TOP > 留学情報・留学体験談 > JSAF派遣生留学体験談 > 年度別留学体験談 > ’18春派遣生 スウィンバーン大学No.1

スウィンバーン工科大学/Swinburne University of Technology’18春派遣

女性 / 青山学院大学 総合文化政策学部 総合文化政策学科 3年

スウィンバーン大学(2018年2月~6月)

 


大学について

大学キャンパスの設備、雰囲気はどうですか?

近代的でカラフルな建物、いろいろな国の学生がいる。フリーフードや何かイベントがある時は賑やかな雰囲気。

 

学生同士の交流・友人関係について教えてください

現地の学生:クラブの友達、同じ授業の友達

他の国からの留学生:クラブの友達、同じ授業の友達

日本人:同じ授業の友達、クラブの友達

 

大学のある街について

どんなところですか:cityからも近くキャンパスの周りにお店や映画館がある

ダウンタウンまでのアクセス:cityまで電車で10分ほど

お薦めスポット:映画館、カフェ

 

キャンパス内外の治安はいかがですか?

キャンパス内:良い

キャンパス外:良い


留学生活を振り返って

留学の目的は何でしたか。

英語力向上、オーストラリアなどの多文化に触れる、いろいろな国の友達を作る

 

上記の目的は達成されましたか。

はい

 

今学期履修した全ての科目について、振り返ってお書きください。

 

①Fundamental of Marketing

授業形式:レクチャー、チュートリアル

評価のつけ方:レポート4つ

授業を通して学んだこと(授業内容):マーケティングの基礎

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:この授業はグループワークが多く、分担して課題を進めるのが大変だった。内容は基礎ではあるが課題の難易度はだんだん上がっていった。

 

②Global Media Industries

授業形式:レクチャー、チュートリアル

評価のつけ方:オンラインの小テスト三回:30% Essay plan:30% Global Media Essay: 40%

授業を通して学んだこと(授業内容):メデイアが持つ影響、メデイアの役割、メデイアとグローバリゼーションなど

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:レクチャーがわかりやすい先生で楽しかった。数回ゲスト講師による授業があった。

 

③Introduction to Languages   

授業形式:レクチャー、チュートリアル

評価のつけ方:Mid semester test: 20%   Tutorial paper&Presentation:40%   Final semester test: 20%

授業を通して学んだこと(授業内容):言語学の基礎、言語と脳、バイリンガルなど

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:先生が少し日本語を話せたり、日本語やいろんな国の言語を勉強している生徒がたくさんいて面白かった。一人で5分間のプレゼンテーションをするのは大変だった。

 

④Global History

授業形式:レクチャー、チュートリアル

評価のつけ方:Comprehension Exercise:20%   Short Essay:30%     Term Essay: 50%

授業を通して学んだこと(授業内容):第二次世界大戦や冷戦などの世界史

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:教科書が現地の学生も読みにくいというほど難しかった。

 

履修した授業の課題の中で、特にがんばったもの、自信作について教えて下さい。※テーマや内容など具体的に

 

<エッセイ・ペーパー>

科目名:Global History

題材:Final Essay

内容:socialism

 

大変だったこと、やり遂げての感想:現地の学生も読みにくいというほど難しい本を読み、内容を要約するのはとても難しかった。また、英語で2500字ほどのエッセイを書いたことがなかったため苦戦した。

本を要約するだけでなく、他の文献も自分で探して書かなければならなかったため大変だったがやりきった後は達成感があった。

 

<プレゼンテーション>

科目名:Introduction to Languages

題材: Childhood bilingualism

内容: bilingualism

 

大変だったこと、やり遂げての感想:Bilingualismを正しく理解してまとめるという作業が難しかった。人前でプレゼンテーションをするのは大変緊張したが、先生と生徒からのフィードバックでわかりやすいプレゼンテーションだったと言ってもらえて頑張った甲斐があったと感じた。

 

学部授業を総括して、日本の授業と違う点、留学先国の授業の特色、自分が感じたことなど:どの授業もlectureとtutorialに分かれていて、tutorialでは主に議論をした。Tutorialは少人数のため先生と仲良くなりやすく質問しやすい。課題においてはreferenceがとても重要とされていて、referenceがないと0点になってしまったりと日本の大学より基準が厳しいと感じた。

 


語学力について

留学開始当初と比べ外国語力はどのくらいついたと感じますか?(その理由)

英語を聞き取る力はよくなったと感じる。一対一や少人数でのトークは問題なくできるようになったと感じた。

 

