大学別JSAF留学・学内説明会情報EVENT

2020年後期 IELTS Basic Course コース 受講生専用ページ

こちらのページは、2020年後期 明治大学 IELTS Basic Course コース受講生専用ページです。受講予定の方には、別途JSAFよりメールが届きます。

★IELTS Basic Course スピーキングコース 専用ページ
★IELTS Basic Course ライティングコース 専用ページ

保護中: 2020年後期 IELTS Basic Course Writingコース 受講生専用ページNEW

※こちらのページは、2020年後期 明治大学 IELTS Basic Course Writing コース受講生専用ページです。パスワードは、外部に漏らさないようお願いいたします。

2020年後期は、Zoomを使用したオンライン講座になります。受講生の皆様には、ぜひ積極的に講義にご参加いただき、目標としているIELTSスコア達成に向けて取り組んでいただければと思います。何かご不明な点があれば、早めに講師に相談・質問してください。

IELTS講座受講にあたって~インターネット環境~

表示 大学別JSAF留学・学内説明会情報

できるかぎり対面授業と同じようなライブ感のある授業を行うため、今回のオンライン講座では、受講生の皆さんにはビデオオン(画面に顔が映る状態)で参加いただきます。タブレットやスマートフォンでの参加も可能ですが、なるべくパソコンでの受講をお願いいたします。

講座ログイン方法

開始5分前になりましたら、こちらよりログインしてください。
ミーティングIDは、859 8247 9222 を入力してください。

★注意事項★
・受講場所について:ご自宅等のインターネット環境の整った場所および周りが静かな場所よりご参加ください。公衆の場や屋外はご遠慮ください。
※インターネット環境に関するトラブルについては、JSAFは責任を負えません。
・音声について:内蔵マイク(または外付け)の確認をしてください。
・映像について:内蔵カメラ(または外付け)の確認をし、映像をオンにてください。
・前日までに追加資料がないか下記【追加資料】を確認してください。
・筆記用具をご準備ください。
・パソコンなどの充電をあらかじめ確認しておいてください。途中で充電が切れないよう、事前にフル充電しておいていただくか、アダプターに接続してご利用いただくことをお薦めします。
・パソコンでのログインを推奨しますが、どうしてもタブレット/スマートフォンを使用される場合は、無料アプリ【Zoom】を事前にダウンロードのうえインストールを完了しておいてください。なお、Zoomアプリのバージョンが古いと正しく動作しないことがありますので、必ず最新バージョンをインストールするようにしてください。
・出欠確認ならびにZoom上で先生がすぐに皆さんのお名前を確認できるよう、Zoom入室時の表示名は、必ず氏名ローマ字表記(例:Hana Tanaka)で設定してください
・Writingでは課題提出のため、ワード(Word)を使用します。

<その他Zoomについて>
・Zoomについて https://japanstudyabroad.org/counseling/zoom/

IELTS Basic Course Writing コーススケジュール

こちらのページは、【Writing】コースを受講する方のページです。今後のスケジュールは、下記をご確認ください。

追加資料

こちらには、各講義で使用予定の追加資料をアップロードしていきます。各授業の前日までに更新いたしますので、各自必要分をダウンロードの上、講座に臨んでください。
(更新日:10月19日)

19 October
ライティングWeek 3
※今週の課題(ライティングのボディを書く)ですが、可能な方は21日(水)までにご提出いただけますでしょうか。    全体的に良い書き方や改善すべき点をシェアし、フィードバックを行いたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

<提出方法>
ワードファイルに回答をまとめ、ファイル名をローマ字表記で自分の名前で保存。 english@japanstudyabroad.org までメール添付でご提出ください。

14 October
ライティングWeek2 p.74 Task 2

7 October(事前課題) 

ライティング Week 1 
Academic rules ①
ライティング文法・語彙セルフチェックシート
Academic Collocation List
※講座の開始日までに資料(ライティング Week 1)のp.1~3(要10-15分程度)までを読んでおいてください。その他は当日取り扱います。
※資料はダウンロードorプリントアウト(書き込む場合)お願いします。Academic Collocation Listはページが多いのでご承知おきください
※その他の基本情報は事前に調べておいてください(IELTSとライティングの基本情報)

IELTS Progress Check ※11月12日までに結果が出るように受験してください。

この講座には、【IELTS Progress Checkについて】というIELTS模擬試験が含まれております。より講座の効果を図るため、受講者の皆さまには、IELTS Progress Checkを11月12日(木)の授業までに結果を担当講師へお知らせできるよう、受験してください。

【IELTS Progress Checkについて】
IELTS Progress Check(オンライン模擬テスト)は、今回の講座に含まれているもので、IELTSの専門採点者による評価付きのオンライン模擬テストを受けることができます。公式なフィードバックレポートにより、テスト全体および分野ごとにバンドスコアの目安が分かり、また得意分野と、力を注いで勉強すべき分野を知ることができます。今回の講座で学ばれたTipsを実践できる機会でもありますので、必ず受けてください。※下記参考動画参照

【IELTS Progress Checkのスタート方法】
後日メールにて詳細をお送りいたします。

【IELTS Progress Checkよくある質問】 

資料②も合わせてご確認ください。全ての分野を回答後、一度だけ回答結果を送信できます。その後5営業日以内にIELTSプログレス・チェックのレポートが送られます。

・IELTS プログレスチェックをするのにどのくらい時間がかかりますか?

