JSAF派遣生留学体験談JSAF EXPERIENCE

神戸市外国語大学外国語学部第二部英米学科3年

  • 留学先 :アイルランド国立大学ダブリン校
  • 留学時期:2022年秋派遣
  • 留学期間:2022年8月~2023年5月

留学の目的は何でしたか。

英語力を向上させ、異文化の理解に努めること。

上記の目的は達成されましたか。

達成されました。

大学のある街・周辺の環境はどうでしたか。

大学周辺は住宅街ですが、キャンパスからは中心街へ向かうバスが頻繁に出ているので便利です。

学生同士の交流・友人関係について教えてください。

クラスメイトの留学生と交流する上では、週末にパブやハイキングに出かけたりしながら、一緒に過ごす時間を増やすことを心がけました。

大学キャンパスの設備や雰囲気。

広々とした敷地で緑も多く、いつも多国籍の学生で賑わっています。よく利用していたのは学校内のパブで、友達とサッカー観戦やランチをしたのが思い出に残っています。

キャンパス内外の治安はいかがですか。

UCDはダブリンの中心街からバスで南に20分ほどのエリアにあり、住宅も多いため治安は良好です。

現地大学周辺のおすすめスポットはありますか。

Dundrum Town Centreはアイルランドで一番大きいショッピングモールと言われており、UCDからも20分ほどでアクセス可能なため、放課後のショッピングにおすすめです。

学校のおすすめポイントを教えてください。

様々な国の学生が学んでいる点が魅力的です。ダブリンは想像以上に多国籍な地域で、UCDにはその知名度もあってか世界各国からが留学生が集まっています。ヨーロッパでの暮らしに関心がある人、多様な国の人と交流したい人におすすめです。

学校スタッフについて、教えてください。

スタッフの方々はフレンドリーで、問題や相談事があったときに限らず、いつも気さくにお話ししてくださいました。

担当の教師について、教えてください。

教師陣は経験豊富で、私のクラスを6ヶ月間担当してくださった先生はアイルランドのネイティブの方でした。文学に精通していることもあり、単語や文法の細かいニュアンスに焦点を当てた授業がとても面白かったです。

学生生活について

1週間のおおまかなスケジュールを教えて下さい。

月・木:授業(9:00‐13:00)夕食(18:00)

火・水・金:授業(9:00-13:00)ジム(15:00-17:00)夕食(18:00)

土・日:夕食(18:00)

友達、クラスメイトとの交友関係、付き合い方を教えて下さい。

留学生活の8ヶ月間を通して10カ国以上の国の人達と交流しましたが、特に仲良くなったのはモンゴルと中国の友達です。最初はお互いの国の文化や慣習に戸惑うこともありましたが、付き合いが深くなっていくにつれて「外国人」としてではなく「一人の人」として関わることの大切さを実感するようになりました。何でも相談しあえる友達ができたことは、かけがえのない経験です。

留学生活の中で、最も良い思い出、大変だった思い出をそれぞれ教えて下さい。

良い思い出:留学中にできた親友と一緒に大晦日と元旦を過ごしたこと。

大変だった思い出:日本食が恋しくて仕方がなく、スーパーで買ったお寿司を食べたもののクオリティにがっかりしてしまい、余計に寂しくなったこと。

一番の息抜きの方法は何ですか。

週末にハイキングに出かけることです。アイルランドは自然が豊かで、ダブリンから少し郊外の方に出れば、たくさんの絶景スポットがあります。特に大好きだったのはHowthで、3時間かけてハイキングコースを歩いたこともありました。

課外活動には参加しましたか? 参加した場合は、内容や感想を教えてください。

毎週金曜日に行われていた博物館の見学ツアーによく参加していました。クラスメイト以外の留学生とも知り合いになり、交流が広がりました。また最近はクラスメイトとPodcastの収録を始めました。近々学校の公式チャンネルとなる予定です。

日本の家族、友達とはどのくらいの頻度で、どのように連絡をとっていましたか。

家族とは週に3回ほどビデオ通話をしていました。

留学先に持って行った方がよかったもの、持っていけばよかったもの、不要だったものなどあれば教えてください。

持っていって良かったもの:洗濯ネット/洗濯ばさみ、フリーズドライの食品/お茶、エコバッグ、ミニほうき/ちりとり

持っていけばよかったもの:特になし。

不要だったもの:文房具、単語帳(日本語)、電子辞書

コロナ禍での留学で、苦労したこと、大変だったこと、またコロナ禍の留学だからできたことや良かったことを教えてください。コロナ禍での生活で工夫したことなどもあれば教えてください。

日本人の学生が少ない環境で学習に専念できた点がよかったと感じました。大変だったのは情報収集です。外国人登録や銀行口座開設などに関して、コロナ禍以前の情報と実際の状況が異なることもしばしばありました。

寮(ホームステイ)生活/ルームメイト(ホストファミリー)についてお書きください。

ホストファミリーやルームメイト(フロアメイト)の関係について(どんな方でしたか?ルールなどはありましたか?コミュニケーションをとる上で工夫した点)

ホストマザーは料理が得意で、毎日色々なジャンルの料理を作ってくださいました。ルールは特にありませんでしたが、帰宅時間や週末の予定など、日頃からこまめに連絡をとるように心がけました。

