TOP > 留学情報・留学体験談 > JSAF派遣生留学体験談 > 年度別留学体験談 > カリフォルニア州立大学ロングビーチ ’15秋派遣生

カリフォルニア州立大学ロングビーチ/California State University, Long Beach ’15秋派遣生体験談

     最終留学レポート


○ 留学生活を振り返って

留学の目的は何でしたか。

新しい場所に行き、英会話に真意に取り組み、英語を社会で通用するレベルまで話せるようになる。

上記の目的は達成されましたか。

達成されました。


○  到着後から現在までのことについて教えてください。

渡航前に日本で準備しておけば良かった点

住むところから行ける観光地やその地の歴史を調べておけばよかったと思います。

日本から持ってくれば良かった物

特にこれといってないのですが、強いて言えば傘と長袖の服です。自分の勝手な想像でカリフォルニアは雨降らないだろうと思っていたのですが3回ほど降り、その都度困りました。気候も年中通して暖かいままだろうと思っていたのですが、11月くらいになると半袖半ズボンで過ごせる日がだんだんと少なくなっていき、急遽ジャケットを買いました。なので何か暖かい服を持ってくるべきでした。

到着後すぐに購入が必要だったものは何ですか

食料品です。自炊をしなければならなかったので、まず初めに買わなければいけなかったものはもちろん食べ物でした。特に他に急ぎで買わなければいけなかったものはなかったと思います。

生活費(月のお小遣い)はどのくらいですか

600ドル〜900ドル


○   大学について

大学キャンパスの設備、雰囲気

キャンパスは日本に比べてとても大きく、広々と緑がたくさんあり有意義な学生生活を送っています。とくにジムの設備が素晴らしいです。ジムにはトレーニング器具はもちろんバスケットボールコートが2面に陸上のトラックが二階にあり、そのほかにもバレーボールコート、ビーチバレーコート、プールにジャグジーまで付いていて日本では考えられないようなスケールの大きさです。天気がいつも良いのでキャンパス内の雰囲気は明るいです。

学生同士の交流・友人関係について教えてください

現地の学生:現地の学生との交流はほぼないです。授業が同じ学生とたまに友達になるのですが授業内で話すのみで遊びに行くということはありません。日本と違い授業もキャンパスライフも基本的に個人で行動といった感じなのが理由かと思います。

他の国からの留学生:家がシェアハウスなので同じ家に住んでいる人たちとのつながりはとても強いです。週末はいろいろなところへ旅行に行っていました。とくにドイツ人の学生が多いのでドイツ人の友人が多くできました。

日本人:同じシェアハウスに自分の他に日本人が二人いて、その人たちとは仲良くしています。それ以外はキャンパス内で日本人を見かけることはあっても一緒に遊びに行くということはないです。

大学のある街について

どんなところですか:近くにあるロングビーチという名前のビーチがとても綺麗で、ダウンタウンには映画館もあり充実しています。買い物をするには少し物足りないという感じですが、ひとも多くなくレストランなどがたくさんありとても良いところだと思います。

ダウンタウンまでのアクセス:バスで20分。

お薦めスポット:ビーチとダウンタウンにあるショーラインビレッヂというところがオススメです。夜景を見るならシグナルヒルというところが一番です。グリフィス天文台よりもロングビーチのシグナルヒルの方が綺麗だという自信があります。

その他:外食を中心に、全体的に物価は高めです。

キャンパス内外の治安はいかがですか

キャンパス内:とても良かったです。

キャンパス外:特に怖いなと思ったことはないです。比較的安全だと思います。


○ 秋学期履修した全ての科目について、振り返ってお書きください。

科目名:SOC346 Race, Gender & Class 3単位
授業形式: セミナー
クラスの規模:20−30人程度
授業を通して学んだこと(授業内容):

アメリカにおける人種問題、特に黒人に関するものを学びました。
全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など
プレゼンテーションがメインの授業だったので、実際に現地の学生の前でやるということにだいぶ緊張しましたが、とても良い経験でした。

科目名:JOUR160 Understanding News Media 3単位
授業形式: セミナー
クラスの規模:20人程度
授業を通して学んだこと(授業内容)

メディアにおけるジャーナリズムへの懐疑的な姿勢について学びました。

全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など
グループ課題が多かったので、現地の学生との共同作業に自分も意見を出したりすることで様々な勉強ができました。

科目名:FEA316 Mass Media & Popular Culture 3単位
授業形式:レクチャー
クラスの規模:30人程度

授業を通して学んだこと(授業内容)

アメリカにおけるマスメディアについて様々なことを学びました。
全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など
3時間授業だったのでとても大変でした。内容も普段自分が普段学んでいるものと違うもので、授業に付いていくのに苦労しました。

科目名:KIN242 Backpacking 2単位
授業形式:セミナー
クラスの規模:20人程度
授業を通して学んだこと(授業内容)
大自然の素晴らしさとそこでどのようにサバイバルするかを学びました。
全体を振り返って、苦労したこと、楽しかったこと、その他感想など
この授業が一番現地学生と触れ合えて仲が深まったものでした。この授業を通し現地学生との英会話にも自信が持てました。


○ 履修した授業の課題の中で、特にがんばったもの、自信作について教えて下さい。

エッセイ・ペーパー

科目名:JOUR160 Understanding News Media

題材:Every technological revolution in the publishing/media industry results in gains and losses for society. What are the major gain and losses of the digital revolution?

