JSAF協定大学PARTNER UNIVERSITY

インディアナ大学ブルーミントン

インディアナ大学は長年にわたって、国際関係や留学生受け入れに高い関心を示してきました。インディアナ大学には常時3,000名近い留学生が在籍しており、これらの留学生は同校の学生全体において重要かつ不可欠な位置を占めています。インディアナ州ブルーミントンにあるインディアナ大学は、1820年創立の歴史ある大学で、1,860エーカーに及ぶ広大なキャンパスを有します。総学生数35,000名以上を有し、地域の中心的存在です。インディアナ大学は、全米でトップアカデミックプログラムと評価される課程を100以上提供しています。そのうち45の課程は全米トップ20に、そして24が全米トップ10に選ばれています。こうした高レベルの学問を支えるのが、世界に知られるインディアナ大学の教授陣で、その90%が博士号もしくは専門学位を取得しています。学生の勉学をサポートするために、学内には様々な資料や施設が用意されています。インディアナ大学の中央図書館は、大学図書館としては全米第13位の規模を誇るものです。学内にはこれ以外にも33ヵ所の図書館があります。インディアナ大学では学生全員に学内コンピューターネットワークのアカウントを与えており、インターネットに自由にアクセスできます。また、40近くあるコンピューターラボを使用して、コンピューターやプリンターの操作を学ぶことができます。これ以外の施設としては、サイクロトロン、気象観測所、放送センター、考古学研究所、実験室、地質学研究室などがあります。

キャンパスライフについて

学内には500 以上のクラブや同好会があり、キャンパスメディア、パフォーミンググループ、宗教団体、学生クラブなど、学生の様々な興味や関心を反映しています。スポーツは屋内、屋外を問わず盛んで、学内にはウォーキングやジョギング用のコースやバドミントンコートなどがあります。インディアナ大学ブルーミントンは米国最大規模の学生寮制度を有し、生活空間、食事、快適な環境を学生に提供しています。オンライン普及率でも全米のトップ10 にランクされ、寮内の各室はすべてインターネットへのアクセスがあります。寮内ではこのほかにも、教育的アドバイス、学生自治会、図書室、食堂、売店などが利用できます。また、学生の勉学をサポートするために、学内には様々な資料や施設が用意されています。インディアナ大学の中央図書館は、大学図書館としては全米トップレベルの規模を誇るものです。学内にはこれ以外にも33 ヵ所の図書館があります。その他コンピューターラボ、サイクロトロン、気象観測所、放送センター、考古学研究所、実験室、地質学研究室などがあります。

留学生へのサポート体制

留学生サービス事務室(The Office of International Service) では、留学生の相談に答え、アドバイスを提供しています。留学生の集いの場として人気があるレオ R. ダウリング国際センターには、年間を通して、各種プログラム、ワークショップ、学部セミナー、文化イベントを開催しています。インディアナ大学には、日本留学生協会をはじめとする40 以上の留学生組織があります。こうした優れた特長を数多く持つインディアナ大学には全米50 州、世界各国から学生が集まっています。

ブルーミントン

ブルーミントンはキンゼイ・インスティチュートや全米屈指の音楽学校のひとつであるジェイコブズ音楽学院も有するインディアナ大学システムの本拠地である学園都市です。また、インディアナ大学で行われる有名な自転車競技(Little 500)を主題としたアカデミー脚本賞映画の舞台であるキャスリン・ジェインウエィ艦長の故郷としても有名です。また、ブルーミントンは、カフェやレストラン、市場があふれ、数多くのフェスティバルが催される、アクティブでとても安全な街です。付近にはモンロー湖、グリフィー湖、インディアナ州の国有林や公園があり、ハイキング、釣り、ボート、サイクリング、乗馬、カヤックなどを楽しむことができます。

アカデミック

インディアナ大学ブルーミントンは、全米でトップレベルのアカデミックプログラムと評価される課程を100 以上提供しています。そのうち45 の課程は全米トップ20 に、そして24 が全米トップ10 に選ばれています。こうした高レベルの学問を支えるのが、世界に知られるインディアナ大学の教授陣で、その90%が博士号もしくは専門学位を取得しています。2009 年には、女性初のノーベル経済学賞受賞者も輩出しました。またインディアナ大学ブルーミントンが誇るキンゼイ・インスティテュートは、性科学、ジェンダー学の世界的権威となっています。

大学参考データ

場所

Bloomington, Indiana

町の人口

約80,000 人

大学タイプ

州立

学生数

36,862 人

留学生数

78ヵ国 4,192名(10.7%

学生と先生の比率

17 to 1

学期制

セメスター制

語学研修機関

あり (On Campus) Center for English Language Training

人気専攻

Business Management and Marketing, Social Sciences, Engineering, Communication, Journalism, Psychology

平均気温

冬 2℃ 春 12℃ 夏 23℃ 秋 13℃

キャンパスの広さ

1,926 エーカー

FLAPコース内容

【Intensive English Program】

クラスでは「読み・書き・会話・聞き取り」をバランスよく学び、総合的な英語力を身に付けながら、“生きた”英語を習得できるようにカリキュラムを組んでいます。上級レベル(レベル6と7)では選択授業があり、主に進学に向けた授業内容になりますが、進学を考えていない学生には発音矯正、ビジネスコンピュータ、会話、映画、文学などのクラスもあります。また、自分のペースで学ぶ“自習”も重視しており、宿題やランゲージラボでの課題が多く出されます。

語学研修機関名

入学時期

1月、3月、5月、6月、8月、10月

時間数

20~24時間

レベル

7レベル

国籍

韓国、日本、中国、台湾、サウジアラビア、アフリカ、南米

平均クラス数

少人数

滞在方法

大学寮

アクティビティ

キャンパスイベント、スポーツ、近隣のステートバークや国有森林パークでのキャンプ、カヌー、ハイキング等のアウトドア、映画、観劇など

SAPコース内容

出願基準

学部スタート:GPA 3.0 IELTS 6.5 TOEFL iBT 79

語学スタート:GPA 3.0  春【IELTS 6.0 TOEFL iBT 72 TOEFL ITP 530】 秋【IELTS 6.0 TOEFL iBT 72 TOEFL ITP 530】  

履修科目例