JSAF派遣生留学体験談JSAF EXPERIENCE

武蔵野大学 グローバル学部グローバルコミュニケーション学部3年

  • 留学先 :サンフランシスコ州立大学
  • 留学時期:2017年8月~2018年5月
  • 留学期間:(約10ヶ月)

大学キャンパスの設備、雰囲気

大学の雰囲気はとても明るく、生徒も元気のある人がたくさんいて楽しんでいる感じです。図書室が新しいという事もあり大きくて綺麗です。また、キャンパスも広いです。

大学のある街・治安

大学の近くには、寮や住居がたくさんあり、また近くにはMacy’s などのスーパーがあるため買い物をするのにもとても便利な場所です。そのため、周りには多くの学生が住んでいます。キャンパス内には多くの学生の他に、一般の人々もたくさんいるため、治安は悪くないと思います。キャンパス外はたまにホームレスの人たちがいるので、キャンパス内に比べてより気を付けて行動していました。

学生同士の交流・友人関係

語学学校が主催するプログラムに参加したりして、留学生や現地学生の人々と交流しました。また、友人から紹介された、そのまた友人と交流する機会は多くありました。(一緒に食事をしたり、パーティをしたりなど) 学校スタッフについて、教えてください。

滞在(ホームステイまたは学生寮)

ホストファザー・ホストマザーとの3人で一緒に過ごすことが多かったです。食事が日本のものとは異なっていたためそれを食べるごとに異文化体験をする事ができている感じがして良かったです。しかし、1日にお風呂に一回しか入る事ができなっかたのは最初とてもきつかったです。

留学の目的について

人見知りを克服する。日常会話の中で英語を使えるようにする。

留学を通して身に付いた、成長したと感じる点

日常生活程度の英会話能力が身につきました。人見知りが克服できました。

留学を通しての現在の想い

一年だけで語学を習得する事は容易ではないと感じました。人それぞれだとは思いますが、行く前も、行っている最中も、自分自身がどれだけ本気で習得したいかになってくるので、しっかり勉学を怠らず、なおかついかにその環境での生活を楽しめるかが、留学生活において大事なだと感じました。私は、もっと海外に行って、いろんなものを見たり聞いたりして、この留学生活で学んだ事を生かし、向上させていきたいです。留学でお世話になった方々や、留学をするにあたって携わった方々に、感謝の気持ちを忘れず、これから残りの学生生活を過ごしていけたらと思っています。

今後の進路、目標について

留学中に学んだ事を忘れないよう、現地で知り合った人たちと、メールのやりとりをするなどをして。英語を話す機会を自ら作りたいです。英語をこれからもっと話せるようにするために、英語を使った職業に就職できればと考えています。

同じ大学へ留学する後輩へのメッセージ、知っておいたほうが良いこと

サンフランシスコの街はとても綺麗で住みやすいですが、場所によってはあまり近寄らない方が良いエリアもあるので、夜遅くで歩くことはお勧めしません。また、予想以上に物価が高いので、買い物するときは気をつけたほうがいいかと思います。

学校のおすすめポイントを教えてください。また、どんな方にこの学校での留学をおすすめしたいですか。

ここの大学はインターナショナルの学生がたくさんいるため、様々な国籍の人々と交流する事が可能です。また、中国に興味がある方、または中国語を学びたいと思っている方には、とてもいい場所だと思います。なぜなら、中国のコミュニティが大きく、英語と中国語の両方を学ぶ事が可能だからです。サンフランシスコの気候は温暖で、海が近くにあるため、海や夏が好きな人にも、まさにもってこい!の場所です。

渡航前に日本で準備しておけば良かったこと

基本的な英語をもっと勉強しておけば、早い段階で上のクラスに行く事ができたんじゃないかと感じます。(文法や日常会話など)

日本から持ってくれば良かった物

日本食

学生生活

1日の勉強時間と勉強場所(宿題など)

1日平均で2時間以上は勉強しました。また、場所は図書館を多く利用しました。

学校スタッフについて、教えてください。

学校スタッフには日本人の人が一人いて、その他にも日本語を話せる人が数人いるため、困った事があったらすぐに助けてくれました。また、何か困った事があれば学校の事だけでなく、様々なことで手助けをしてくれるので、とても良かったです。

学校のおすすめポイントを教えてください。また、どんな方にこの学校での留学をおすすめしたいですか。

ここの大学はインターナショナルの学生がたくさんいるため、様々な国籍の人々と交流する事が可能です。また、中国に興味がある方、または中国語を学びたいと思っている方には、とてもいい場所だと思います。なぜなら、中国のコミュニティが大きく、英語と中国語の両方を学ぶ事が可能だからです。サンフランシスコの気候は温暖で、海が近くにあるため、海や夏が好きな人にも、まさにもってこい!の場所です。

留学生活の中で、最も良い思い出、大変だった思い出

良い思い出:たくさんの人たちと出会うことが出来ました。英語だけではなく、大切な人とのコミュニケーションの取り方を学ぶ事ができたんじゃないかと思います。

大変だった思い出:初めての海外という事もあり、全ての事が不安でしかなかったため、最初はとにかく何もかもが大変でした。

一番の息抜きの方法

ルームメイトや友人たちとホームパーティーをして楽しんだ事です。

日本の家族、友人との連絡頻度

二週間に一度のペースで、ライン等のアプリを使って連絡をとっていました。

授業の課題の中で、特にがんばったもの、自信作

面白かった授業とその内容

授業名:grammar

理由:学ぶ事がたくさんあったし、英語でやる事でより理解でき、基本的な文法を学びました。

頑張った授業とその内容

授業名:writing & reading 

理由:最初は基礎英語能力がなかったので指名された時に自分の意見がなかなか言う事ができなかったです。

苦労した授業とその内容

授業名 listening & speaking

理由:英語を使って発言する機会がたくさんあったので、それを考えるのがとても大変でした。プレゼンをしたり、ノートテイキングの仕方を勉強しました。

学部授業を総括して、日本の授業と違う点、留学先国の授業の特色、自分が感じたこと

日本で英語を学ぶよりアメリカで学ぶ方が理解しやすいし、またやった内容を吸収しやすいと思いました。習った内容をすぐ私生活で使う事ができるからだと思います。また、英語で英語を学ぶという事は、日本語に変換して考える事をしなくていいため、より最短距離で英語を理解する事が出来ると感じました。英語を英語で学ぶ事が、こんなにも習得していく上で便利なんだと気づきました。これからも英語で英語を学びより英語能力を磨いていきたいです。

語学力について

留学開始当初と比べ外国語力はどのくらいついたと感じますか?

リスニングはとても鍛えられました。また、旅行に行っても困らないレベルの英語力を身につける事ができました。しかし、緊張していると、全く能力を発揮する事ができないので、そこを修正したいと思います。

語学力上達のために、工夫したこと、努力したこと

リスニング

苦労した点:相手の言っている事が全く理解できなかった。

工夫した点:キャンパス内で会話をしているネイティブの人たちの会話を注意深く聴いて耳を鍛えました。

リーディング

苦労した点:正しい発音をすることが難しかった。

工夫した点:積極的に音読をするようにしました。

ライティング

苦労した点:文法が全くできなかったので、文章構成がうまくできなかった。 工夫した点:文法クラスで習った事を何度も何度も復習しました。

スピーキング

苦労した点:自分の考えている事や思っている事を話せなかった。

工夫した点:自分が知っているシンプルな単語を使って、積極的に話すように心がけました。