TOP > 留学情報・留学体験談 > JSAF派遣生留学体験談 > 年度別留学体験談 > セントマイケルズカレッジ ’14春派遣生 No.1

’14春派遣学生 セントマイケルズカレッジ

 

第1回留学レポート

○ 到着後から現在までのことについて教えてください。

  • 渡航前に日本で準備しておけば良かった点 

英語力 (リスニング ボキャブラリー)
 

  • 日本から持ってくれば良かった物 

洗い流さないトリートメント

 

  • 到着後すぐに購入が必要だったものは何ですか 

シャンプー ブランケット 

 

  • 生活費(月のお小遣い)はどのくらいですか。 

1、2万
 

○ 大学について

  • 大学キャンパスの設備、雰囲気

小さくてアットホーム。図書館やジムは色々サービスがあっていいと思う。(レポートの添削、書籍購入のリクエストも一週間後にもう利用できるよう手配してくれた、ジムきれいで学期中はヨガやエアロビクスのレッスンもいくつか)

いろいろなイベントがある(毎週色々な国のちょっとした食べ物を用意してくれるコーヒーアワー、夏のセッション中はボーリング、ロッククライミング、ウィッファボール、ダンスクルーズ、映画) 

 

  • 学生同士の交流・友人関係について教えてください

現地の学生:7人くらい(いまはアメリカの学生は夏休み中で、キャンパスで働いているアメリカ人学生しかキャンパスにいない)

他の国からの留学生:たくさん

日本人:夏休み中は東京と金沢の大学と高校から40人くらい それ以前は2人
 

  • キャンパス内外の治安はいかがですか

キャンパス内:とてもいいです。本当はすべきではなかったのですが、到着当初はキャンパス内のカフェでちょこっとトイレに行きたくなった時に、カバンを席に置いたままでその場を離れたことが数回あったのですが、何も被害にはあいませんでした。ただ、それでも日本ほど安全ではないのだということを意識して、最近は必ず貴重品は持ち歩くことにしています。

キャンパス外:キャンパス内に比べると気をつけたほうが良いです。
 

○ 語学研修について

  • 初日のオリエンテーションは分かりやすかったですか?

先生がとても親切で、分かりやすかった。
 

  • クラスについて教えてください(各セッションごとにお教えください)

<Intensive English Program 初めの2ヶ月>

・グラマーやリーディング(詩とショートストーリを読む)とライティング(リーディングに対するsummary and response essay)仲良し アットホーム 人数は11人(韓国 中国 ブラジル サウジ アフガニスタン)

・スピーキングとリスニング(プレゼンしたりネットで動画探してノートをとったり) 人数上と同じ

・Mock trial(ある犯罪の物語を読んで、弁護士や目撃者、被告になりきって裁判ごっこする) 人数は15人(国籍上と同じ)

 

<Academic English Program そのあとの2ヶ月半>

・自分で選べる学部授業 intro to sociology 教科書を読むのが宿題 教室で話し合い 人数5人(アメリカ3 サウジ1人)

・college writing response essay, research paperの書き方 6人(中国2 イラン サウジ ブラジル)
・intro to literature 小説、詩、演劇を読む 映画を見る 人数4人(中国2 サウジ) 

 

  • 1日の勉強時間と勉強場所(宿題など)

授業時間 日によって0から6時間

宿題 4時間くらい

その他 1時間 

 

  • 勉強するのに役立つ教材や方法など

リスニングとボキャブラリーを強化したくて…
ABCニュースシャワー(ネット) 映画やドラマ観る

 

  • 英語力向上させる上で苦労した点はどのような点ですか?また、ご自身で工夫された点はどのようなところですか?(各スキルごとにご記入ください)

<リスニング>

苦労した点

アメリカ人の英語はやはり速い ぼやぼやしている はっきりと聞こえない

留学生用の授業はきちんと聞き取れて理解できでも、学部の授業は全く別だった

 

工夫した点

先生に困っていることを伝える
録音 

 

<スピーキング>

苦労した点

性格上どしどし発言できない 

アクセントのせいでたまに聞き取ってもらえない

簡単なことは言えても、言いたいことが英語でいえない(授業中の意見とか)

 

工夫した点

勇気

スペル伝える

毎日の生活で得た便利なフレーズの単語帳
授業に向けて発言内容の作戦を立てていく

 

<リーディング>

苦労した点

単語 宿題のリーディングの量

 

工夫した点

細かい描写は気にせずプロットを追うことに集中
何回も出てくる単語を声に出して覚える 

 

<ライティング>

苦労した点

どうしたらライティング力を伸ばせるかわからない

 

工夫した点

添削してもらって、添削の内容がわからなければ先生にしつこく聞く
College writingの授業は役に立っている(thesisやtopic sentenceの書き方)

 

 

○ 春・夏学期履修した全ての科目について

【科目1】SO-101-S Introduction to Sociology

  • 授業形式:リーディングや授業中に見た動画に対する疑問、思ったことを言う
  • 評価のつけ方:宿題:リーディング(週2章)とクイズ、レポート(300wordくらいが毎週2個くらい) 期末レポート
  • 授業を通して学んだこと(授業内容):
     Social construction, race, social class, socialization, gender role, deviant behaviorなどについて社会学のいくつかの基本的な視点を学んだり、どのようなものに影響を受けて今の自分になったのかを振り返ったり、ニュースの記事を社会学の観点から見てみたり。  
  • 全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など: フィールドワークがあって知らないものを見られた(ホームレスシェルター、ダウンタウン)。初めての学部授業で英語力を実感。日本との授業スタイルの違いを実感。知識は教科書から得て、それをふまえて問いに答える、リスポンスする 。先生は教えてくれない、質問しないと解説しない(日本だと先生が解説、説明して、生徒は聞いてるだけ)

 

○ 寮生活/ルームメイトについてお書きください。

  •  ホストファミリー/ルームメイトとの関係(どのくらい接点がありますか)

初めの2ヶ月は一人部屋だった

隣の中国人と仲良くなって一緒に食堂に行ったり、4部屋で1ユニットなので、共有スペースで話したり、韓国料理を作ってくれたり

今は2人一部屋で韓国人とルームメイト
食べ物を分け合ったり、物を貸しあったり、特に不満もなく、いい関係で暮らせている

 

  • 食事(カフェテリア、自炊の方法やバランスなど)

食堂の食べ物がどうしてもアメリカンな食事なので、日本食がとても恋しい

週1か2週間に1回くらい日本の味のものを作って食べている
夏のセッション中なので、開いている時間が短い

 

○ 課外活動についてお書きください。

  • 大学内の活動に参加していますか。

たまにイベントがあるときに参加している。
 

  • スポーツはしていますか?具体的に教えてください。

たまにジムに行く 。学期中はエクササイズのレッスンがジムで行われていたので週1で参加した。

 

  • 休み中の過ごし方について教えてください。

日曜はバスがないので基本的に大学で宿題。
土曜にダウンタウンで買い物したりご飯食べたり、湖に行ったり。

 

○ 来学期に向けての目標や、準備しておきたいことを詳しくお書きください。 

リスニングの強化のために映画などでもっと英語を聞く。授業中にできるだけ発言してスピーキング強化、発言することにもっとなれる。

友達とたくさん話してスピーキング強化。これまでの授業や生活でせっかくであったボキャブラリーを見直す。

 

▸セントマイケルズカレッジ詳細はこちら

年度別留学体験談に戻る

トップページに戻る

お問合せ