内容:デジタル化した時代の良いところ悪いところ。

 

プレゼンテーション

科目名:SOC360 Race, Class & Gender

題材: American History X

内容: 題材の映画に出てくる白人至高主義について

大変だったこと、やり遂げての感想

現地学生とのグループ課題だったので彼らに負けじと自分の役割を果たしました。


○ 学部授業を総括して、日本の授業と違う点、留学先国の授業の特色、自分が感じたことなどを自由にお書き下さい。

授業は基本的に日本より活気があふれていて日本のように授業で寝ている学生がいなくとても刺激的な毎日でした。


○ 語学力についてお書きください。

留学開始当初と比べ外国語力はどのくらいついたと感じますか?(その理由)

到着したばかりの頃は現地の人との会話に苦労していたのですが、いまでは現地の人と苦なく話せるようになりました。電話が一番の問題だったのですが、今では恐れることなく話せるようになりました。

語学力上達のために、工夫したこと、努力したことを教えて下さい。

とにかく現地の日本人とは関係を持たないようにしました。学校に日本人のクラブみたいなものがあるのですが、それにも参加せず極力日本人の友達も作らず過ごしていました。これが決め手だったと思います。


○ 学生生活についてお書きください。

友達、クラスメイトとの交友関係、付き合い方を教えて下さい。変化はありましたか。

基本的には留学生たちと遊んでいました。Backpackingのクラスのおかげでだいぶ現地学生と交流できました。

留学生活の中で、最も良い思い出、大変だった思い出をそれぞれ教えて下さい。

Backpackingの野外演習が一番思い出に残っています。現地学生との自然の仲での交流はとても素晴らしいものでした。

一番の息抜きの方法は何ですか。

ビーチが徒歩15分くらいのところにあるのでそこによく行きました。

日本から持っていったノートパソコンの使用頻度や必要性、またどのようなことに使っていたか(授業の課題、リサーチ、音楽、スカイプ等々)について教えて下さい。

必須です。学校の課題や外部との連絡等、なにをするにも使いました。

日本の家族、友達とはどのくらいの頻度で、どのように連絡をとっていましたか。

家族には週に1回くらい電話をしていました。

JSAF留学プログラム費以外でかかった費用の目安をそれぞれ教えてください。

①旅行に関する費用

・国際航空券代(往復):15万

・現地での旅行費用:1週間の旅行で10万

②個人的な諸費用(こづかい、買物代など)合計:月1、2万

③携帯電話料金:月3500円

④ミールプラン以外の食事代:月4、5万


○ 留学全体を総括してお書き下さい

留学を通して身に付いた、成長したと感じる点はどんなところですか。

アメリカにいたことで日本を外から見ることができ物事への見方が変わったと思います。自分自身に関しても逆境に恐れず立ち向かう姿勢を覚えました。

留学先の国、大学について、出発前と考え方やイメージが変わった点はありますか。

アメリカは英語の国だと思っていたのですが、実際は人種が混交しており、地域ごとに英語ではない様々な言語が頻繁に話されていたので驚きました。大学の学生についても、みんな個人主義で日本のように集団で固まらず、そこが良いと思いました。


○ これからの目標、進路についてはどのように考えていますか。

来る前はそこまで考えていなかったのですが、将来的にアメリカや海外で仕事をしたいと考えるようになりました。できれば夏や時間のある時にどこか海外でインターンをしてみたいと思っています。


○ 同じ大学へ留学する後輩へのメッセージ、知っておいたほうが良いことを教えて下さい。

ロングビーチはとても良いところです。楽しんでください。


○ 上記の質問以外で、留学を通しての現在の想いについて、自由に書いて下さい。

できることならここに残りたいくらいとてもよい経験をすることができました。


○JSAFへのメッセージ

紹介された留学先が自分に合っていて、JSAFが事務的なことを全てやってくださったので、自分はアメリカでの生活に集中することができました。

 

 

 

▸カリフォルニア州立大学ロングビーチの詳細はこちら

年度別留学体験談に戻る

トップページに戻る

 

無料留学カウンセリング予約