TOP > 留学情報・留学体験談 > JSAF派遣生留学体験談 > 年度別留学体験談 > ミシシッピ大学/University of Mississippi ’16秋派遣生体験談

ミシシッピ大学/University of Mississippi ’16秋派遣生体験談

▸2016年秋最終レポート

▸2016年秋第1回レポート


最終レポート

 ○留学生活を振り返って

(1)留学の目的は何でしたか。

英語の上達だけではなく、あらゆる困難に立ち向かえる人間になること。

(2)上記の目的は達成されましたか。

60%達成したと思う。


○最終学期履修した全ての科目について、振り返ってお書きください。

【科目1】Middle East Politics

授業形式:レクチャー

クラスの規模:30人 アメリカ人のみ

評価のつけ方:

class attendance 10%

map quiz 10%

current events presentation 10%

reading responses 20%

midterm exam 20%

final exam 30%

授業を通して学んだこと:

中東地方でどのような政治体制が敷かれているか、なぜそのようになったのか、資料を読み、ビデオを見ながら理解を深めていった。授業で、アメリカがどのような対応をすればいいかについて話し合う機会もあったが、その時は日本がどのように対応すればいいかについても考えていた。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など

資料を読むのが辛かった。とにかく量が多い。日本とは比べ物にならない。授業も時折アラビア語が入ってくるので、それを英語と聞き間違えた時は笑いました。たくさんのことを学べたので、すごく楽しかった。

【科目2】International Relations

授業形式:レクチャー

クラスの規模:30人 留学生 多数

評価のつけ方:

Attendance 10%

weekly quizzes 10%

paper 1 10%, paper 2 10%, paper3 15%

midterm exam 20%

final exam 25%

授業を通して学んだこと:

東アジア歴史。中国、日本、(韓国)をメインに東アジアの歴史について学習した。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など

大学受験の時は世界史専攻だったので、日本の歴史についてそれほど知らなかったので、新しい単元を学べた。中国史では儒教の資料を読み、中国がいかに日本に大きな影響を与えていたかを改めて認識した。日本ではなかなか扱うことのない、南京虐殺事件や、韓国の慰安婦事件についても学習できたのでよかった。

【科目3】International Relations

授業形式:レクチャー

クラスの規模:50人 留学生なし

評価のつけ方:

4 in-class exams (drop lowest) 300

final exam 100

5 applications(drop lowest) 100

daily quiz 50

計 550 300から成績がつく

授業を通して学んだこと:

人々がどのように行動してきたかを、様々な単元から学習する授業。(宗教、人種差別、民族、教育 etc.)

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など

政治学科に深く関わりのある、日本では社会学の授業を履修して本当に良かったと思う。人々がなぜ皆同じ行動をしないのか、なぜそのように行動してきたのかを学べたことは楽しかった。毎週、50ページ近くの教科書、5つのレポート、5つのテストは辛かった

【科目4】Fundamentals of Public Speaking

授業形式:レクチャー

クラスの規模:留学生 なし

評価のつけ方:

mid term exam 10%

final exam 10%

discussion 10%

conference 10%

informative speech 20%

persuasive speech 20%

group speech project 10%

(4 short) special occasion 10%

授業を通して学んだこと:

授業では、いかに人前でうまくプレゼンテーションをするか学習した。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など

日本人なので、アメリカ人のスピーチよりも伝わらないのはわかっていたので、スピーチのインパクトを大きくしようと考えた。話す内容を決めるのに、ものすごく時間をかけた。どのようにしたら人に興味を持ってもらえるか、どのような話し方が一番人を惹きつけられるか、先生に何度も相談して学習していった。


○履修した授業の課題の中で、特にがんばったもの、自信作について教えて下さい。

エッセイ・ペーパー

科目名: HIS 180

題材:魯迅 阿Q正伝 から辛亥革命について書く

内容:辛亥革命の中国人の行動

大変だったこと、やり遂げての感想:

一部日本の福沢諭吉の学問のすゝめと絡めて書いた時は先生に褒められて、嬉しかった。Footnotes の使い方がわからず、先生に指導された。

プレゼンテーション

科目名: SPCH 102

題材: Persuasive Speech

内容: EPA has gone overboard

大変だったこと、やり遂げての感想:

