの、自信作について教えて下さい。

エッセイ・ペーパー
科目名:COMS356
題材:Culture Experience Paper
内容:異文化に触れて、その体験を授業で学んだ理論に当てはめて検証する。
大変だったこと、やり遂げての感想:
異文化体験はこちらに留学しているので毎日のように体験しているので問題なかったが、それを授業で出てきた理論を使ってその体験を検証しなければならないというのが難しかった。しかし、その体験に参加するだけでは見えないものが論理的に考えると見えてきて面白かった。Paperを6枚書き上げた時の達成感はかなりのものであった。


○ 学部授業を総括して、日本の授業と違う点、留学先国の授業の特色、自分が感じたことなどを自由にお書き下さい。

先生と生徒の距離が近いため、生徒も自由に発言出来ていて授業が日本より断然活発である。受け身の授業ではなくどの授業も自分から参加していかなくてはならない。生徒が質問がある時にすぐに先生に聞いて、先生もそれにすぐ答えるのはいいなと思った。


○ 語学力についてお書きください。

留学開始当初と比べ外国語力はどのくらいついたと感じますか?(その理由)
日常会話は問題なくできて、アカデミックな内容も多少は話せる程度の語学力はついた。
ネイティブともインターナショナルとも臆せず日常生活は出来て、授業中はまだ難しいがグループワークなどではアカデミックな内容でも話せるようになったため、そう感じる

 

語学力上達のために、工夫したこと、努力したことを教えて下さい。
日本人とはあまり話さずに常に英語を話さなくてはならない環境に自分を置くようにした。様々なイベントに出来るだけ参加するようにした。洋画を字幕なし、もしくは英語字幕で見た。


○ 学生生活についてお書きください。

1週間のおおまかなスケジュールを教えて下さい。
月~金 授業 金夜~日 友達と遊ぶ、寮でパーティー

 

友達、クラスメイトとの交友関係、付き合い方を教えて下さい。変化はありましたか。
友達とはご飯に行くか、どこかに出かけたりしていましたが、英語が出来るようになってくると友達と会うのもどんどん楽しくなっていき、どんどん仲も深まっていきました。

 

留学生活の中で、最も良い思い出、大変だった思い出をそれぞれ教えて下さい。
サンフランシスコまで一人旅に行ったのは本当に良い経験になりました。全く知らない土地へ一人で行くスリル感,
英語力への不安、自分で全てやることの楽しさ・大変さ、旅先での面白い出会いなど素晴らしい思い出がたくさんできました。逆に大変だった思い出は携帯電話を盗られたことです。日本で20年間生きてきて、一回も物を盗られたことがなかったので、余計ショックでした。今では良い教訓となって、出かけるときは自分の荷物に細心の注意をはらっています。

 

一番の息抜きの方法は何ですか。
寝ること、日本人の友人と現状や困っていることを話し合うこと

 

日本から持っていったノートパソコンの使用頻度や必要性、またどのようなことに使っていたか(授業の課題、リサーチ、音楽、スカイプ等々)について教えて下さい。
ほぼ毎日使った。主に課題と映画鑑賞、たまにスカイプ

 

日本の家族、友達とはどのくらいの頻度で、どのように連絡をとっていましたか。
週に1回くらいスカイプかラインで連絡をとっていた。

 

大学のサポートセンター(ライティングセンター、チューターなど)は利用しましたか。
利用した場合、勉強を進める上で役に立ちましたか。
利用してない。

 

JSAF留学プログラム費以外でかかった費用の目安をそれぞれ教えてください。(後輩のための参考情報になります)

① 旅行に関する費用
・国際航空券代(往復):帰り 800ドル
・現地での旅行費用:30万円以上
② 個人的な諸費用(こづかい、買物代など)合計:月50ドル
③ 携帯電話料金:月35ドルのプランに加入
④ ミールプラン以外の食事代:月100ドル
⑤ 教材費(語学研修:  400ドル程 学部:  250ドル程)
⑥ヘルスセンター使用料:
⑦その他かかったもの(具体的に):


○ 留学全体を総括してお書き下さい

留学を通して身に付いた、成長したと感じる点はどんなところですか。
取りあえずやってみようと、何事にも臆せず挑戦できる度胸
自分に自信を持つこと、自分と違う環境・違う人とも柔軟に対応できるようになった


○ これからの目標、進路についてはどのように考えていますか。

帰国して留学終了という風にはしない。帰国してからも日本で今まで見えていなかった新しい発見があるはずだから、その発見を大事にし、自分が成長するための糧にしていきたい。また、進路についてはせっかく留学したのだから、英語が使えるような職に就きたい。


○ 同じ大学へ留学する後輩へのメッセージ、知っておいたほうが良いことを教えて下さい。

色々な国の人がいるから、自分が日本人だなんていう事は誰も気に留めてくれない。自分からどんどん発言していかないとそこにいる意味がない。失敗しても誰も笑わないから、臆さずに何事にも挑戦していってほしい。


○ 上記の質問以外で、留学を通しての現在の想いについて、自由に書いて下さい。

本当に充実した、良い留学だった。9か月なんてあっという間で、風のように過ぎていった。今は帰りたくないという気持ちが大きい。本当にきちんと勉強したくなったらここに帰ってこようと思う。


〇 JSAFへのメッセージ

JSAFの方が勧めてくださったCalifornia State University, Northridgeに留学して本当に良かったと思います。日本では体験できないことをたくさん経験し、自分の興味のある学問も勉強でき、素晴らしい友達にも会えて、毎日が充実していて、一生忘れられない留学になりました。これもサポートしてくださったJSAFの皆様のおかげです。ありがとうございました!


 

 

カリフォルニア州立大学ノースリッジ詳細こちら

年度別留学体験談に戻る

トップページに戻る

無料留学カウンセリング予約