2019年秋派遣生対象 出発前オリエンテーション・English Workshop

Pre-Departureセッション(5月 実施分)

昨年より新たに開始した出発前のセッション!今回は2019年秋派遣を対象に5月に2回という日程で実施をしました。

1回目では「Study Abroad Success」、2回目では「Culture Shock」という題でJSAF副代表・国際教育のエキスパートであるMike Matsuno先生より派遣生の皆さんにお話をしました。

Mike先生についての紹介はこちら

 

  

 

1回目:「Why do you want to study abroad?」

みなさんの留学する理由は「海外の友達を作りたいから。」「英語力を伸ばしたいから。」「視野を広げたいから。」など、さまざまだと思います。

しかし、その目標を達成する過程でどんなことが起こるか、考えたことはありますか?

1回目のセッションでは、留学でやり遂げたい夢や目標を持つ大切さと、留学を成功させるための秘訣について、そして困難に遭遇したときの乗り越え方などMikeさんからお話がありました。

 

また、日本の大学と海外の大学の違いのトピックでは、海外では授業で発言することや教授の部屋へ行って相談することもとても重要だというお話もありました。

「大学では教えてくれないことばかり教えてもらえた」や「海外では積極的に何事にも挑戦することが大切だということを学べた」など、皆いろいろな収穫があったようです。

 

初めは緊張していたみなさんも、ペアワークを通して緊張がほぐれ、最後には笑いがたくさん沸き起こっていました。

「自分に足りない部分を認識できた」や「留学で人として成長して帰ってこようと決めました」「本当に自分は留学するんだな!という気持ちになった」など、

みなさんいろいろな発見や決意、留学への心構えができたようでした。 

 

 

 

2回目:「Culture Shock」

2回目の「Culture Shock」のセッションでは、Culture Shockは誰にでも起こり得ること、留学を経験している人なら起こって当然のことというMike先生からのお話がありました。

Culture Shockのメカニズムに加え、ステレオタイプについても触れる内容となっており、海外の人が日本人に対してどのようなステレオタイプを持っているか、自分が外国の人に対してどんなステレオタイプを持っているかなど、

普段考えないようなことも考え、同時に文化や歴史の持つポジティブな面とネガティブな面も学ぶいい機会にもなっていたようです。

 

最後には、ルームメイトとうまくいかなかった場合についてのお話もありました。

これはみんな不安に思っていたことのようで、ペアワークでは話がとてもはずんでいました。

ペアワークのあとには、ルームメイトとうまくいかなかった場合はどのように対応すればいいかMikeさんから詳しく説明があり、みんな真剣に耳を傾けていました。

 

出席をした派遣生からは「誰にでもculture shockに悩む時期があると知れてよかった」や、「文化の違いを改めて考えるいい機会になった」、「留学へ行く心の準備ができた」などなど沢山の感想が寄せられました!

これからもJSAFでは出発前の派遣生に向けたイベントを実施していきますのでよろしくお願いします。

 

 


JSAF出発前オリエンテーション・English Workshopページに戻る

説明会・イベントへ戻る

トップページに戻る