このspeechはパートナーと一緒にプレゼンテーションするので、足を引っ張らないようにものすごく時間をかけて準備した。

 


○学部授業を総括して、日本の授業と違う点、留学先国の授業の特色、自分が感じたことなどを自由にお書き下さい。

アメリカの大学は学問だけでなく、自分が興味のあることをとことん勉強しているなと思った。Political science ではクラスメイトが本気で政治について語り合い、将来どのようにアメリカをよくしていくかを考え、theater ではみんな自分の演劇をどう上達させるか追求していた。日本の大学では味わえなかったことを味わえて本当に良かった。


○学生生活についてお書きください。

 (1)1週間のおおまかなスケジュールを教えて下さい。

平日:大学 休日:勉強

(2)留学生活の中で、印象的な思い出を教えて下さい。

週にレポートが3つ重なった時は本気で泣きそうだった。お腹が常にいたかった。

(3)一番の息抜きの方法は何ですか。

筋トレ

(4)日本から持っていったノートパソコンの使用頻度や必要性、またどのようなことに使っていたか(授業の課題、リサーチ、音楽、スカイプ等々)について教えて下さい。

ノートパソコンない学生生活はありえない。課題、リサーチで使う。息抜きで音楽をきいたりしていた。

(5)大学のサポートセンター(ライティングセンター、チューターなど)は利用しましたか。利用した場合、勉強を進める上で役に立ちましたか。

友達を利用していたので、それほど利用しませんでした。それでも、nativeに英語を添削してもらうことは大切です。

 (6)JSAF留学プログラム費以外でかかった費用の目安をそれぞれ教えてください。

 

①旅行に関する費用

・国際航空券代(往復):25万円

・現地での旅行費用:10万円

②個人的な諸費用(こづかい、買物代など)合計:30万円

③携帯電話料金:0円

④ミールプラン以外の食事代:月 1000円

⑤教材費(学部:8万円)

⑥ヘルスセンター使用料:利用してない


○留学全体を総括してお書きください。

(1)留学を通して身に付いた、成長したと感じる点はどんなところですか。

将来のことを本気で考えるようになった。

 (2)留学先の国、大学について、出発前と考え方やイメージが変わった点はありますか。

アメリカが多民族国家で、思った以上にややこしい問題を抱えていた。

(3)これからの目標、進路についてはどのように考えていますか。

英語を活用できるインターン先を見つけたい。悔いのない人生を歩みたい。

(4)同じ大学へ留学する後輩へのメッセージ、知っておいたほうが良いことを教えて下さい。

アメリカの大学は日本では体験できないことがたくさん。行くか行かないか迷っているのならばとりあえず行けばいい。日本にいるよりは辛いこともたくさんあるが、多くのことをそのぶん学べる。


○JSAFへのメッセージ

Jsaf がオフキャンパスの住宅ではなくキャンパス内の寮を選んでくれたことが良かった。


 

第一回レポート

○到着後から現在までのことについて教えてください。

(1)渡航前に日本で準備しておけば良かった点

日本のアニメの知識(結構アメリカ人は日本のアニメが好き)

(2) 日本から持ってくれば良かった物

カップ麺、カレーのルー、納豆。

(3) 到着後すぐに購入が必要だったものは何ですか

掛け布団、シャンプー、シリアル、牛乳、洗剤、ハンガー。

(4) 生活費(月のお小遣い)はどのくらいですか

2万円


○大学について

(1)大学キャンパスの設備、雰囲気

ミシシッピ大学は田舎のキャンパスで自然が多く、快適に過ごせます。

またミシシッピ大学は大学スポーツにとても情熱的です。アメリカンフットボール、バスケットボールの試合は大学全体で応援します。お祭り騒ぎになります。

町中の人たちも大学に来るので、知り合いが増えます。

(2)学生同士の交流・友人関係について教えてください

現地の学生:勉強仲間です。

他の国からの留学生:ハングリー精神が旺盛です。たくさんの刺激を受けています。

日本人:やはり留学は精神的に辛くなることが多くあります。助け合っています。

(3)大学のある街について

どんなところですか:都内の商店街のサイズ。

ダウンタウンまでのアクセス:歩いて30分。

お薦めスポット:アップルマフィンがおいしい喫茶店。

(4)キャンパス内外の治安はいかがですか

キャンパス内:良い

キャンパス外:良い


○英語力についてお書きください。

(1)語学力は伸びていると感じますか(その理由)

reading の力は伸びていると思う。ただ、英語の思考力や文章能力はまだまだだと思う。後期重点的に鍛えたい。日本にいる時から、アメリカの大学の公開授業をインターネットやDVDなどから観ていたが足りなかったと思う。

