JSAF派遣生留学体験談JSAF EXPERIENCE

国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科4年

  • 留学先 :King’s College London
  • 留学時期:2018年8月~2019年5月
  • 留学期間:1学年

大学キャンパスの設備、雰囲気

大学は、学生生活をフルで楽しむ環境が非常に整っていると思います。しっかりと勉強ができるStudy roomはたくさんあり、昼寝ができるスペースや、学生価格のカフェやバーもそれぞれのキャンパスに数個ずつあります。特にStrand Campusから徒歩5分の場所にあるKing’sのMaughan Libraryは、非常に大きく綺麗な図書館で、テスト前になると多くの生徒が夜中の1時までそこで勉強しています。個人的には、電子レンジやウォーターサーバーが設置されている点が大変便利だと思います。 学校の雰囲気としては、非常にインターナショナルだと思います。留学生をたくさん受け入れているということもあり、生徒の国籍は様々で、毎日たくさんの異なる言語を耳にします。また、生徒は皆、自分の生活スタイルを持っていてindependentな人が多いように感じます。周りからは、King’sはロンドンの大学の中でも特に、いわゆる”posh”な大学だと言われているようです。

大学のある街・治安

どんなところですか:私が主に勉強をしているStrand Campusは、London EyeやLondon Towerもすぐそばにある、川沿いの非常に栄えた場所にあります。徒歩圏内になんでも揃っているので、遊びや買い物、ご飯や散歩をするのにも非常に便利な立地です。逆に言うと誘惑は多く、さらに物価が高いので本当に気をつけないとお金が飛んでいきます。 ダウンタウンまでのアクセス:街の中心地にある。 お薦めスポット:Covent Garden、Southbank周辺

学生同士の交流・友人関係

現地の学生:ロンドンは特に多国籍な街なので、学校にいるとイギリス英語を全然耳にしないこともあります。しかし、私はチアリーディングのsocietyに所属しているので、そこにはたくさんイギリス人の現地学生がいます。イギリスでずっと育ってきた人たちがほとんどであるそのsocietyで活動をするときは、イギリス英語だったりいわゆるイギリスでの遊び方、考え方、ユーモアなども経験することができるのでとても楽しいです。また、みんなそれぞれ全く異なる学問を勉強していたりもするので、話もとても勉強になります。また、よく日常的に遊んだりする友達はチアリーディングで一緒の子たちが多いです。 他の国からの留学生:King’sの特にビジネススクールは留学生がたくさんいます。グループワークなどでは、グループの半分以上が留学生というものもありました。私は、グループワークから、現在も日常的に遊ぶようになったドイツ人の留学生やコロンビア人の留学生の友達ができました。ドイツやフランスなどのヨーロッパ各国のみでなく、韓国や、アメリカから来た人たちも多く目立ちます。しかし、多くの留学生は1 semesterだけの場合が多く、私の寮で仲が良い韓国からの子も1 semesterで帰ってしまうようです。 日本人:公式のKCL Japan Societyがありますが、私は所属していません。ここには、日本人だけでなく、日本を好きな外国人もたくさんいます。また、実はKCL日本人会というfacebookのグループがあり、たまにPub会などを行っているようです。私は、知り合いに一度連れて行ってもらい、そこでKing’sの大学院生や、正規生、King’s卒業生の日本人の方々と少し知り合うことができました。そこでロンドンで日本人が住む生活の知恵などを教えてもらいました。そこで会った数人の正規生の日本人の子たちと一度遊びに行ったりもしました。他にも、King’sのLanguage Centerの日本語科が折り紙ワークショップを行っていたことがあり、その際にアシスタントとしてボランティアしたこともあります。また、日本の他大学からの留学生の子たちもたくさんいるので、授業で一緒になったり、時々ご飯を食べに行ったりして交流をしています。

滞在(ホームステイまたは学生寮)

一人部屋なので、一人の時間をしっかり取ることができる。キッチンに行くと8人のflat mateと時々会うことはあるがあまり毎日の交流は少ない。しかし、時々全員で外に飲みに行ったり、クリスマスディナーを行ったり、仲良くしている。皆異なる学部だったり、異なる国籍、大学院生がいたりとdiverseで楽しい。