食事はどのようにとっていましたか?(場所や時間、食べていたものなど)

朝食はシリアルとバナナ、夕食はホストマザーの作ってくれる料理を食べました。昼食に関しては、大学内のカフェテリアは毎日利用するには高くついてしまうので、パンとチーズ/ハムをスーパーで購入し、サンドイッチを作って学校に持って行っていました。休日の食事は基本的にブランチと夕食の2回でした。

生活費(月のお小遣いはどのくらいでしたか)

3万円ほど

滞在環境について、教えてください。(備え付けのあったもの、現地で調達したものなどあれば)

現地で調達した主なものは、ヘアドライヤーとバスタオル、ティッシュです。私の部屋は日当たりがよく、鏡のついた机がお気に入りでした。

 

履修した授業の課題の中で、特に面白かったもの、頑張ったもの、苦労したものについて教えて下さい。

面白かった授業とその内容

授業名  Teaching grammar to your classmates                     

理由・内容

1週間で学習した文法の項目について、少人数のグループを作ってお互いに教え合う。ホワイトボードやポスターを用いながら、視覚にもアプローチする。プレゼンテーションスキルを磨きながら、学習内容への理解を深められたから。

頑張った授業とその内容

授業名  Creating Podcast                     

理由・内容 

語学学校公式(仮)のポッドキャストを録音し、話した内容を聴き直して、よかった点・努力が必要な点を振り返る。即興スピーチのスキルを向上させる良いきっかけになったため。

苦労した授業とその内容

授業名    ディベート                          

理由・内容 

教育システムやAIテクノロジーの是非など、テーマは教科書の単元に沿ってきめられる。短い時間で相手チームを説得させられる主張を考え、相手の意見に対して反論できる力が必要なため、即興スピーチの練習の中でも特に難しいと感じた。

学部授業を総括して、日本の授業と違う点、留学先国の授業の特色、自分が感じたことなどを自由にお書き下さい。

日本の授業と大きく異なった点は、学生の好奇心を生かした授業を展開している点です。担当の先生は、授業中に学生から受けた質問に多少トピックから逸れることがあっても回答し、関連のある単語や表現を紹介してくださることがよくあります。自分の興味のある分野だと理解のしやすさも大きく変わってくるので、効率の良いアプローチだと感じます。

語学力について

留学開始当初と比べ英語力はどのくらいついたと感じますか?

開始当初は日常会話もままなりませんでしたが、留学終了を控え、今ではネイティブスピーカーともある程度自信を持って会話できるようになったと感じます。留学中にできた友達と学校や電話で毎日色々な話をしたのが、一番の練習になりました。

英語力向上させる上で苦労した点はどのような点ですか? また、ご自身で工夫した点はどのようなところですか?

リスニング

●苦労した点:ネイティブの自然な会話のスピードについていく点。

〇工夫した点:通学中はPodcastやTed Talkを聴き、日頃から耳を慣らすように心がけた点。

リーディング

●苦労した点:速読

〇工夫した点:読み始める前に大まかな主張を掴むことを意識した点。

ライティング

●苦労した点:文章の中で主張を一貫させる点

〇工夫した点:「各段落にトピックセンテンスを置き、その後に具体例と説明を加える」という書き方を意識した点。

スピーキング

●苦労した点:即興スピーチ

〇工夫した点:1-2分の短いスピーチを録音して聴き返す。

勉強するのに役立つ教材や方法など

スピーキングにおいて「頭に思い浮かんだ日本語をそのまま英語に翻訳するのではなく、一度簡単な言葉に置き換えてから英語に直す」という方法を心がけるようにしていました。

留学全体を総括して

留学を通して身に付いた、成長したと感じる点はどんなところですか。

人の目を気にしなくなったところ。自分に自信を持てるようになった点。

留学先の国、大学について、出発前と考え方やイメージが変わった点はありますか。

アイルランドは想像していた以上に多国籍な国だと感じました。

これからの目標、進路についてはどのように考えていますか。

一時帰国後アイルランドでの留学を延長し、EU圏内で大学に出願する予定です。

同じ大学へ留学する後輩へのメッセージ、知っておいたほうが良いことを教えて下さい。

UCDはたくさん学びたい留学生を応援してくれる素敵な学校です。最高の留学生活を送ってください!

留学全体を総括して

留学を通しての現在の想いについて、自由に書いて下さい。

長いようであっという間だった35週間ですが、大好きな友達と大好きな景色・街に出会えた最高の8ヶ月間でした。英語力にも自信が持てるようになり、目標にしていたヨーロッパ圏の大学への進学も現実的になったと感じています。これからも語学力・コミュニケーションスキルを向上させ、さらにパワーアップしてアイルランドへ戻って来たいです。

JSAFサポートについて

JSAFのこういうサポートが良かった、対応が良かった、紹介された留学先がぴったりだったなど。

留学カウンセリングで希望の条件をお伝えした際にアイルランドをお勧めしていただき、直感で「ここに行きたい!!」と感じたため、ダブリンへの留学を決意しました。今では、アイルランドは私の第二の故郷とも言える場所です。素敵な出会いを叶えてくださったJSAFの皆さんに感謝しています。また留学中も、定期報告へのお返事を読むのが楽しみの一つになっていました。沢山の温かいサポート、ありがとうございました!

大学の情報はこちら