(2)英語力を向上させる上で苦労した点、またご自身で工夫された点はどのようなところですか

<リスニング>

●苦労した点

southern 訛り、黒人の人のspeaking

●工夫した点

何回も聞く。予想以上に何を言っているのか分からないので、YouTubeで確認した

<スピーキング>

●苦労した点

授業での発言。現地人と話している時に困った顔をされる時。なにを言っていいのか分からなくなる

●工夫した点

簡単な言葉を使う。授業後に自分でまた自室でやり直す。あるいは友達に聞いてもらう(真面目なトーンで)

<リーディング>

●苦労した点

読み物が多い

●工夫した点

現地の友達にアメリカ人はどうやっているのか聞いた(多分現地人も量的に無理であろうとおもったので)。そうしたらScam, skim readingを教わった。何回も実践している。

<ライティング>

●苦労した点

たまに言葉が出てこない

●工夫した点

辞書を使う


○今学期履修した科目について、振り返ってお書きください。

【科目1】Introduction to American Politics

授業形式:レクチャー

クラスの規模:50人、ほぼ現地人

評価のつけ方:

出席10(10)、宿題30(10)、テスト60

授業を通して学んだこと:

アメリカ政治の仕組み。特に国会、選挙制度、アメリカ市民の特徴について重点的にやった

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

宿題が毎週出されて大変だった。Reading も毎週多く、苦労した

【科目2】Introduction to International Relations

授業形式:レクチャー

クラスの規模:50人

評価のつけ方:

出席20、テスト80

授業を通して学んだこと:

主にworld politics についての講義。Interaction, institution, interest. この3つの言葉を軸に、世界でどのような政治が展開されているのかを学んだ。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

この授業は発言するのが当たり前の授業なので、クラスで発言するのが大変だった。特に、日本やアジアの話になると先生が僕に話を振るので、アジア情勢の知識も必要だった。緊張している空気の中、英語を話すのは難しい。後期は自信を持って臨みたい。

【科目3】Introduction to political science methods

授業形式:レクチャー、ラボ

クラスの規模:50人、ほぼ現地人

評価のつけ方:

宿題25、election day project 25、テスト50

授業を通して学んだこと:

political science と言いながら、統計についての授業。アメリカではデータがすごく大事なことがわかった。データから情報を読み取る知識を身につけた。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

宿題が大変だった。Election day project で現地の友達ができ、たくさん話せたのが良かった。大きな刺激を受けた。

【科目4】Asia in world politics 

授業形式:レクチャー

クラスの規模:25人

評価のつけ方:

出席12.5、プレゼン、宿題15、テスト60

授業を通して学んだこと:

アジア政治。主に、アメリカ、中国、日本、(韓国)の関係についての授業。アジアの人口に注目し、今後の世界で最も大きな関心ごとを集めるのはアジアであることを再認識した。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

この授業でもまた日本の話になると先生に話を振られた。特にトランプが大統領になった場合の日本の反応や、日本の米軍基地の問題、中国や韓国との尖閣諸島、竹島問題では多くのことを聞かれた。少人数の授業だったのでみんなの顔と名前を覚えられて、楽しかった。

 


○寮生活/ルームメイトのについてお書きください。

(1) ホストファミリー/ルームメイトとの関係

朝と夜会うぐらい。たまにお昼にあって挨拶を交わす。

(2)食事(カフェテリア、自炊の方法やバランスなど)

ほぼカフェテリア。お腹が空いた深夜にカップラーメンをたまに作る。

 

ミシシッピ大学詳細はこちら

年度別留学体験談に戻る

トップページに戻る

無料留学カウンセリング予約