およそ3時間かかります。

・テスト中、自分の答えを見直すことはできますか。

はい。自分のペースで進め、回答を見直すこともできます。ただし、本番のテストではそれぞれの分野ごとに回答を修正する時間はありますが、一度次の分野に進んだら前に戻ることはできません。このようにして、本番同様のテストを経験することが(そして本来のスコアを得ることが)できます。可能な限り、本番のテストと同じ条件を追求することをお勧めします。

・テストの途中でやめてしまったり、アクセス不能になった場合はどうなりますか。

大丈夫です。ブラウザの履歴やブックマーク、あるいは登録メール内のリンクからIELTSプログレス・チェックに戻ってください。回答済みの内容は保存されています。ただし技術的な制限により、リスニングおよびスピーキングについては初めから録音がやり直しになります。ただし、すでにすべての録音を終えて送信済みの場合は、そちらが保存されます。

・テストを受けてから、どのくらいで結果が届きますか?

IELTSプログレス・チェックのレポートにはバンドスコアの目安と採点のフィードバックが含まれ、回答後5営業日以内にわかります。結果の確認は、https://ieltsprogresscheck.idp.janisoncloud.com/auth/accesscode よりコードを入力すると閲覧や結果のダウンロードができます。

※より詳しいよくある質問はこちら(英文)https://ieltsprogresscheck.com/faq/

以上です。何かご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

【重要】Writingタスクについて

当講座の効果をより高めるため、Writingタスクにチャレンジしていただきます。提出されたタスクについては、IELTS Expertが実際に添削し、フィードバックを添えて後日皆様に返却いたしますので、実際にIELTSのWritingテストを受けているつもりで真剣に取り組んでください。詳細は講座最終日にお知らせします。

修了証発行について

当講座受講の証として、修了証を発行します。修了証は電子データで発行され、Eメールで受講者にお送りします。
※受講者の出席状況が著しく不足していると大学及びJSAFが判断した場合、修了証は発行されません。

その他、IELTS受験お役立ち情報

★JSAF【Support Tool】を事前にダウンロードしてください。※パスワードはメールでお送りしています。
IELTSテスト日程・予約 https://jsaf-ieltsjapan.com/ielts/application/
★ペーパーとコンピューターどちらでIELTSを受験しますか?https://jsaf-ieltsjapan.com/ielts/cdielts/
★IELTSスピーキング試験サンプル動画: https://jsaf-ieltsjapan.com/ielts/useful/speaking/
★IELTSサクセスストーリー https://jsaf-ieltsjapan.com/ielts/useful/success_story/(IELTS受験を経て、留学を成功させた学生たちの体験談です。)
★ワンポイントアドバイス https://jsaf-ieltsjapan.com/ielts/useful/advice/

保護中: 2020年後期 IELTS Basic Course Speakingコース 受講生専用ページ終了しました

※こちらのページは、2020年後期 明治大学 IELTS Basic Course Speaking コース受講生専用ページです。パスワードは、外部に漏らさないようお願いいたします。

2020年後期は、Zoomを使用したオンライン講座になります。受講生の皆様には、ぜひ積極的に講義にご参加いただき、目標としているIELTSスコア達成に向けて取り組んでいただければと思います。何かご不明な点があれば、早めに講師に相談・質問してください。

IELTS講座受講にあたって~インターネット環境~

できるかぎり対面授業と同じようなライブ感のある授業を行うため、今回のオンライン講座では、受講生の皆さんにはビデオオン(画面に顔が映る状態)で参加いただきます。タブレットやスマートフォンでの参加も可能ですが、なるべくパソコンでの受講をお願いいたします。

講座ログイン方法

開始5分前になりましたら、こちらよりログインしてください。
ミーティングIDは、856 4439 9612 を入力してください。

★注意事項★
・受講場所について:ご自宅等のインターネット環境の整った場所および周りが静かな場所よりご参加ください。公衆の場や屋外はご遠慮ください。
※インターネット環境に関するトラブルについては、JSAFは責任を負えません。
・音声について:内蔵マイク(または外付け)の確認をしてください。
・映像について:内蔵カメラ(または外付け)の確認をし、映像をオンにてください。
・前日までに追加資料がないか下記【追加資料】を確認してください。
・筆記用具をご準備ください。
・パソコンなどの充電をあらかじめ確認しておいてください。途中で充電が切れないよう、事前にフル充電しておいていただくか、アダプターに接続してご利用いただくことをお薦めします。
・パソコンでのログインを推奨しますが、どうしてもタブレット/スマートフォンを使用される場合は、無料アプリ【Zoom】を事前にダウンロードのうえインストールを完了しておいてください。なお、Zoomアプリのバージョンが古いと正しく動作しないことがありますので、必ず最新バージョンをインストールするようにしてください。
・出欠確認ならびにZoom上で先生がすぐに皆さんのお名前を確認できるよう、Zoom入室時の表示名は、必ず氏名ローマ字表記(例:Hana Tanaka)で設定してください

