TOP > 留学情報・留学体験談 > JSAF派遣生留学体験談 > 年度別留学体験談 > カリフォルニア州立大学チコ ’14春派遣生No.4

’14春派遣学生 カリフォルニア州立大学チコNo.4

最終留学レポート 

○留学生活を振り返って 

1. 留学の目的は何でしたか。

語学力の向上と、私が在籍している日本の大学ではできない観光学を学ぶこと。
 
2. 上記の目的は達成されましたか。

どちらも目標を達成できたかどうかは今の時点ではわかりませんが、やれることはやりました。 

 

○今学期履修した科目について 

科目名: JOUR210 Popular Culture, Media and American Values  3単位 
これまでの成績: 80%
授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど): レクチャー
評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど): 

ほぼ毎週あるオンライン課題、3回のイグザム、期末テスト
授業を通して学んだこと(授業内容):
文化とは何か、それがどうやって作られどのように広まっていくのかをマスメディアや宗教、政治等の様々な観点から学びました。
全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など: 
教材は教授が作ったウェブサイトで、関連した最新の物から古いものまでビデオや写真がたくさん載っています。自分が知っているニュースや歌手がでてきて、教授の話も興味深く非常に楽しく学べました。
アメリカの文化なので人物や出来事などわからないところもあり、授業の内容を理解するためによくインターネットで調べなければいけなくて苦労しました。また、教授は早口で、よく難しい単語を使うので理解できないこともありましたが、良いリスニングの練習になりました。

 

科目名:Leisure and Life  RECR180  3単位
これまでの成績:  80%
授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど): レクチャー
評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど): 

計17回のクイズ、グループアクティビティ、期末テスト
授業を通して学んだこと(授業内容):

レクリエーションの概念や区分を教科書に載っている例や先生が見せてくれるビデオなどを通して学びました。
1セメスターを通して毎授業同じグループで活動します。アクティビティも多いです。
全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

よく外にでてフリスビーや身体を使ったエクササイズなど様々なアクティビティをしました。
毎週課題とクイズがありますが、クイズはグループのみんなで協力して解いてよかったのでそこまで難しくはありませんでした。

 

科目名:COMMERCIAL RECREATION & TOURISM  RECR270  3単位
これまでの成績: 75%
授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど): レクチャー
評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど): 

4回のクイズ、グループプレゼンテーション、期末テスト
授業を通して学んだこと(授業内容):

商業的なツアリズムについて、起業家の視点から教授が作ったパワポで勉強しました。
2回のフィールドトリップがあり、カントリーゴルフクラブとシエラネバダ醸造所に行きました、
全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

プレゼンテーションは3人1グループだったのですが、1人のアメリカ人が全く参加してくれず、最初から最後まで日本人2人でやったのでとても苦労しました。
シエラネバダ工場見学は通常行われているツアーでは行けないところまで見せてもらえたので得した気分でした。

 
科目名:Women in Contemporary Societies  SOCI/WMST230 3単位

これまでの成績: 95%
授業形式(レクチャー・セミナー・ラボなど):レクチャー
評価のつけ方(テストの種類、回数、評価の割合など)とそれぞれの結果(点数、グレードなど): 

三回のディスカッションリーダー、グループプレゼンテーション、10回程度の小エッセイ、ボランティア、期末エッセイ
授業を通して学んだこと(授業内容):

現代社会の女性の不平等や虐待、主に宗教や人身売買、DV、レイプについて教科書代わりの本や映画等を通してフェミニスト的視点から学ぶだけではなく、毎授業あるグループディスカッションやエッセイで自分自身でもそれらの問題について深く考えました。
全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など:

毎授業までに100ページくらい本を読み進め、授業内ではその内容についてディスカッションする、という私にとってはとても負担が大きい授業でしたが、だからこそやりがいがあって学びも多かったです。
教授は全く厳しくなく、ほとんどの生徒が積極的に発言していて、とてもフレンドリーな雰囲気の授業でした。 

 

