ボンド大学/ Bond University

ボンド大学はオーストラリアで最も歴史ある私立大学です。学習環境は世界的にトップレベルで、様々なランキングで上位に輝いています。特に、オーストラリアでも屈指の少人数制と多様な学習プログラムの提供には定評があり、The Times Education Ranking ではBest Small University ランキングで世界トップ20に選ばれています。美しいキャンパスは日本人建築家の磯崎新氏によりデザインされました。

 

場所 Gold Coast, Queensland
町の人口

約567,000人

設立年 1989年
大学タイプ 私立
学生数

約4,500人

留学生数

約2,000人(約45%)

学期制 トリメスター制(1 月・5 月・9 月スタート)
語学研修 あり(On Campus) Bond University College(BUC)
平均気温

冬16℃ 春22℃ 夏26℃ 秋22℃

出願基準(学部スタート) Study Abroad (Foundation Subject): GPA 2.6 IELTS 5.5 (各5.0以上)
Study Abroad (Diploma Subject): GPA 2.6 IELTS 6.0 (各5.5以上)
Study Abroad (Undergraduate Subject) GPA 2.6 IELTS 6.5 (各6.0以上)
出願基準(語学スタート)

EAP1+ Foundation Subject: GPA 2.6 IELTS 5.0 (各4.5)
EAP2+ Diploma Subject: GPA 2.6 IELTS 5.5 (各5.0)
EAP3+ Undergraduate Subject: GPA 2.6 IELTS 6.0 (各5.5) 

FLAP(語学留学)

あり FLAPの情報ページはこちら

キャンパス生活

同大学のStudy Abroadプログラムでは、Society & Design、Law、Business、Health Science & Medicineの中から科目を選ぶことが出来ます。(ただし、科目によっては履修要件があります。)レクチャー・チュートリアル・セミナー・研究など様々な形式で授業は行われます。平均して教師対学生の割合が1:10とオーストラリアで最も少人数のクラス構成となっており、きめ細やかな指導を受けることができるでしょう。

高級住宅地の中に位置する同大学は、治安面も非常に優れているといえるでしょう。大学自体が美術館でもあり、原住民族の貴重な美術品を管理しているため、大学としてはトップレベルのセキュリティシステムが確立されています。スポーツ施設も非常に充実しており、ジムの設備はオーストラリアでもトップレベルです。バスでビーチまで10分、観光地として人気のサーファーズパラダイスまでは20分と、海や市街地へのアクセスも抜群です。

English for Academic Purposes (EAP)

ボンド大学のEAPは、ボンド大学付属カレッジ(BUC)が運営しています。あらゆるレベルの英語学習者向けにカリキュラムが編成されており、学んだ英語をEAP修了後にしっかり学部授業の中で活かすことが出来ます。BUCには世界約50ヵ国から学生が集まっており、様々な場面で国際的視点やかけがえのない経験を得ることが出来ます。アットホームできめ細やかな講師・スタッフによって、オーストラリアで新しい生活を始める学生にとっても居心地の良い学習環境が整っているといえるでしょう。

 

キャンパスのある都市

【ゴールドコースト】

クイーンズランド州最大の観光地ゴールドコーストは、美しい海や賑やかな街並みが特徴の人気都市です。マーケットやレストラン・カフェなどはもちろん、音楽や食べ物のフェスティバルやスポーツ大会など、定期的に様々なイベントが開催されます。美しい海岸線は約57キロに及び、のんびりとしたビーチライフを送ることが可能です。クイーンズランドの州都ブリスベンまでは電車で約70分、オーストラリア最大の都市シドニーまでは飛行機で約1時間半と、各都市へのアクセスも抜群です。

無料留学カウンセリング予約

external-link-blue-default02-Shapes4FREEボンド大学ホームページを開く

SAP協定大学一覧へ戻る
トップページに戻る