留学の目的について

専門学問を学ぶため、語学力向上、自分の将来の方向性を見つけるため

留学を通して身に付いた、成長したと感じる点

計画的になり、以前より自立性が身についたように感じます。 この留学が初めての一人暮らしだったこともあり、初めは生活リズムを確立させたりスケジュール管理をするのが難しかったです。毎日、勉強から何からやることがとにかくたくさんあるのでスケジュールをうまく組まないと自分がピンチになります。

留学を通しての現在の想い

学生が、それぞれ学びたいこと、やりたいことをとことん追求する環境が整っていると思います。 フラットメイトやチアリーディングで会う人たちは、それぞれまったく異なる専門を専攻していて進路も多様だったのでとても興味深かったです。学生はみなプライベートと学問のメリハリがあったように感じます。

今後の進路、目標について

予定通り2020年の4月に卒業予定です。

同じ大学へ留学する後輩へのメッセージ、知っておいたほうが良いこと

キングスはinternational studentが非常に多いので、積極的に多くの人と話したりすると良いと思います。メインのストランドキャンパスの立地も最高なので、空き時間にたくさんロンドン散策もしてみてください。

プログラム費以外でかかった費用目安

生活費② 携帯電話料金:£15 /month
航空券代・国際航空券代(往復):ロンドンからヨーロッパ各国およそ往復2万〜5万程度
教材費£20(必須ではないテキストブック)
その他個人的な諸費用(こづかい、買物代など)合計:月4、5万、交通費、生活雑貨、部活の練習参加費やユニフォーム費等

渡航前に日本で準備しておけば良かったこと

簡単で美味しい日本食レシピを親に詳しく聞いておけばよかったです。また、もっと日本円を貯金しておけばよかったです。

日本から持ってくれば良かった物

ベーシックで着回しが効く服を持って来ればよかったです。服はこちらでなんでも買えると思いあまり持ってきていませんでしたが、やはりロンドンは物価が高くどうしてもかかってしまう生活費以外の服などにお金をかけることがあまりできないため、もう少し日本から持ってきてもよかったなと思っています。

到着後すぐに購入が必要だったもの

調理器具(フライパンなど)、調味料、シャンプーリンス、ボディーソープ

学生生活

1週間のおおまかなスケジュール

月:13-14授業、17-18授業 火:11-12 授業、12-14授業、16-17授業 水:全休、20-夜中チアリーディングのweekly social party 木:14-15授業、19-21チアリーディング 金:11-12授業、13-15授業 土:ロンドン観光、勉強 日:ロンドン観光、勉強 基本的に授業前や授業後は夜まで勉強をしていましたが、勉強に比較的余裕がある時期は、学校終わりに友達とご飯を食べたり飲みに行ったりしました。また、大学の図書館で友達一緒に勉強している時も休憩時間を合わせてコーヒーを飲みに行ったりと充実していました。土日や全休の日は勉強に加えジムに行ったり、ロンドンを散策していました。

大学のサポートセンター(ライティングセンター、チューターなど)

ライティングセンターやチューターは個人的に利用はしませんでしたが、教授のオフィスタイムに質問しに行ったり、CVなどを添削してもらいにCareer Support Centerはよく利用していました。

課外活動

KCL Lions Cheerleading and Gymnasticsに所属している。

留学生活の中で、最も良い思い出、大変だった思い出

良い思い出:Cheerleading teamのみんなで行ったクリスマスパーティー。 大変だった思い出:就職活動と学業の両立。(特に12月に面接で日本に一瞬帰国した時と4月のロンドンキャリアフォーラム時期)

一番の息抜きの方法

ファッション美術館に一人で行ったり、カフェで雑誌を読む、友達と街をウロウロする、動画・映画鑑賞

休み中の過ごし方

旅行をしている。 Societyの友達や寮の友達、授業からの友達などと出かけることもある。 課題も多いので一日中課題をする日もあるが、遊びと勉強のメリハリをつけることができ自分には合っている。