○履修した授業の課題の中で、特にがんばったもの、自信作について 

エッセイ・ペーパー

科目名:RECR270

題材:Sports Arenas Industry

内容:歴史、トレンド、ターゲット等
大変だったこと、やり遂げての感想:インターネットで情報を探すのがまず大変で、そこから自分の言葉で書き直すのに時間がかかりました。2人で一緒にやって合計10枚以上書き上げることができました。
プレゼンテーション

科目名:SOCI/WMST230

題材: Double Standard

内容: イスラム、ヒンドゥー等の宗教の中に存在する二重規範
大変だったこと、やり遂げての感想:学部が始まって初めてのプレゼンテーションで、グループの人たちとなかなか時間が合わず分担をしたのが発表の2日前だったので準備期間もあまりなかったので試行錯誤しながら話すことを決め、パワポを作りました。練習のかいもあり、100点満点中94点をもらえ、一番大変で一番やりがいのあったプレゼンとなりました。  

○学部授業を総括して、日本の授業と違う点、留学先国の授業の特色、自分が感じたことなどを自由にお書き下さい。 

学生が積極的に発言、質問するのをためらいません。授業の欠席、遅刻もほとんどしないし授業中に寝る人もいません。日本の学生より真面目に授業に取り組んでいる姿勢に感銘を受けました。 

○英語力について 

1. 留学開始当初と比べ英語力はどのくらいついたと感じますか?
 

自分が来る前と比べてどれくらい英語を話せるようになったのかは自分では全く実感はできていませんが、確実に言えるのはリスニング力がついたことと、アメリカ人の英語の話し方を学んだということです。それによって、発音は別として前よりネイティブっぽくなく話せるようになれたと思います。
 
2. 語学力上達のために、工夫したこと、努力したことを教えて下さい。

できるだけ外にでて人に会うこと、初めて知った単語や言い回しはすぐに使ってみて覚えることです。
 

○学生生活についてお書きください。

1. 1週間のおおまかなスケジュールを教えて下さい。

月:2~4時授業、それ以外は勉強

火、木:8時起床、9~2時授業、図書館もしくはUVで勉強

水、金:授業なし、洗濯等の家事、勉強、パーティーや飲みに行く

土:友達とでかける、パーティーやバーに行く
日:友達とでかける、夜は次週の宿題
2. 友達、クラスメイトとの交友関係、付き合い方を教えて下さい。

日本人とはずっと仲良くしていて、困ったときに頼れる存在です。
外国人とは週末にでかけたり、ご飯を一緒に食べたりしています。
3. 留学生活の中で、最も良い思い出、大変だった思い出

良い思い出は、夏にビッドウェルパークのベアホールにブラジリアンと遊びに行き、川に飛び込んだり、ハイキングしたり、みんなでバーべキューをしたりしたことです。きっと一生忘れないのではないかと思います。
大変だった思い出は、ニューヨークに旅行に行った時に、航空会社のミスで飛行機に乗れず、次の便まで半日空港で1人で待ったことです。ですが、そのおかげでファーストクラスに乗せてもらえました。
4. 一番の息抜きの方法は何ですか

学校がない日に思い切り寝たり、カフェに行ったりのんびりすることです。
5. 日本から持っていったパソコンの使用頻度や必要性について教えて下さい。

ノートパソコンは必須で毎日持ち歩いていました。パソコンを使う課題も日本より多く、よく課題に使っていました。 Wi-Fiを使える場所が多いので、どこでも使えます。よく日本の友達とスカイプするのにも使っていました。
6. 日本の家族、友達とはどのくらいの頻度で、どのように連絡をとっていましたか。

家族とはたまに近況報告をラインでしていました。
仲がいい日本の友達とはよくラインをしていて、たまにスカイプもしていました。

7. 大学のサポートセンター(ライティングセンター、チューターなど)は利用しましたか。
利用した場合、勉強を進める上で役に立ちましたか。

ESLセンターには何度か足を運びました。
プレゼンテーション前に自分が作った原稿の校正や発音を直してもらったり、読む練習をさせてもらったり、非常に助かりました。
8. JSAF留学プログラム費以外でかかった費用の目安をそれぞれ教えてください。(後輩のための参考情報になります)

