JSAF協定大学PARTNER UNIVERSITY

コース内容

出願基準

GPA 2.6 IELTS 5.5 TOEFL iBT 92

EU スタディプログラム

このプログラムは、学部科目、語学、課外活動、多種多様な小旅行や企業訪問を含む総合的なセメスタープログラムです。授業はウェストバージニア大学とストラスブール大学の教授陣によって行われます。授業は英語で行われますが、充分なフランス語力のある学生は、フランス語での授業を受けることもできます。EU 研究のオンラインコースも、ウェストバージニア大学を通して受講することができます。JSAF 派遣生は、まずウェストバージニア大学に短期学生として出願し、ウェストバージニア大学からの交換留学生として、EM Strasbourgへ受け入れられます。ストラスブール大学での総合的なオリエンテーション同様、CEPA のChâteau de Pourtalès キャンパスと、ストラスブール市内で行われるオリエンテーションもプログラムに含まれています。

課外活動

授業の他に、歴史的あるいは文化的な名所への小旅行など、興味深い課外活動が実施されます。広範囲に渡る、文化的で専門的なプログラムを通して、教科書や教室での授業からは得ることのできない多くのことが学べ、ヨーロッパやEU についてより深く知ることができるでしょう。 ●主要なEU 機関訪問 ●フランス/欧州議会、欧州評議会、欧州人権裁判所 ●ドイツ/ドイツ連邦銀行、ドイツ証券取引所、カールスルーエのドイツ連邦裁判所 ●ブリュッセル、ルクセンブルクへのツアー (2泊3 日):欧州司法裁判所、ルクゼンブルク外務省、その他2ヶ所(NATO、欧州連合軍最高司令部、欧州委員会、欧州連合理事会、US Mission もしくは世界銀行グループ)の訪問を含む。現地のCEPA コーディネーターの同行もつきます。 ●歴史的、文化的な名所への小旅行(アルザスワイン街道へのガイド付きツアー、ワイナリー訪問と試飲、オー・ケーニグスブール城、ストリュートフの強制収容所跡へのガイド付きツアーなど)

滞在と食事

滞在はCEPA 学生寮(the château de Pourtalès)でシェアルームとなります。この学生寮は、EU の各機関やストラスブール中心地近くの美しい公園に、250 年以上前に建てられた古いお城です。この城では、教室、ラウンジ、コンピューターラボ、Wi-Fi アクセス、図書館、洗濯室、朝食室、テレビラウンジをすべての学生が利用でき、自転車も使用することができます。レクレーション施設は敷地内や近くにもあります。到着日当日の歓迎会とグループディナー、毎日の朝食、タルトフランベの夕食、ブリュッセルのレストランでのグループディナー、Château でのスペシャルディナー、お別れ夕食会などもあります。

先ずは無料留学カウンセリングへお越しください