TOP > 留学情報・留学体験談 > JSAF派遣生留学体験談 > 年度別留学体験談 > カリフォルニア州立大学イーストベイ ’14年秋派遣生

カリフォルニア州立大学イーストベイ/California State University, East Bay ’14年秋派遣生

上智大学/出願時3年/女性

最終留学レポート

○ 留学生活を振り返って

留学の目的は何でしたか。
語学力の向上

 

上記の目的は達成されましたか
現地の人とも、ほぼ問題なくコミュニケーションをとれるようになりました。分からない言葉があっても、話の流れについていけるようになりました。


○ 今学期履修した全ての科目について、振り返ってお書きください。

科目名:BIOL 3065  Humans and Sex
授業を通して学んだこと(授業内容):
Sexについて学ぶ非常に興味深い授業でした。どのように男女の体が発達しているのか、ホルモンや体の特徴など。

 

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:
私の今まで受けてきた授業では考えられない形式でしたが、非常に楽しい授業でした。専門用語が多く、ノートを取るのはとても大変でしたが、友達と助け合いながら、乗り切りました。自分の体について学べる貴重な機会なので、特におすすめの授業です。

 

科目名: ECON Economics of Public Issues
授業を通して学んだこと(授業内容):
経済は全て需要と供給にもとづいて成り立っていることを学びました。理論上では、計算やグラフによって近い将来のモノの需要や供給のマッチする点が求められることが分かりました。

 

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:
初めて経済の授業を受け、とても難しかったです。日本で勉強をしてくるべきだったなと思いました。この経験を活かして、帰国後も積極的に経済の勉強をしてみようと思いました。フレッシュマンが多い授業のようでしたが、内容はレベルが高かったと思います。

 

科目名:MKTG3445 Marketing Research

授業を通して学んだこと(授業内容):
今までは、一般的なMarketingについて学んでいましたが、そのデータを集めるにはどのようなソフトを使い、どのような手順を踏んでリサーチをしていくのか学びました。

 

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:
毎回予習しなければいけないテキストの量が多く、授業に追いつくのがとても大変でした。覚えなければ行けない専門用語も多く、大変でしたが、英語の練習には非常に役立ったと思います。クラスメイトにMarketing専攻の人が多く、Discussionが流暢に進み、自分の意見を言うのに追いつくのが大変な時がありました。

 

科目名: MGMT4670 Multinational Business
授業を通して学んだこと(授業内容):
ロレアルやトヨタなど、多国籍企業のマーケティング方法について学びました。各企業のレポートを読み、ディスカッションしていくのはとても楽しかったです。5人のグループに分かれての、プレゼンテーションが最後の授業にあり、私たちのグループは中国の化粧品企業のマーケティングについてリサーチし、発表しました。フォーマルな格好でしっかりしたプレゼンが初めてだったので準備に時間をかけてメンバーの皆で協力しあった経験は、とても貴重なものになりました。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:
ディスカッションでは、小グループに別れるのではなく、クラス全員と先生の対談形式があり、面白かったです。日本ではなかなかないスタイルだと思いました。

 

科目名:MGMT3600 Theories of Management
授業を通して学んだこと(授業内容):
企業を第三者や従業員の視点で見るのではなく、経営者の視点から見ることを学びました。従業員をどのように扱ったら、経営がスムーズにすすむのか、様々な理論があることは興味深かったです。

 

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:
経営について学んだのは初めてでしたが、テキストをなぞっていく単調な授業でした。先生の英語がとても聞きやすく、また留学生の私にとても気をつかってくださって、助けになりました。

 

科目名: MKTG3401 Marketing Principles
授業を通して学んだこと(授業内容):
マーケティングの基本を習いました。基本といえども、さまざまな理論があり、それを実際に経営に応用している例を読むのはとても興味深く、非常に面白い授業でした。プレゼンでは、5人のグループでひとつの企業やサービスを調べて、そのマーケティングについて発表しました。