①旅行に関する費用

・国際航空券代(往復):$21000~25000?覚えていません

・現地での旅行費用:$5000

②個人的な諸費用(こづかい、買物代など)合計:$10000

③携帯電話料金:$10000弱

④ミールプラン以外の食事代:$1000

⑤教材費(語学研修:$200   学部:$250         )

⑥ヘルスセンター使用料:$50

 

○留学全体を総括してお書き下さい

1. 留学を通して身に付いた、成長したと感じる点はどんなところですか。

自立心、体力、挑戦心が身につきました。
 
2. 留学先の国、大学について、出発前と考え方やイメージが変わった点はありますか。

アメリカには素敵なところがたくさんありました。
 

○これからの目標、進路についてはどのように考えていますか。 

日本へ帰って英語を引き続き使っていけるよう、積極的に外国人がいるところへ足を運びたいと思います。

 

第1回留学レポート 

○到着後から現在までのことについて教えてください。  

1.渡航前に日本で準備しておけば良かった点 

特にありません 
2. 日本から持ってくれば良かった物 
洗濯バサミ、調味料
3. 到着後すぐに購入が必要だったものは何ですか 
教科書、ノート
4. 生活費(月のお小遣い)はどのくらいですか。 

10万 

○ 大学について

1. 大学キャンパスの設備、雰囲気

小さいけれどきれいで雰囲気が良いです

ジムが広く、設備が充実しています
図書館が早朝から深夜まであいていて使いやすいです
2. 学生同士の交流・友人関係について教えてください

現地の学生:ジムや友達の家で遊んだりしています

他の国からの留学生:色々な人とよくハングアウトします
日本人:よく話したり、遊んだりします
3. 大学のある街について

どんなところですか:学生の街で、田舎すぎず住みやすいところです

ダウンタウンまでのアクセス:大学の隣がもうダウンタウンです

お薦めスポット:Naked Lounge、Bidwellpark
4. キャンパス内外の治安はいかがですか

キャンパス内:良い
キャンパス外:悪くはない

○語学研修について

1. 初日のオリエンテーションは分かりやすかったですか?
聞き取りやすく、丁寧な説明でした
2. クラスについて教えてください(各セッションごとにお教えください)

雰囲気:みんな積極的に発言し、自分の意見を言いたがります
3. 人数/国籍の割合:

その他:1クラス10人前後、日本人:ブラジル人:その他=3:4:2 
4. 1日の勉強時間と勉強場所(宿題など)

図書館またはカフェで放課後2時間くらい宿題をしていました  

○英語力についてお書きください。

1. 英語力は伸びていると感じますか?(その理由)

もちろん感じます。急激に伸びたとは思いませんが、徐々に成長しています
 
2.英語力向上させる上で苦労した点はどのような点ですか?また、ご自身で工夫された点はどのようなところですか?(各スキルごとにご記入ください)
1. リスニング

●苦労した点

やった分しか伸びないので、きつかったです

●工夫した点
とにかく聞く、それだけです
2. スピーキング

●苦労した点

発音

●工夫した点
とにかく話す機会を設けました
3. リーディング

●苦労した点

特にありません

●工夫した点
自分なりの読み方をみつけました。 

○ 寮生活/ルームメイトについてお書きください。 

1. ホストファミリー/ルームメイトとの関係(どのくらい接点がありますか)

●苦労した点

特にありません

●工夫した点
 

2. 食事(カフェテリア、自炊の方法やバランスなど)

アメリカンな食事です。手作りのハンバーガー、ピザ、サンドイッチなどがよくでます  

○課外活動についてお書きください。

1. スポーツはしていますか?具体的に教えてください。

ジムでワークアウトや、友達とテニスしたりしています
 
2. 休み中の過ごし方について教えてください。

ハングアウトや、宿題をしたり、旅行に行ったりしています
 

○来学期履修予定の授業科目について教えてください。(コース番号・タイトル含む) 

AIST 230、JOUR 210、RECR 180、RECR 270、WMST 230
 

 ○来学期に向けての目標や、準備しておきたいことを詳しくお書きください。

予習復習をしっかりし、慌てることなく毎日を過ごしたいです。  

 

▸カリフォルニア州立大学チコ詳細はこちら

年度別留学体験談に戻る

トップページに戻る

お問合せ