<その他Zoomについて>
・Zoomについて https://japanstudyabroad.org/counseling/zoom/

IELTS Basic Course Speaking コーススケジュール

こちらのページは、【Speaking】コースを受講する方のページです。今後のスケジュールは、右記をご確認ください。

追加資料

こちらには、各講義で使用予定の追加資料をアップロードしていきます。各授業の前日までに更新いたしますので、各自必要分をダウンロードの上、講座に臨んでください。
(更新日:10月20日)

20 October

IELTS Master Speaking
Part 3 Practice
OG Test 1 Task 4

13 October

Better Connectors, Better Fluency
Filler
質問をリピートしてほしい時の表現

6 October

Day1 IELTS講座概要
文+α

IELTS Progress Check ※11月8日(日)までに結果が出るように受験してください。

この講座には、【IELTS Progress Checkについて】というIELTS模擬試験が含まれております。より講座の効果を図るため、受講者の皆さまには、IELTS Progress Checkを11月8日(日)の授業までに結果を担当講師へお知らせできるよう、受験してください。

【IELTS Progress Checkについて】
IELTS Progress Check(オンライン模擬テスト)は、今回の講座に含まれているもので、IELTSの専門採点者による評価付きのオンライン模擬テストを受けることができます。公式なフィードバックレポートにより、テスト全体および分野ごとにバンドスコアの目安が分かり、また得意分野と、力を注いで勉強すべき分野を知ることができます。今回の講座で学ばれたTipsを実践できる機会でもありますので、必ず受けてください。※下記参考動画参照

【IELTS Progress Checkのスタート方法】
後日メールにて詳細をお送りします。

【IELTS Progress Checkよくある質問】 

資料②も合わせてご確認ください。全ての分野を回答後、一度だけ回答結果を送信できます。その後5営業日以内にIELTSプログレス・チェックのレポートが送られます。

・IELTS プログレスチェックをするのにどのくらい時間がかかりますか?

およそ3時間かかります。

・テスト中、自分の答えを見直すことはできますか。

はい。自分のペースで進め、回答を見直すこともできます。ただし、本番のテストではそれぞれの分野ごとに回答を修正する時間はありますが、一度次の分野に進んだら前に戻ることはできません。このようにして、本番同様のテストを経験することが(そして本来のスコアを得ることが)できます。可能な限り、本番のテストと同じ条件を追求することをお勧めします。

・テストの途中でやめてしまったり、アクセス不能になった場合はどうなりますか。

大丈夫です。ブラウザの履歴やブックマーク、あるいは登録メール内のリンクからIELTSプログレス・チェックに戻ってください。回答済みの内容は保存されています。ただし技術的な制限により、リスニングおよびスピーキングについては初めから録音がやり直しになります。ただし、すでにすべての録音を終えて送信済みの場合は、そちらが保存されます。

・テストを受けてから、どのくらいで結果が届きますか?

IELTSプログレス・チェックのレポートにはバンドスコアの目安と採点のフィードバックが含まれ、回答後5営業日以内にわかります。結果の確認は、https://ieltsprogresscheck.idp.janisoncloud.com/auth/accesscode よりコードを入力すると閲覧や結果のダウンロードができます。

※より詳しいよくある質問はこちら(英文)https://ieltsprogresscheck.com/faq/

以上です。何かご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

修了証発行について

当講座受講の証として、修了証を発行します。修了証は電子データで発行され、Eメールで受講者にお送りします。
※受講者の出席状況が著しく不足していると大学及びJSAFが判断した場合、修了証は発行されません。

その他、IELTS受験お役立ち情報

★JSAF【Support Tool】を事前にダウンロードしてください。※パスワードはメールでお送りしています。
IELTSテスト日程・予約 https://jsaf-ieltsjapan.com/ielts/application/
★ペーパーとコンピューターどちらでIELTSを受験しますか?https://jsaf-ieltsjapan.com/ielts/cdielts/
★IELTSスピーキング試験サンプル動画: https://jsaf-ieltsjapan.com/ielts/useful/speaking/
★IELTSサクセスストーリー https://jsaf-ieltsjapan.com/ielts/useful/success_story/(IELTS受験を経て、留学を成功させた学生たちの体験談です。)
★ワンポイントアドバイス https://jsaf-ieltsjapan.com/ielts/useful/advice/