TOP > 留学情報・留学体験談 > JSAF派遣生留学体験談 > 年度別留学体験談 > インディアナ大学-パデュー大学インディアナポリス’14秋派遣生

インディアナ大学パデュー大学インディアナポリス/Indiana University-Purdue University Indianapolis ’14秋派遣生

最終留学レポート


○ 留学生活を振り返って

留学の目的は何でしたか。

アメリカの大学で専門知識を深めるため。日本という国を客観的に見れるようになるため

上記の目的は達成されましたか。

達成できたと思います。


○ 今学期履修した全ての科目について、振り返ってお書きください。

科目名:AMST-A101 American Studies  

授業を通して学んだこと(授業内容):

ジェンダーや教育、人種、宗教などの様々な側面からアメリカとは何か?ということを学んでいく授業です。日本のメディアなどで知るアメリカ像という枠を超え、より深い文脈でアメリカという国家のことを理解できるようになったと思います。また、授業はディスカッション形式で常に自分の意見やこれまでに学んだことと授業のトピックを関連付ける能力が問われるので、大変ですが充実しています。

 

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

授業ごとに毎回2-3種類、計30-40ページほどのReadingが課され、授業の最初にそのReadingに基づいた小テストが行われるので、事前にReadingの内容をきちんと理解し、筆者の主張を詳細にとらえて授業に臨まなければならない点が大変でした。100レベルのクラスにも関わらず要求されることがかなり多かったですが、その分自身の成長が感じられたと思います。

 

科目名:ANTH-A103 Human Origins and Prehistory 

授業を通して学んだこと(授業内容):

現生人類がどのような過程をたどって進化してきたのかを生物学的、考古学的、文化人類学的、動物学的観点から学ぶ授業です。

 

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

特に遺伝や遺伝子の仕組みを学ぶ際に、文系では学ばないようなかなり専門的な単語を沢山覚えなければならず、苦労しました。難しい単語や慣れない発音の単語には苦労しましたが、自分がとても興味のある人類の進化について学べ、教授の教え方もとても面白かったので、履修してよかったと思っています。

 

科目名:INTL 100 International Studies 

授業を通して学んだこと(授業内容):

International Studiesにおける世界各国の政治思想、国際関係などを歴史、地理。哲学、経済などの様々な学際的観点から学ぶ授業です。

 

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

ほぼ教授が話すタイプのレクチャーなので、重要な内容を聞き洩らさないようノートを取ることが大変でした。日本の大学ではなかなか学ぶ機会のない哲学の分野にも触れられたことはとても有意義だったと思います。

 

科目名:ENG-Z204 Rhetorical Issues in Grammar and Usage

授業を通して学んだこと(授業内容):

英語の文法がどのように文や発話の意味に影響するのか、という英文法とレトリックの関係を学ぶ授業です。

 

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

扱うのは基本的な英語の文法事項ばかりなので特に苦労はしませんでしたが、頻出する文法用語を覚えることが少し大変でした。英語学習者が英語の統語法をどう学習していくかということも度々聞かれるので、日本人留学生という立場を活かせて楽しかったです。


○ 履修した授業の課題の中で、特にがんばったもの、自信作について教えて下さい。

エッセイ・ペーパー

科目名:American Studies

題材:Disintegration of the American Dream

内容:現代アメリカ社会におけるアメリカンドリームの衰退と再興の分析

大変だったこと、やり遂げての感想:

書かなければならない量が10枚と多かったので、自分のArgumentに一貫性を持たせることが大変でした。書き終わった今は、アメリカ滞在中にアメリカの社会や価値観について学んだこと、感じたことをまとめる良い機会になったと思っています。

 

プレゼンテーション

科目名:American Studies

題材: Social Classes in America

内容: 授業で学んだことを元に、自由な形式でアメリカの社会階級について発表する。

大変だったこと、やり遂げての感想:

形式が自由なので、どのようにわかりやすくトピックを伝えられるかという形式選びに苦労しました。最終的には、パートナーの子と協力し、良い評価をもらうことができました。


○ 学部授業を総括して、日本の授業と違う点、留学先国の授業の特色、自分が感じたことなどを自由にお書き下さい。

日本の授業と違う点は、アメリカの授業はほとんど少人数で、教授の面倒見がとても良いところだと思います。教授が個別に設けているOffice Hourを利用して疑問や勉強方法を質問したり、先生をファーストネームで呼ぶことができたりする点はとても新鮮でした。また、IUPUIは文系の授業がとても充実しているので、探せば必ず自分の興味のある分野の授業を学年やMajorに関係なく履修できる点が日本の大学と違いとても良かったです。


○ 語学力についてお書きください。

留学開始当初と比べ外国語力はどのくらいついたと感じますか?(その理由)