日本の家族、友人との連絡頻度

毎日ライン等で連絡をとっていました。電話やビデオ通話は時々していました。

学部授業

  • コース番号 :5SSMS223
  • 授業タイトル:Human Resource Management 
  • 単位数   :15 credits

授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど)

2hr lecture & 1hr tutorial/week

評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど)

Group Presentation: 30% 2hr Essay-type Exam: 70%

授業内課題、授業内チーム課題、テスト4つ

授業を通して学んだこと(授業内容)

人事がいかに会社の人材をマネージメントしているか。 社員一人ひとりのマネージメントがいかに会社全体の成功につながるかなど。 就職活動をする側として、人事がどのようなことを重視して人材選びをしているのかも学ぶことができた。 また、人事側としても会社にあった人材を確保することの難しさと重要性を学んだ。就職活動は、人事側も様々な工夫をして、戦略的に行っているものだと知った。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など

グループワークはやはり大変だった。人数も6人と多いため、ミーティングの時間を合わせるところから少し苦労したが、みんな仲良くなった。特に、二人の子たちとは授業外でもご飯に行くほど仲良くなった。 内容は、自分たちが一つのHRMコンサル会社になったという設定で、HRMに問題を抱えているクライアントに改善案を提案をするというものだった。プレゼンテーションとレポート提出が必要だった。

学部授業

  • コース番号 :4SSMN116 
  • 授業タイトル:Communication Skills  
  • 単位数   :15 credits 

授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど)

1hr lecture & 1hr tutorial/week

評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど)

Individual assignment: 45% (68/100) Team project: 45% Class participation: 10%

授業内課題、授業内チーム課題、テスト4つ

授業を通して学んだこと(授業内容)

将来就職活動をする上で必要なコミュニケーションスキルを身につけた。 面接や履歴書の書き方、効果的なプレゼンテーションの仕方、交渉をする際のポイントなど、非常に実践的なスキルを得ることができた。レクチャーで学んだことをチュートリアルでグループで実践して練習をするという流れ。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など

グループワークが大変だった。8人という大人数で、全員に都合の良いミーティングの時間を見つけるのも苦労したが最終的には毎週一回ミーティングをすることができていた。また、いかに効率よく役割分担をして、いつまでにどこまで終わらせるかなど、常に連絡を取りながら進めなければならない、特にチームワークが試される課題だった。内容は、選んだトピックについて、学問的文献などとリアルを比べるものだった。リアルな状況を検証するためには、独自にアンケートを行ったり、実際に企業のマネージャーにインタビューを行ったりした。

学部授業

  • コース番号 :6SSMN361 
  • 授業タイトル:Marketing Communication  
  • 単位数   :15 credits

授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど)

1hr lecture & 1hr tutorial/week

評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど)

Group project: 40%  Exam: 60%

授業内課題、授業内チーム課題、テスト4つ

授業を通して学んだこと(授業内容)

広告やPR、スポンサーシップなどを含むコミュニケーションマーケティング。実際に広告業界で働く先生が、実際に企業が行っているコミュニケーションマーケティングの例を用いて説明をしてくれる。 チュートリアルでは、自分たちで広告を持ち合ってグループで実際に分析をしていったりをする。 広告業界の特徴や、実際にどのような仕事を毎日行っているのかなどについても教えてくれるため非常に面白い。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など

5人のグループワークだった。一つのモジュールのグループプロジェクトにしては課題がとても多く、presentation, report, videoの提出が課題だった。内容は、消費財ブランド’Dove’の実際のケースを用いて、ある一つの商品を通してGeneration Zを獲得するためのマーケティングコミュニケーションの施策提案だった。実際に配信する動画を撮影したり、具体的なキャンペーンをプランしたりなど非常に難しいがやりがいのあるプロジェクトだった。また、レベル6の授業ということもあり、授業を受けている生徒がみなモチベーションも高く、チュートリアルでは他の生徒から学ぶことも多くあった。 授業内容も非常に盛りだくさんで少し難しいトピックもあったが、私が学びたいこととぴったりだったので、予習復習も頑張ることができた。