語学力上達のために、工夫したこと、努力したことを教えて下さい。

いろいろな国の人と英語で話す。オーストラリアのテレビ番組を見る。Conversation classに行く。

 


到着後から留学中まで

渡航前に日本で準備しておけば良かった点

英会話の勉強、日本や自分について英語で説明できるようにすること

日本から持ってくれば良かった物

オーストラリアのガイドブック

到着後すぐに購入が必要だったものは何ですか

ボデイーソープなど

 


学生生活についてお書きください。

1週間のおおまかなスケジュールを教えて下さい。

月曜日から金曜日まで毎日授業があったが、1日1日の授業数は少なかった。授業の後は図書館で課題をしたり、友達とcityに行ってぶらぶらしたりしていた。

 

友達、クラスメイトとの交友関係、付き合い方を教えて下さい。変化はありましたか。

クラスメイトとは授業の後に一緒に勉強したり、授業に関わる映画を見たりお互いに助け合う中でさらに仲が深まったと感じる。

 

留学生活の中で、最も良い思い出、大変だった思い出をそれぞれ教えて下さい。

最も良い思い出はグレートオーシャンロードに行ったことや、ハイキングに友達と行ったこと

大変だったのは一週間の中でエッセイやプレゼンテーションなどのたくさんの課題をこなさなければならなかったこと

 

一番の息抜きの方法は何ですか。

散歩する、動画を見る、ホームステイ先のうさぎと遊ぶ

 

日本から持っていったノートパソコンの使用頻度や必要性、またどのようなことに使っていたか(授業の課題、リサーチ、音楽、スカイプ等々)について教えて下さい。

授業の課題、リサーチなどのために毎日使っていた

 

日本の家族、友達とはどのくらいの頻度で、どのように連絡をとっていましたか。

ほとんど毎日

 

寮生活/ルームメイト/ホストファミリーについて

四人家族でうさぎが一匹いた。12歳の女の子と9歳の男の子がいた。

 

ホストファミリーとの関係

夜ご飯を毎日一緒に食べていたためそこで会話をすることが多かった。映画館やカフェ、ショッピングモールなどに連れて行ってもらった。

 

食事について

朝ごはんは自分の好きなように家にあるものを食べていた(トーストやシリアルなど)平日の昼ご飯は学校周辺で食べ、週末の昼ご飯はホストファミリーに作ってもらっていた。夜ご飯は毎日ホストファミリーが作ってくれていた。

 

大学内の活動に参加していますか。(サークル・ボランティアなど)

Swinburne Japanese club

 

大学のサポートセンター(ライティングセンター、チューターなど)は利用しましたか。利用した場合、勉強を進める上で役に立ちましたか。

図書館にある予約なしで使える課題を見てもらえるところによく行っていた。English conversation class というお昼の時間に英語で会話をするクラスに、授業がない時は行っていた。

 


留学全体を総括して

留学を通して身に付いた、成長したと感じる点はどんなところですか。

忍耐力がつき、日本以外からの視点で物事を見ることができるようになった

 

留学先の国、大学について、出発前と考え方やイメージが変わった点はありますか。

比較的治安がいい国だと感じた。そして物価が思っていたよりとても高いと感じた。

 

これからの目標、進路についてはどのように考えていますか。

具体的には決まっていないが留学での経験を通して英語を使う仕事につきたいと考えている。

 

同じ大学へ留学する後輩へのメッセージ、知っておいたほうが良いことを教えて下さい。

スインバンにはstudent unionというのがあり、これに登録すれば(登録には20ドル払う)毎日無料で20枚印刷できたり、週に一回無料でホットドックが食べられたり他にも特典があるので是非活用してほしい。

 

上記の質問以外で、留学を通しての現在の想いについて、自由に書いて下さい。

留学を通して忍耐力や自分から行動を起こしたりする勇気が身についたと感じた。留学する前は日本のことしか知らなかったが、留学を通していろいろな国の人と出会いその国のことや、オーストラリアの文化についても知ることができた。また今まで気づかなかった日本の良さにも気づくことができ、世界には日本に興味を持ってくれている人がたくさんいることも知り嬉しい気持ちになった。

 

JSAFのサポートについて

留学に行くまでのプロセス(大学へのapplyやビザ関係など)はJSAFさんにやっていただき、とてもスムーズだったと感じます。そして私のIELTSのスコアが出るのが少し遅かったにもかかわらず、柔軟に対応していただきとても助かりました。メールでの質問にもいつも丁寧に答えて下さり感謝しています。

 

 

スウィンバーン大学の詳細はこちら

年度別留学体験談に戻る

トップページに戻る

無料留学カウンセリング予約