自分ではあまりSpeaking力が向上したとは感じませんが、周りの友達との会話でよく日本文化の概念や、日本語のニュアンスなどの説明を求められる場面が多々あるので、少なくとも日本にいる時よりも頭で考えて発話するまでにかかる時間が短くなったと思います。

 

語学力上達のために、工夫したこと、努力したことを教えて下さい。

会話の中で分からない単語や言い回しがあったら積極的に説明してもらい、メモを取るようにしました。


○ 学生生活についてお書きください。

1週間のおおまかなスケジュールを教えて下さい。

月曜―木曜 授業に出席、空き時間で日用品の買い物、授業の復習、小テストを受ける等

金曜 午前…Writing CenterでEssay添削、友達と会う、外部団体の留学生向けイベントに参加する等

   午後…勉強、International Clubの活動に参加

土曜/日曜 友達と出かける予定があれば外出、無ければ図書館で勉強

 

友達、クラスメイトとの交友関係、付き合い方を教えて下さい。変化はありましたか。

前のセメスターから大きな変化はありませんが、International ClubやConversation Tableでできた友達とは互いの部屋に遊びに行ったり、放課後によくご飯を食べに行ったりしています。

 

学生活の中で、最も良い思い出、大変だった思い出をそれぞれ教えて下さい。

良い思い出は数えきれないほどあります。授業でessayをクラスメイトの前で先生に褒められたことや、Examで良い成績を取ったことが特に印象に残っていますが、バックグラウンドの異なる沢山の友達と仲良くなり、旅行に行ったことや一緒に遊んだこともとても良い思い出です。大変だった思い出としては、渡米した当初(今もですが)自分の伝えたいことをなかなかうまく伝えられなかったことや、授業のReadingの課題が前日にいきなり変更され泣きながら授業当日の朝方までかけて読んだことです。

 

一番の息抜きの方法は何ですか。

日本のアニメを見ること、日本人のハウスメイトと喋ること

 

日本の家族、友達とはどのくらいの頻度で、どのように連絡をとっていましたか。

家族と友達とは基本的にLINEでしたが、友達とはSkypeで滞在中に3回ほど連絡を取りました。

 

大学のサポートセンター(ライティングセンター、チューターなど)は利用しましたか。

利用した場合、勉強を進める上で役に立ちましたか。

セメスターを通してWritingの課題がかなり多かったのでWriting Centerは頻繁に利用しました。英語が母国語ではない生徒を専門に見てくれるスタッフがいて、自分ではなかなか直せない冠詞や文法のミスを直してくれるので、完成度の高い課題を提出するうえで非常に役に立ちました。

 

JSAF留学プログラム費以外でかかった費用の目安をそれぞれ教えてください。(後輩のための参考情報になります)

① 旅行に関する費用

・国際航空券代(往復):$1500

・現地での旅行費用:$3000

② 個人的な諸費用(こづかい、買物代など)合計:$3600

③ 携帯電話料金:$30

④ ミールプラン以外の食事代:

⑤ 教材費(学部:$300)

⑥ヘルスセンター使用料:

⑦その他かかったもの(具体的に):


○ 留学全体を総括してお書き下さい

留学を通して身に付いた、成長したと感じる点はどんなところですか。

現地の生徒に交じって授業を受け、良い成績を取ることで自分に対する自信が身に付きました。また、授業で学んだ様々なことを関連付けて自分の考えをより発展させることができるようになったと思います。

 


○ これからの目標、進路についてはどのように考えていますか。

日本の大学を卒業し、留学で得た経験を活かし日本で就職する予定です。


○ 同じ大学へ留学する後輩へのメッセージ、知っておいたほうが良いことを教えて下さい。

Indianapolisは冬はものすごく寒いので体調管理に気を付けてください。IUPUIには日本語のクラスがあり、日本語を学んでる学生と交流する機会があるのでぜひ参加してみると楽しいと思います。


○ 上記の質問以外で、留学を通しての現在の想いについて、自由に書いて下さい。

辛いことは多々ありましたが、それ以上に楽しいこと、嬉しいことがたくさんあって、留学をして本当に良かったと思っています。大学生のうちに「日本の常識は日本以外では通用しない」ということを身をもって経験できたこと、世界各国からの友人を作ることができたことは自分の今後の人生において大きな糧になると思っています。


○JSAFへのメッセージ

JSAFから紹介してもらった留学先は私に合っていたと思います。文系の学位が充実している大学だったので、日本の在籍大学では履修できなかった、自分の興味のある授業を履修することができました。

 

インディアナ大学-パデュー大学インディアナポリス詳細こちら

年度別留学体験談に戻る

トップページに戻る

無料留学カウンセリング予約