学部授業

  • コース番号 :6SSMN316  
  • 授業タイトル:Digital Marketing    
  • 単位数   :15 credits 

授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど)

2hr lecture/week, 1hr tutorial/2weeks

評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど)

Individual 2500words report: 75% Group project: 25%

授業を通して学んだこと(授業内容)

現代主流となってきたデジタルマーケティングについて、情報社会の現状や、消費者の心理面にも少々触れながら詳しく学ぶことができる。内容は盛りだくさんで少し専門的なことも入ってくるので難しいが、実際の例を挙げながらビジュアル多めで解説してくれるためわかりやすい。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など

グループワークは7人と少し多く、グループ内での連絡に少し苦労した。グループチャットをよく活用しプロジェクトを進めていった。内容は、実際にある会社が検討している案件を題材にしたものと、自分たちが新しくマーケットに参入する会社になった設定で施策提案を行うものがあった。 授業は、どちらかというとレクチャーに重きを置いていて、チュートリアルも少しレクチャーの延長のような感じだった。内容が盛りだくさんなので、特にしっかりと復習が必要な授業だった。

学部授業

  • コース番号 :5AAVC250  
  • 授業タイトル:Digital Popular Culture
  • 単位数   :15 credits

授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど)

1hr lecture & 1hr tutorial /week

評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど)

50% 2000 word report ×2(結果はまだ出ていません)

授業を通して学んだこと(授業内容)

毎週Music, Art, Food, Fashionなど異なるトピックをカバーし、それぞれがどうdigitalizationによって変化したかなどについて学びました。レクチャーにはその分野のプロフェッショナルがlecturerとしてきました。成績には入らない小さなグループプレゼンテーションも行いました。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など

こっちに留学しているからこそ撮れる授業を取りたいと思い履修しました。特に、tutorialでみんなで深くdiscussionをする時間が毎週楽しかったです。

学部授業

  • コース番号 :6AAVC401   
  • 授業タイトル:Digital Publishing 
  • 単位数   :15 credits 

授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど)

1hr lecture & 1hr tutorial /week

評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど)

100% 3000 word report(結果はまだ出ていません)

授業を通して学んだこと(授業内容)

どうdigitalizationが出版の分野に影響を及ぼしたかについて。さらに、ウェブサイトの作り方やその際に使えるオンラインツールなどpracticalなことも学びました。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など

出版の中でも雑誌とかについての内容を期待していたのですが、level6の授業ということもありかなり専門的な内容でついていくのが難しかったです。成績には入りませんが、自分たちでデジタルサイト/アプリを開発するという設定で行ったグループワークは楽しかったです。

学部授業

  • コース番号 :5SSMN221  
  • 授業タイトル:Markets, Organisation and Society
  • 単位数   :15 credits

授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど)

2hr lecture /week, 1hr tutorial /2weeks

評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど)

10% tutorial assessment, 90% 3500 word report(結果はまだ出ていません

授業を通して学んだこと(授業内容)

3人のlecturerが交代で担当します。世の中のあらゆるものにいかにマーケティングが生かされているか。対消費者の他に、政治活動、企業のCSR活動におけるマーケティングの役割について。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など

レクチャーが毎回2時間と長く、内容はそこまで難しくはないですが毎回の内容量が多いです。3500 word reportは、自分が選択した分野のprofessionalにインタビューをしたりレポートのビジュアルも重視されたりと比重が重めのレポートで大変でした。

学部授業

  • コース番号 :6SSMN312 
  • 授業タイトル:Brand Management   
  • 単位数   :15 credits  

授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど)

2hr lecture /week, 1hr tutorial /2weeks

評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど)

10% tutorial assessment, 30% 2000 word group report(結果:70%), 60% exam

授業内課題、授業内チーム課題、テスト4つ

授業を通して学んだこと(授業内容)

ブランド・エクイティ、ブランド・エヴァリュエーションなど。様々なtheoriesやmodelsに触れながら、それらが実際にどう実行されているのかを学びます。内容がとても濃く進むペースも速いので予習復習が大変ですが、実在するブランドを多く取り上げてわかりやすく教えてもらえます。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など