 

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:
全体的にとても楽しい授業で、教授の話も面白く、非常に満足しています。プレゼンを聞く機会が多く、アメリカの知らない企業の話は理解が難しいこともありましたが、自分の全く知らない企業について興味を持つ機会ができました。


〇 友達、クラスメイトとの交友関係、付き合い方を教えて下さい。変化はありましたか。

最初はどんどん積極的に話しかけていって、そのうちに仲良くなる友達ができていきました。あまり親しくならなかった人とも、キャンパスで会ったら簡単な挨拶は必ずするように心がけていました。


〇 留学生活の中で、最も良い思い出、大変だった思い出をそれぞれ教えて下さい。

大変だったのは、最初の1ヶ月間、寮でWi-Fiが使えなかったことです。学校の遅い対応に非常にストレスを感じました。良い思い出は、留学先で、何でも話せる友達ができたことです。言葉の壁など関係なしに仲良くなれたことは本当に嬉しく思います。これからも連絡を取り合っていつかまた会えたらいいなあと思います。


〇 学生生活について

一番の息抜きの方法は何ですか。

仲のいい友達と話すことです。

 

日本から持っていったノートパソコンの使用頻度や必要性、またどのようなことに使っていたか(授業の課題、リサーチ、音楽、スカイプ等々)について教えて下さい。
パソコンは毎日必ず持ち歩いて、全ての課題に使っていました。分からない言葉なども全てパソコンで調べていたので、電子辞書は全く必要ありませんでした。

 

日本の家族、友達とはどのくらいの頻度で、どのように連絡をとっていましたか。
家族とは月に2、3回、スカイプをしていました。友達とは主にFacebookで近況報告をしていました。


〇 JSAF留学プログラム費以外でかかった費用の目安をそれぞれ教えてください。(後輩のための参考情報になります)

①旅行に関する費用
・国際航空券代(往復):2000ドル
・現地での旅行費用:合計約4000弱
②個人的な諸費用(こづかい、買物代など)合計:毎月100
③携帯電話料金:毎月30
④ミールプラン以外の食事代:毎月100
⑤教材費(語学研修:           学部:   100      )
⑥ヘルスセンター使用料:0
⑦その他かかったもの(具体的に):


○ 留学全体を総括してお書き下さい

留学を通して身に付いた、成長したと感じる点はどんなところですか。
小さなことで動じなくなり、今まで以前にポジティブになりました。

 

留学先の国、大学について、出発前と考え方やイメージが変わった点はありますか。
改めて、diversityにあふれた国だと感じました。ただ日本からの留学生という意味では、ありふれていて、全く特別ではありませんが、逆の意味で、とてもopenな国なので、誰もが、uniqueな存在になれると感じています。この考え方を、日本でも忘れないようにしたいです。


○ これからの目標、進路についてはどのように考えていますか。

2017年に大学を卒業予定です。日系、外資系とわず、メーカーに就職したいと考えています。


○ 同じ大学へ留学する後輩へのメッセージ、知っておいたほうが良いことを教えて下さい。

始めは、思っていたより田舎だと感じていました。しかし、BART(電車)があるので、サンフランシスコやバークレーにも1時間弱で行けて、車がなくても活動範囲はかなり広がります。また、学生もいろんな人がいるので、友達の友達など、どんどん知り合いになると、賢い人がたくさんいます。よく言われていることですが、自分で積極的に動くことが大切だと思いました。


○ 上記の質問以外で、留学を通しての現在の想いについて、自由に書いて下さい。

留学を支えてくれた家族にとても感謝しています。離れたことで、家族のありがたみが分かり、私がいくら元気だと言っても、親が心配しているのだなあと感じました。帰国したら、たくさん今の思いを話して、より親孝行したいです。

 

 

カリフォルニア州立大学イーストベイ細はこちら

年度別留学体験談に戻る

トップページに戻る

無料留学カウンセリング予約