JSAF協定大学PARTNER UNIVERSITY

ウーロンゴン大学

ウーロンゴン大学は、元はニューサウスウェルズ大学の工学に特化した分校として、1951 年に創設されました。地域における技術者の育成を通し、ウーロンゴンの産業に貢献をしてきた同大学は、その成果が州より認められ、ウーロンゴン大学として1975年に独立を果たしました。そうした背景から、工学・教育分野は非常に評価が高く、多くの優秀な学生がオーストラリア国内外から集まってきます。その他にも、科学・芸術分野に定評があり、これらの分野は世界ランキングで100 位以内にランクインするなど、世界的に見ても質の高い教育・研究がされていると言えるでしょう。大学全体としての評価も高く、QS World Ranking2017 では217 位に位置しています。キャンパスは非常に広大な面積を有し、近年は新しい施設の建設が進められているなど、リラックスした環境と充実した設備を兼ね備えた大学です。

キャンパスライフについて

ケイラ山の麓に位置するキャンパス内には、約40 のビルが点在しており、近代的な建物と自然豊かな環境が共存をしている開放的な学習環境が整っています。2008 年に新たに建設された図書館や、ジム、水泳施設など大学ならではの施設はもちろん、バーやレストラン、銀行、郵便局、映画やコンサートを行う多目的ホールなど、生活をするのに必要な施設が揃っているため、快適なキャンパスライフを過ごすことができます。学生寮も充実しているので、希望するほとんどの学生が寮滞在をすることができます。寮では、3 人の留学生に対し1 人のオーストラリア人学生が生活をするように計画されています。

ウーロンゴン

ウーロンゴンは、シドニーから南に電車で1時間半のところにある、人口約30万人のオーストラリアで9 番目に大きな町です。以前は鉄鋼業で栄えていましたが、現在は美しいビーチと山々に囲まれ、大学を中心に発展をしています。市内にはシャトルバスが複数ルート走っており、学生は無料で利用することができます。スポーツも非常に盛んで、サーフィンやダイビングなどのマリンスポーツに加え、ラグビーやバスケットなどはプロチームを保有しています。街はコンパクトながら過ごしやすく、落ち着いた環境でしっかり勉学に取り組むことができます。少し足を延ばすと、乗馬やファームステイを楽しむことができたり、湖やキャンプ場などがあります。シドニーやベルボルンなどの都市に比べると物価が安く生活費を抑えることができるため、非常に生活しやすい環境が整っています。

大学参考データ

場所

Wollongon

町の人口

約290,000人

大学タイプ

公立

学生数

約20,500人

留学生数

約7,566人

学期制

セメスター制

語学研修機関

あり (On Campus) UOW College

平均気温

冬:17℃ 春:23℃ 夏:27℃ 秋:20℃

留学プログラム

SAP、FLAP

SAPコース内容

出願基準

学部スタート:GPA 2.7 IELTS 6.0 (RW6.0) TOEFL 79 (RW18)

語学スタート:GPA 2.7  春【IELTS 5.0 (RW5.0)~ 】 秋【IELTS 5.0 (RW5.0)~ 】  

履修科目例

FLAPコース内容

ウーロンゴン大学のGeneral English Course は、学生の英語力に応じて初級から上級までの5 レベルに分けられています。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングといった4 技能に重点を置いたプログラムであると同時に、日常生活や職場におけるコミュニケーション手段としての英語を幅広く学びます。レベル1 ~ 3 では、仕事、学業、旅行などの国際的なコミュニケーションが取られる場面で役立つ単語や文法に焦点を当てながら、それに付随するリー
ディングやライティングタスクに取り組みます。レベル4~5 では、アカデミックレベルのスピーキング力やリスニング力を身につけることを目的としており、国際社会やビジネス環境で必要な単語・英語表現について学びます。また、基礎英語スキルや発音などのワークショップや、ボランティア活動や課外活動など、授業外でも語学力向上に取り組める環境が整っています。

語学研修機関名

語学研修機関

UOW College

入学時期

年8回(1月、2月、4月、5月、7月、8月、10月、11月)

時間数

20時間

レベル

5 レベル

国籍

日本、中国、韓国、サウジアラビア、ベトナム など

平均クラス数

15人

滞在方法

ホームステイ、学生寮(キャンパス内)

アクティビティ

市内観光、ショッピング、サーフィン、スカイダイビング、ロッククライミング など