私がどうしても取りたい授業だったので、履修要件の授業を受けていませんでしたが教務課に頼んで履修させてもらいました。そこまでして取って良かったと思うくらい、内容が濃くぴったり学びたいことを学べたので非常に満足です。一つブランドを選びbrand auditを作成するというグループワークは時間が予想以上にかかり大変でした。

授業の課題の中で、特にがんばったもの、自信作

エッセイ・ペーパー 科目名:Markets, Organisation and Society 題材:Managing Brand Reputation in the Digital Age 内容:デジタル時代におけるブランドが直面しうるレピュテーションに関する課題点と様々なブランドが行う対処方法。消費者からの評価、ステークホルダー、そして会社内部からという3つの視点から書きました。 大変だったこと、やり遂げての感想: ステークホルダーと会社内の従業員からの視点は特に難しかったです。レポートを書く部分よりも、参考文献を集めたり、業界で働くプロフェッショナルの方にインタビューを行ったりするのが非常に時間がかかりました。レポート自体のビジュアルを工夫したりするのにも時間がかかりましたが、その分終わった時のやりがいは大きかったです。授業で学んだことをたくさん取り入れて書くので、このレポートを書くことで授業内容をより深く理解することができました。 プレゼンテーション 科目名:Brand Management 題材: Zara Brand Audit 内容: アパレルブランドZaraのbrand audit 大変だったこと、やり遂げての感想: グループプレゼンテーションとレポートが両方ありました。グループミーティングを何度も行ったり頻繁にアイデアを共有し合ったりする必要があったため、全体的にかなり時間がかかりました。また、Zaraがちょうどbrand logoを変えてrebrandingを図っていた時で、とてもタイムリーなトピックだったのでブランドの現状をフォローするのが難しかったです。結果的には、レポートは70%と高得点を得ることができました。プロジェクトを通してグループメンバーとも仲良くなることができ、新しい知見を得たり授業内容の理解も深めることができました。

学部授業を総括して、日本の授業と違う点、留学先国の授業の特色、自分が感じたこと

授業はそれぞれレクチャーとチュートリアルのセットになっているので、生徒が積極的に授業に参加をしたりディスカッションをする機会もたくさんあります。個人的に、レクチャーで得た知識をチュートリアルで応用する練習をして理解を深めることができるので、このシステムはとても自分には合っていました。履修した授業は基本的にすべて課題が重く、また内容も濃くペースも早いので、必然的に勉強量は日本よりも格段に増えます。しかし、こっちは学生がとてもindependentなので、課題や予習復習にかける時間も自分次第です。授業についていけるか・課題の点数・どれだけ授業から学ぶことができるかなども全て自分次第という印象を受けました。

JSAFサポートについて

サポート全体の感想

申込から出発までのJSAFによる英語勉強サポート

Pre Departure Orientation

気持ちの面で留学に向けて気合を入れる良い機会ではありました。

出発前オリエンテーションおよびEnglish Workshop

Practical informationが盛りだくさんだったので、一人暮らしが初めてだったり海外に初めて行く人もたくさんいる中で、非常に丁寧にこれから出国までの間にすることなどをリスト化して説明してくれたのでとても安心できました。

役に経ちました。海外大学の勉強が大変というのは言葉ではずっと聞いていて覚悟はしていましたが、自分一人では準備がしにくいことなので、English Workshopで少し気持ち面でも準備ができたと思います。

語学力について

留学開始当初と比べ外国語力はどのくらいついたと感じますか?

日本の大学でも英語で受ける授業はいくつかありましたが、こっちで全て英語で勉強することによって、アカデミックな語彙が以前より増えたように感じます。友達と話すことで、最近はやりの口語なども覚えました。

語学力上達のために、工夫したこと、努力したこと

ライティング

●苦労した点

途中、就職活動が本格的に進むに連れて日本語を読み書きすることが多くなったので、その後課題でレポートを書くときに単語が出てこなかったりしました。

●工夫した点

一人の時も日常的に物事を全て英語で考えるようにしたり、course materialsや本を読むことで感覚を取り戻しました。